さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「エオルゼア同盟軍の提案」

FF14のパッチ4.0メインクエストのセリフ集です。

ラールガーズリーチを訪れた冒険者たち。出迎えてくれたアラミゴ解放軍のコンラッドに話しかけて、ストーリーを進めていきます。

 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「リセの案内」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「壊神の拳が届く場所」

 

 

クエスト受注

コンラッドに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170617222934p:plain

ラールガーズリーチのコンラッドは、提案があるようだ。

 

コンラッド :

さて、このような辺境の隠れ家に来られたということは、

何か重要な用件があると、お見受けするが……。

ひとまず落ち着ける場所に移動しようかの。

さあ、奥にある天幕にご案内いたしましょうぞ。

 

コンラッドと話す

コンラッドの両サイドにいるお二人にも話しかけておきます。

 

メ・ナーゴ :

重要な会合は、たいていの場合、 この天幕を使うことにしているんです。

 

メッフリッド :

黒衣森で会ったときには、 まさかお前が「英雄」と呼ばれるまでになるとは、

想像もしなかったぞ。

 

コンラッドに話しかけるとカットシーンになります。

 

コンラッド :

改めて、歓迎しますぞ。

我ら「アラミゴ解放軍」の拠点に、ようこそおいでくだすった。

まずは、自己紹介をさせてくだされ。

ワシはこの拠点に集まる者たちのまとめ役をしておる、 コンラッド・ケンプじゃ。

 

アルフィノ :

コンラッド殿、よろしくお願いします。

我々は「暁の血盟」に属す者たち……

今日は、ひとつの提案をするためにやってまいりました。

ですが、その前にまずは礼をさせてください。

パパリモやイダ……いや、リセが危機に陥ったときに、 救いの手を差し伸べてくださったこと、感謝しています。

 

コンラッド :

なに、お互い様じゃよ。
ふたりには、以前から何度も力を貸してもらっておる。
リセについての複雑な事情も聞いておるが、気遣いは無用じゃ。

 

リセ :

ごめんね……騙すみたいなことをして……。

 

コンラッド :

反帝国活動を続けておれば、 偽名を使う者など珍しくもないしのう……。

それよりも、パパリモ殿のことは惜しいことをしたものじゃ……。

 

リセ :

うん……。

でも、パパリモのためにも、アラミゴを奪還して、 エオルゼアから帝国を追い出さない

といけないって思うんだ。

イルベルドが起こしたような悲劇は、 もう絶対に繰り返しちゃダメだから……。

アタシたち自身の手で、アラミゴを奪還しなくちゃ!

 

コンラッド :

そうじゃな……。

ワシらの部隊からも、鉄仮面の言葉に従って出て行ったまま、 帰らなかった者たちが大

勢出てしもうた……。

彼らが蛮神召喚のための贄とされたのだと、 メ・ナーゴを通じて「暁」からの報告を受け取ったときには……。

必ずや帝国の支配を撃ち砕かねばならんの!

 

アルフィノ :

ええ、そのとおりです。

我々「暁」がここに来た理由も、アラミゴ解放に向けた動きを、 さらに前進させるための提案を届けるため……。

エオルゼア同盟軍は、 あなた方、アラミゴ解放軍との共闘関係の構築を望んでいます。
私たちは、その仲介役としてやって来たのです。

 

コンラッド :

ほう……詳しく聞かせてもらえるかな?

 

f:id:thirtyfive:20170617224842p:plain

なるほど……提案はようわかった……。
強大なガレマール帝国を前に、戦力的に劣るワシらとしては、 エオルゼア同盟軍の参戦は願ってもないこと……。
じゃが、ここで返答をする前に、 主立った仲間たちと話し合ってから結論を出したいと思う。
少しばかり、時間をもらえるかの?

 

アルフィノ :

もちろんです。

f:id:thirtyfive:20170617225604p:plain

 

パッチ4.0の3番目のメインクエストはあっさり終了です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「リセの案内」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「壊神の拳が届く場所」