さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「リセの案内」

パッチ4.0のメインクエスト2個目。「リセの案内」セリフ集です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「長城を超えて」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「エオルゼア同盟軍の提案」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20170617211459p:plain

カストルム・オリエンすにいるリセに話しかけるとクエストが始まります。

 

その前に周りにいいるNPCに話しかけておきます。

 

ラウバーン :

早急にベロジナ川を渡りたいところだが、 主要ルートの「ベロジナ大橋」は帝国軍の拠点になっている。

アラミゴを目指すなら、戦いは避けられないということだ。

 

クルル :

すべての問題を、一度に解決することはできないわ。

今の私たちにできることを、ひとつずつこなしていきましょう。

 

ヤ・シュトラ :

バハムートを捕らえし者、オメガ……。

アラグ帝国の遺物とは、何かにつけ因縁があるわね。

 

アルフィノ :

ベロジナ大橋は戦略的要衝だ。

帝国軍としても、それを理解しているからこそ、 橋を拠点化するという選択を採ったのだろう。

 

アリゼー :

ひとまず、オメガの捜索は、 専門家のシドたちに任せておきましょう。

どちらにせよ、アラミゴ解放軍との連携が先決よ。

 

それではリセに話しかけて、お話を進めていきます。

 

カストルム・オリエンスのリセは、行動を開始したいようだ。

 

リセ :

ここからの案内は、アタシに任せてくれるかな?

アラミゴ解放軍のアジトがある場所を知ってるんだ。

「ラールガーズリーチ」っていう名前の古い寺院の跡地でね。

そこに行くには、ベロジナ川を東に渡る必要があるんだ。

ただ、いちばん大きな橋には、帝国軍が陣取ってるから、 近づくのは危険……

しばらく森の中を進んでいくよ。

それじゃ、みんな、アタシについてきて!

 

リセと話す

イストエンド混合林の中のリセたちと合流します。

f:id:thirtyfive:20170617212346p:plain

 

周りのキャラクターに話しかけてみる。

 

アルフィノ :

イーストエンド混交林という名は、 黒衣森の「東の果て」であると同時に、

ギラバニア地域の植物が、 入り交じっている植生を示すものなんだ。

 

クルル :

私たちにとっては「東の果て」というよりは、

むしろ、東へ至る入口といったところね。

 

アリゼー :

森は静かなものね……。

帝国による支配なんて、なかったみたいに思えるほど……。

 

ヤ・シュトラ :

警戒は緩めないでちょうだい。

エオルゼア同盟軍が長城を押さえたとはいっても、 いつ帝国軍の部隊と鉢合わせになるか、わかったものじゃないわ。

 

リセに話しかけて、進めていきます。

 

リセ :

さあ、次は北に迂回してから川辺にいくよ。

その辺りなら水深が浅くて、歩いて渡れるところがあるからね。

 

リセと再度話す

ベロジナ川にいるリセ達と合流します。

f:id:thirtyfive:20170617212904p:plain

 

周りにいるNPCとの会話。

 

アルフィノ :

……どうやら、本当に歩いて渡ることができそうだね。

 

アリゼー :

フフフ……安心した?

 

クルル :

帝国軍に見つかる前に、はやく渡ってしまいましょう。

 

ヤ・シュトラ :

開けた場所に長居するのは危険ね……。

 

そしてリセに再度話しかけます。

 

f:id:thirtyfive:20170617213400p:plain

リセ :

帝国軍の影はなしっと……。

よし、これなら何事もなく行けそうだね。

さっそく、川を渡っちゃおう。

ああ、やっぱりアレ、気になるよね?

元はベロジナ大橋って呼ばれてた橋なんだけど、

今では、帝国軍の軍事拠点に改装されててさ……。

「カステッルム・ベロジナ」とかって呼ばれているんだ。

ギラバニア辺境地帯の中央に陣取って、 まるでこの土地が自分たちの物だって主張しているみたい……。

……ほら、帝国軍に見つからないように、急いで渡ろう?

 

リセとさらに話す

ラールガーズリーチの手前でリセたちと合流します。

f:id:thirtyfive:20170617213851p:plain

 

周りのNPCに話しかけておきます。

 

アリゼー :

どうやら到着したようね。

 

アルフィノ :

この辺りに解放軍のアジトがあるだって?

ただの岩場にしか見えないのだが……。 

 

クルル :

ここまで帝国軍に見つかることがなくて良かったわ。

……ちょっとホッとしちゃった。

 

ヤ・シュトラ :

リセの案内を心強く思ったことなんて、 初めてかもしれないわね。

 

リセに話しかけて、進めていきます。

 

リセ :

みんな、着いたよ。

この谷間の小道を抜けた先が、アラミゴ解放軍のアジトなんだ。

 

アルフィノ :

見たところただの岩場に見えるが……

いったいどこに、アジトに通じる道があるっていうんだい?

 

ヤ・シュトラ :

ふぅん……なるほど……。

魔法的な幻影を施して、目を欺いているのね?

 

リセ :

さすがヤ・シュトラ、鋭い!

幻影を破るディスペラーをもらってあるんだ。

 

アルフィノ :

ほう、マジックプリズムの原理を応用して、 幻影を投射しているということか……! リセ :

そういうこと。 魔法の知識に乏しい帝国軍には効果的でしょ?

 

リセ :

あっ、そうそう……アジトに入る前にひとつだけ……。

この先のアジトにいるのは、以前に「石の家」に来てくれた、 アタシの友だち、メ・ナーゴが所属している部隊なんだ。

ただ、帝国軍の侵入に警戒してピリピリしてると思うから、 物陰から兵士たちが出てきても、びっくりしないでね?

それじゃ、目を瞑って……幻影を破るよ!

 

f:id:thirtyfive:20170617214533p:plain

これでよしっと!

さあ、あらためて「ラールガーズリーチ」に行こう!

 

再度周りのNPCに話しかけると、セリフが変化しています。

 

アルフィノ :

見事に幻影の岩が消え去っているな……。

 

アリゼー :

冒険者たちの間で流行しているっていう、 ミラージュプリズムと仕組みは同じみたいね。

で、あなたのソレも幻影なの?

 

クルル :

ここまで慎重にならなければ、 反帝国活動なんて続けていけないのでしょうね。 

 

ヤ・シュトラ :

この20年間、帝国軍の目を欺き続けてきただけはある、

といったところかしら?

 

リセ :

ね、すごいでしょ? さぁ、このまま進もう!

 

ここでミラージュプリズムを持ち出してくるとは…

ゲームのシステムとストーリーが絡むちょっとした演出が面白いですね。

 

ラールガーズリーチに向かう

ラールガーズリーチに入ると、リセの回想のようなセリフが入ります。

f:id:thirtyfive:20170617215447p:plain

f:id:thirtyfive:20170617215608p:plain

f:id:thirtyfive:20170617215810p:plain

 

城塞都市アラミゴの守護神

破壊と彗星を司る壊神ラールガーが舞い降りたとされる伝説の地

 壊神信仰の聖地ラールガーズリーチは

反帝国組織「アラミゴ解放軍」の活動拠点と化していた

そこでアタシたちを待っていたのは

祖国奪還のために燃える不屈の闘士たちだった

 

コンラッドと話す

f:id:thirtyfive:20170617220331p:plain

コンラッドに話しかける前に、周りのNPCのセリフを見ておきます。

 

クルル :

歴史を感じる古い寺院と、物々しい軍勢……

不似合いな関係性のはずなのに、違和感を感じないのは、

破壊の神様、ラールガーの聖域だからかしら?

 

ヤ・シュトラ :

どうやら、上空に対しても幻影を投射しているようね。

たとえ帝国軍の飛空戦艦が真上を通過したとしても、

きっとただの廃墟に見えるのでしょう。

 

アリゼー :

巨大なお爺さんに見下ろされてるのって、 なんだか複雑な気分よね。

 

アルフィノ :

ここが噂に聞く「ラールガー星導教」の総本山か……。

あの巨大な石像は、壊神ラールガーを象ったもののようだ。

 

リセ :

ナーゴも元気そうで安心したよ。

傷が塞がったらすぐに「石の家」を出たって聞いてたから、 ちょっと心配してたんだ。

 

メ・ナーゴ :

お久しぶりです。 もう怪我の方は、すっかり良くなりました。

クルルさんやヤ・シュトラさんのおかげですね。

 

メッフリッド :

お前は……こんなところで再会するとはな。

驚いたが、嬉しく思うぞ。

 

 メッフリッドって誰だっけ…

どうやらパッチ2.0メインクエストでかかわった人のようですね。クォーリーミルに居た人?

 

とりあえずコンラッドに話しかけて、クエストを完了します。

f:id:thirtyfive:20170617221034p:plain

コンラッド :

何者が隠れ家へと入って来たのかと心配したが、

「暁の血盟」の方々であれば、いつでも歓迎じゃ。

 

「リセの案内」はここで終わりです!

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「長城を超えて」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「エオルゼア同盟軍の提案」