さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「コンラッドの決断」

パッチ4.0のメインクエスト、5番目です。

セリフを残していきます。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「壊神の拳が届く場所」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「メッフリッドの任務」

 

 

クエスト受注

ラールガーズリーチのアリゼーに話しかけるとクエストを受注できます。

クエストを受ける前に、周りにいるNPCに話しかけてみます。

f:id:thirtyfive:20170618001500p:plain

リセ :

店先を覗いてみた?
買い物が終わったら、「アリゼー」たちにも声をかけてね。

 

アルフィノ :

「酒保商人(しゅほしょうにん)」というのは、 軍隊や傭兵団などに付いて移動し、物資を用立てる商人のことさ。
彼らの活躍なしに、どんな軍隊も行動はできないだろうね。

 

アリゼーに話しかけてクエストを進めます。

f:id:thirtyfive:20170618001829p:plain

ラールガーズリーチのアリゼーは、周囲を見ている。

 

アリゼー :

酒保商人たちの様子は見た?
まったく、いい根性してるわよね。
帝国軍に見つかったら、最悪のところ極刑も免れないでしょうに、 解放軍のために物資を集めて来るんだから……。

 

アルフィノ :

アラミゴ奪還に懸ける想いの強さの表れということだろう。
その勇気ある行動は、尊敬に値するよ。

 

f:id:thirtyfive:20170618002348p:plain

メ・ナーゴ :

みなさん、こちらにいらしたのですね。
お待たせしました、部隊の方針が決まりましたので、 先ほどの天幕までお戻りください。
すでにヤ・シュトラさんやクルルさんには報せてありますので、 このまま「コンラッド」隊長の下に向かってください。

 

コンラッドと話す

コンラッドの両サイドにいる2人に先に話しかけてセリフを見ておきます。

 

メッフリッド :

ろくなもてなしもせず、待たせてしまって申し訳ない。
だが、結論は出たぞ……。

 

メ・ナーゴ :

「暁」のみなさんが集まり次第、 コンラッド隊長から今後の方針について、お話しいただきます!

 

 

コンラッドに話しかけてストーリーを進めます。

 f:id:thirtyfive:20170618004648p:plain

コンラッド :

待たせてしまって、すまないの……。
ようやく話がまとまったところじゃ。
結論から伝えるが、ワシらは同盟軍からの提案を受け入れ、 共闘関係を結ぶことに決めたよ……。
じゃが、ひとつ条件がある。

 

アルフィノ :

ありがとうございます。
……それで、条件というのは?

 

f:id:thirtyfive:20170618004746p:plain

コンラッド :

助力を申し出てくれているというに、 条件などと言うのは、心苦しい限りなのじゃが……。
まず知っておいてもらいたいのは、 「アラミゴ解放軍」という組織の性質についてじゃ。
ご存知のとおり、解放軍は単一の組織ではなくてのう……。

実態は、小さな組織の寄り合い所帯に過ぎず、 今回の提案を受け入れるのは、この拠点に集う者たち。
つまり、ワシの指揮下にある者たちのみとなる。
もちろん、ワシらと協力関係にある、 ほかの部隊にも、根回しはさせてもらうがの……。
全隊が集うとは限らないこと、予め承知してもらいたいのじゃ。

 

アルフィノ :

なるほど……事情は理解しました。
ひとまずは、コンラッド殿に従う部隊が、 共闘に応じるという形で、同盟軍には伝えましょう。

 

コンラッド :

助かるよ……。
恥ずかしい話じゃが、ワシらの部隊にしても、 鉄仮面の企てに参加するため、出て行った者が多くてな。

目下、組織を立て直すべく、奔走しているところなのじゃ。
なるべく早く、同盟軍との共同作戦を成立させるだけの、 体制を整えたいとは思っておるが……。

 

 

f:id:thirtyfive:20170618004812p:plain

リセ :

じゃあさ、その体制作り、 アタシたちにも協力させてくれないかな?
本当の意味で「仲間」になるためにも大事なことだと思うんだ。

 

コンラッド :

願ってもないことじゃ。
志を同じくする者の協力を、どうして拒むことができよう?
ワシからも、お願いさせてもらいたい……。

 

クルル :

それなら、私とヤ・シュトラのふたりで、 野戦病院の方を手伝うことにしましょう。
助けが必要なように見えたから……。

 

アルフィノ :

では、私は一度、長城を越えて戻り、 「暁」に参加している者たちを中心として、 アラミゴ解放に参加する意思を持つ義勇兵を集めてこよう。

 

リセ :

んーと、アタシたちはどうしよっか?

 

コンラッド :

厚かましいが、おぬしらに頼みたいことがある……。
メ・ナーゴとメッフリッドに与えた任務について、 手を貸してもらいたいのじゃ。

 

リセ :

わかった。
できることなら、全力でやるよ。

 

アリゼーと話す

アリゼーに話しかければクエスト完了となりますが、その前に周りのNPCとも話しておきます。

 

まずアラミゴ解放軍の面々。

 

メ・ナーゴ :

無事に話がまとまってよかったです。

 

コンラッド :

これで晴れてワシらは、正式に同志となったわけじゃ。

よろしく頼むぞい。 

 

メッフリッド :

今回ばかりは、エオルゼア諸国も本気のようだしな。

こちらとしても気合が入るというものだ。

 

暁の人たち。

リセ :

よかった……。 大丈夫だとは思っていたけど、 解放軍のみんなが、提案を受け入れてくれて安心したよ。

 

野戦病院に向かったヤ・シュトラとクルル

 

クルル :

アラミゴには、独特の薬茶の文化があるみたい。
本草学も少しはかじってるのだけれど、 確かに薬茶を治療に使うのは、効果的だと思うわ。

 

ヤ・シュトラ :

癒し手として来たのだもの。
しばらくは、ここで働かせてもらうわ。

 

それではアリゼーに話しかけてクエストを完了します。

 

アリゼー :

コンラッド隊長の依頼は、 「メ・ナーゴ」と「メッフリッド」の手伝いだったわね。
どちらから手をつけるかの判断は、 あなたに任せるから……ひとつずつ片付けていきましょう。

 

これでクエスト完了です。

報酬は遠隔DPSかキャスターの頭装備、武略のマテリジャ×3のうち一つを選ぶことができます。

f:id:thirtyfive:20170618004247p:plain

 

 

以上です!

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「壊神の拳が届く場所」

 ↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「メッフリッドの任務」