さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「親書を届けて」

エオルゼア同盟軍へ親書を届ける為に旅立つメ・ナーゴと冒険者たち。

まずは哨戒中の帝国兵を蹴散らしました。

一行は旅を続けます。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「メ・ナーゴの任務」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「新型魔道兵器を撃破せよ」

 

 

クエスト受注

メ・ナーゴに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170618225151p:plain

 

 

f:id:thirtyfive:20170618225235p:plain

ストライプヒルズのメ・ナーゴは、移動を再開したいようだ。

 

メ・ナーゴ :

さて、邪魔が入ってしまいましたが、気を取り直して行きましょう。

また帝国軍の部隊に遭遇するかもしれませんから、 警戒しつつ進みますよ。

 

メ・ナーゴと話す

f:id:thirtyfive:20170618225556p:plain

アリゼー :

少し進んでは、聞き耳を立てる。

その用心深さが、帝国軍を相手にして、 独立運動を続けていくには、欠かせないのね。

 

メ・ナーゴ :

うん……大丈夫そうです。

この辺りには、帝国軍はいないようですね。

エオルゼア同盟軍が、しっかり確保しているようです。

メ・ナーゴ :

そういえば、「カストルム・オリエンス」の派遣部隊を、率いているのは、あの「ラウバーン」閣下なんですよね?

メ・ナーゴ :

旧アラミゴ王立軍において、「戦場の演出家」と呼ばれ、ウルダハでは剣奴から砂蠍衆に上り詰めた「アラミゴの猛牛」!

私にとって憧れの人物なんです……お会いするのが楽しみですよ。

 

ラウバーンと話す

f:id:thirtyfive:20170618225954p:plain

ピピン :

たった今、バエサルの長城の調査から戻ったところでね。

残念ながらパパリモ殿の遺品は、未だに見つかっていないが、 何か発見したら、すぐに「暁」には報せよう。

 

ラウバーンに話しかけるとクエスト完了です。

 

f:id:thirtyfive:20170618231146p:plain

ラウバーン :

おぉ、貴様たち……。

アラミゴ解放軍とは、接触できたのか?

アリゼー :

ええ、使者を連れてきたわ。

アリゼー :

彼女はアラミゴ解放軍の一員、メ・ナーゴ。

例の提案に対する返答については、彼女から……。

メ・ナーゴ :

お初におめにかかります。

「アラミゴの猛牛」ラウバーン閣下とお会いできて、光栄の限りでありますッ!

ラウバーン :

よしてくれ。

ここは闘技場ではなく戦場なのだ……。

アラミゴ解放のために働く同志として接してもらいたい。

メ・ナーゴ :

し、失礼しましたッ!

メ・ナーゴ :

我らアラミゴ解放軍の指揮官、コンラッド隊長からの書簡を預かってまいりました。

どうか、お受け取りください!

ラウバーン :

……ありがたい。

こちらの申し出を受けてくださるのだな……。

組織の立て直しが必要という、そちらの事情についても了解した。

f:id:thirtyfive:20170618231231p:plain

メ・ナーゴ :

はい、書簡にも書いてあるとおり、鉄仮面の作戦に参加し、命を落とした者も多く、人員不足は、さらに深刻なものとなっています。

メ・ナーゴ :

それに地元の者たちから同志を募ろうにも、相次ぐ作戦の失敗で、解放軍の信用に陰りが……。

アリゼー :

故郷を……アラミゴを奪還したいという思いはあっても、命がけの闘争に身を投じるには、成功の希望が必要よ……。

無謀な戦いに誘うのは、それこそ扇動というものだわ。

ラウバーン :

確かにイルベルドの如き、扇動者になるわけにはいかん。

戦争である以上、犠牲は付きものだが、その先に勝利の希望があるのだと、示さなければ……。

ピピン :

ならば義父上、その希望を見せましょう。

まずは我々の手で……。

ピピン :

今の反帝国活動に必要なのは、成功体験です。

小さな作戦でいい……まず同盟軍と解放軍が協力し、帝国軍の部隊を打ち破ったという実績を作るのです。

ピピン :

たとえ小さくとも、勝利という事実が、希望の灯火を灯すための火種となるでしょう。

メ・ナーゴ :

確かに、帝国軍に勝ったという噂が広まれば、今まで以上に協力者が集まると思います。

でも、どうすれば……。

f:id:thirtyfive:20170618231310p:plain

ピピン :

私に考えがあります……。

ピピン :

ベロジナ大橋の上に建てられた帝国軍の拠点、「カステッルム・ベロジナ」を部下に探らせていたのですが……見たことのない新型魔導兵器が運び込まれたそうでしてね。

ピピン :

大方、我らエオルゼア同盟軍に対してぶつけて、実戦テストでもしようという腹づもりでしょう……。

メ・ナーゴ :

そんな……さらに強力な魔導兵器が増えるというのですか!?

ピピン :

警戒は必要ですが、過度に悲観的になる必要はありません。

手を取り合った同盟軍と解放軍が、最初に戦う相手としては、これ以上ない存在とすら言えましょう。

ラウバーン :

なるほど、同盟軍と解放軍の合同部隊が、鳴り物入りで登場した帝国の「新兵器」を撃破する、と。

戦略的には「小さな勝利」でしかないが、心理面の影響は大きいな。

メ・ナーゴ :

ええ、確かに……。

同盟軍と解放軍が、帝国に一泡吹かせたという噂が広まれば、意気消沈している者たちにも、勇気を与えられますね……。

ピピン :

狙いがエオルゼア同盟軍だということも好都合です。

同盟軍本隊をエサに、新兵器をイーストエンド混交林に誘き寄せ、その背後を、アラミゴ解放軍に突いてもらうことができますから。

ラウバーン :

実にいい策だ。

吾輩としては、是非に実行に移したいと思うのだが……?

メ・ナーゴ :

ピピン少闘将の策であれば、作戦規模も小さく、私たちの現有戦力でも、可能だと思います。

さっそく、仲間たちに報せてきますね!

ピピン :

頼みます。

作戦の詳細は、追って連絡兵を派遣しますので……。

アリゼー :

それじゃ、私たちは同盟軍側に協力しましょうか。

ここまで来て、見ているだけってわけにいかないもの。

 

f:id:thirtyfive:20170618230750p:plain

 

「親書を届けて」は以上になります。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「メ・ナーゴの任務」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「新型魔道兵器を撃破せよ」