さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「今こそ反抗の刻」

メ・ナーゴとメッフリッドの任務を手伝い、無事完了しました。

さて、次はコンラッドから何か話があるようです。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「伝令の使命」

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「対立を超えて征け」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20170619015848p:plain

 ラールガーズリーチのコンラッドは、伝えたい事があるようだ。

 

f:id:thirtyfive:20170619021254p:plain

コンラッド :

メッフリッドとメ・ナーゴの任務、いずれも上首尾に終わったようで、一安心といったところだの。

「暁」のお三方、協力に感謝しますぞ。

アルフィノ :

どうやら、そちらも順調のようですね。

アリゼー :

あら、アルフィノ、お帰りなさい。

そちらもということは、義勇兵を集めるって話も、上手くいったということ?

アルフィノ :

ああ、「暁の血盟」に所属する冒険者を中心に声をかけてね。

アラミゴ奪還に並々ならぬ情熱を持つ者たちを集めてきた。

とりまとめは、彼にやってもらおうと思っている。

アレンヴァルド :

お初にお目に掛かります。

俺の名は、アレンヴァルド・レンティヌス、ガレアン族の父と、アラミゴ人の母を持つ混血です。

アレンヴァルド :

俺みたいな存在が生まれ、棄てられていく現実を変えたいと思っています。

どうか、よろしくお願いします!

コンラッド :

どうやら、苦難に満ちた人生を送ってきたようじゃの。

こちらこそ、よろしく頼む……。

お主の経験と決意は、必ずここで役立つじゃろうて。

コンラッド :

アラガーナでの募兵活動にも目処が付いた。

さらに同盟軍との共同作戦の成功が引き金となり、いくつかの解放軍系部隊から、合流の打診が届いておる。

コンラッド :

新兵たちと協力組織の合流が果たせれば、いよいよ大きな作戦を成すだけの戦力も整うはずじゃ。

あと一息のところまで、来ておるの……。

メ・ナーゴ :

それじゃあ、新戦力の到着を待つ間、細かい仕事を、ザザっと片付けてしまいましょう!

打倒帝国、頑張りますよ!

 

シーンは変わってアラミゴ・ロイヤルパレスにて

 

f:id:thirtyfive:20170619021427p:plain

f:id:thirtyfive:20170619021442p:plain

f:id:thirtyfive:20170619021500p:plain

f:id:thirtyfive:20170619021520p:plain

帝国の歌?が流れます。

雄大なる山脈より深緑の谷を越えて

白き戦旗が更新せん団結こそ我らが勝利なり

遥かなるオサード海岸よりアルデナードの湖まで

強大なるガレマールこそ永遠に我らを導かん

 

 

f:id:thirtyfive:20170619021804p:plain

f:id:thirtyfive:20170619021834p:plain

帝国軍の幕僚 :

エオルゼア同盟軍は、依然としてバエサルの長城を占拠しており、接近する我が軍の部隊に対して、敵対行動を取っております。

帝国軍の幕僚 :

先日も、新型機の試験運用に出た部隊が、同盟軍と思われる部隊と遭遇、交戦の末、全滅しております。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

全滅……どのようにだ……?

帝国軍の千人隊長 :

ハッ……!

同盟軍と交戦をしたのは、我が配下の部隊になります。

帝国軍の千人隊長 :

ただひとり負傷しながらも逃げ帰ってきた兵によれば、イーストエンド混交林にて、待ち伏せ攻撃を受けたようでして……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

…………ハ。

聞くに足らぬ凡庸な戦だが、ただひとりの生還者というのは、悪くない……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

生き残る悪運も、また力のうち……その者の命だけは狩らずにおいてやる。

しかし、我が第XII軍団に弱者の席はない……即刻、飛ばしておけ。

帝国軍の千人隊長 :

ハッ……直ちに任を解き、左遷しておきます。

お言葉どおり、「蛮族」相手に敗北を喫するような腰抜けは、皇太子殿下率いる第XII軍団には相応しくありませんからな!

 

f:id:thirtyfive:20170619021934p:plain

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ほう……腰抜けは必要ない、か……。

帝国軍の千人隊長 :

で、殿下……!?

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

素晴らしい見識だ。

確かに後方で安穏としている腰抜けは必要ない……。

 

f:id:thirtyfive:20170619022055p:plain

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

さて諸君、俺は未知の蛮神が召喚されたのち、あえてバエサルの長城を放置し、エオルゼア同盟軍の手に委ねた。

なぜか……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

それは、我が父君にして皇帝たるヴァリス陛下が、未だにエオルゼアへの進軍許可を下さらぬからである。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

なればこそ、我が管轄下たるギラバニアを「猟場」とするため、エオルゼア同盟軍を招き入れたのだ……。

そう……「狩り」を愉しむためにな……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

弱き獣を、狭き庭に放したとて、面白き狩りにはならぬ。

好きに駆けさせ、ときに追い立て警戒心をあおる……そのための我が猟犬が、獲物に後れをとるなど度し難い……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

さて、優秀なる我が第XII軍団の将校たちに今一度、問おう。

誰か帝国への抵抗を続ける「蛮族」どもを、狩り出す良き策を持っている者は……いるか?

f:id:thirtyfive:20170619022144p:plain

フォルドラ :

……この私に策がございます!

帝国軍の幕僚 :

口を挟むな!

アラミゴ人風情が出過ぎたマネを!

帝国軍の幕僚 :

貴様ら現地民部隊は、前総督が設立したもの……。

形式上、軍議の末席に加えてはいたが、誰も貴様のような「蛮族」の助言など求めておらんわ!

フォルドラ :

クッ……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

そのアラミゴ人が、アラミゴ人を狩ろうというのだ。

幾分かは愉快であろう……許す、発言せよ。

フォルドラ :

ハッ……申し上げます!

 

メ・ナーゴと話す

シーンは再びラールガーズリーチへ。

f:id:thirtyfive:20170619022452p:plain

 

周りにNPCが集まっているのでセリフを見ておきます。

ヴァ・マハ・ティア :

アルフィノの呼びかけに応じて、義勇兵として参加することにしたんだ。

イシュガルドの次は、アラミゴってわけだな。

ジャ・モルバ :

ひょんなきっかけで、アレンヴァルドの坊主に出会いましてね。

一度は槍を置いた身なれども、その純粋な情熱にほだされ、ふたたび戦場に立つ決心を付けたところでございやす。

アレンヴァルド :

アバとオリ……俺を助けるために、命を散らせた「暁」の仲間のためにも、しっかり戦ってみせる。

そう決意したんだ……。

アリゼー :

アラミゴ解放軍、エオルゼア同盟軍と共同で、帝国軍の新型魔導兵器を撃破せり!

この噂は、ギラバニアの人たちに急速に広まっているわ。

アルフィノ :

アレンヴァルドとは、歳も近いからね。

「砂の家」に立ち寄る際には、よく話していたんだ。

彼がアラミゴ奪還に燃やす情熱は、本物だよ……。

リセ :

なんだか、血がたぎってくるよ……。

ついに動き出すかと思うとね!

メッフリッド :

例のアラガーナの若者だがな、あれから数名の仲間とともに合流してくれた。

新兵どもを、鍛えてやらなくてはな!

コンラッド :

鉄仮面の一件以来、続いていた悪い流れが、ようやく変わりつつある……。

そう実感しておるのよ。

 

それではクエスト完了させます。

 

メ・ナーゴ :

私は、仲間たちの手伝いに向かいますが、「暁」の皆さんは、どうされますか?

アルフィノ :

解放軍の準備が整い、同盟軍との本格的な共闘が実現できれば、橋渡し役としての「暁」の務めは終わる。

少なくとも、そこまでは見届けるのが筋だろう。

アルフィノ :

[プレイヤー名]、リセ、アリゼー……私は、戦力の合流を待つ間、解放軍の雑務を手伝うつもりだ。

君たちも疲れていなければ、そうしてくれると嬉しい。

メ・ナーゴ :

ありがとうございます!

それでは皆さん、もしよければラールガーズリーチにいる、闘士たちの助力をお願いしますね、それでは!

f:id:thirtyfive:20170619022827p:plain

 

「今こそ反抗の刻」は以上です!

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「伝令の使命」

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「対立を超えて征け」