さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「紅蓮の炎」

カステッルム・ベロジナを攻略する作戦の開始です。

まずはピピンと敵の防衛線力の調査に向かうようです。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラウバーンの決断」

 

 

クエスト受注

ピピンに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170619154246p:plain

 

その前に周りのNPCとの会話。

アリゼー :

偵察隊を率いるのは、ピピン少闘将よね。

どこに向かうべきか、話を聞いてみなくちゃ……。

アルフィノ :

「カステッルム」とは、帝国軍における物資中継拠点を意味する。

ここバエサルの長城とアラミゴ方面とを繋ぐ、 補給基地といったところかな。

黒渦団の将校 :

前回の作戦では、後衛に回っていたからな。

次こそは、我ら黒渦団が前衛を務めたいものだ!

 

f:id:thirtyfive:20170619154320p:plain

カストルム・オリエンスのピピンは、偵察任務の詳細を教えてくれるようだ。

 

ピピン :

協力の申し出に感謝する。

今回の偵察の目的は、先にも述べたとおり、敵防衛戦力の把握だ。

混交林を抜けた先に、 カステッルム・ベロジナを一望できる絶好のポイントがある。

まずは、そこまで行こう。

 

ピピンと話す

f:id:thirtyfive:20170619161326p:plain

アルフィノ :

帝国軍とて、バエサルの長城が、 エオルゼア同盟軍に占領されていることは先刻承知。

カステッルム・ベロジナの防衛も固めているはずだが……。

 

アリゼー :

今のところ、静かなものね……。

 

ピピンに話しかけるとインスタンスバトルが始まります。

 

ピピン :

偵察ポイントはこの先だが、 敵拠点からも、見通しがいい場所なのでね……。

夜陰に紛れて前進し、望遠鏡を使って敵情を探るつもりだ。

それでも、いつ敵兵に見つかって戦闘になるとも限らない。

常に武器を構えられるようしておいてくれよ。

 

カットシーン長いよーという警告文が表示されます。

f:id:thirtyfive:20170619161608p:plain

f:id:thirtyfive:20170619161631p:plain

 

 

f:id:thirtyfive:20170619180823p:plain

ピピン :

帝国軍の様子に、変わったところは見られない……。

敵戦力は、想定の範囲内と考えてよさそうだ。

よし、義父上に連絡を……。

ピピン :

砲声!?

いったい、どこから……。

f:id:thirtyfive:20170619180849p:plain

アリゼー :

見て!

ラールガーズリーチの方角に煙が!

アルフィノ :

ダメだ……リンクパール通信も繋がらない!

アリゼー :

まさか、解放軍の拠点が、帝国軍の攻撃を受けているってこと?

ピピン :

不測の事態が発生したと見て間違いなさそうだな。

ひとまず作戦は中止……このままラールガーズリーチに向かい、現状の確認に努めよう!

 

ラールガーズリーチが炎に包まれ、帝国兵が押し寄せています。

 

f:id:thirtyfive:20170619181004p:plain

フォルドラ :

行け、行け!

帝国に逆らうアラミゴ人反乱分子を根絶やしにしろ!

メッフリッド :

おのれッ!

メッフリッド :

貴様らとて、アラミゴ人だろうに!

フォルドラ :

私は……ガレマール帝国人だッ!

 

フォルドラにやられてしまうメッフリッドさん。

f:id:thirtyfive:20170619181059p:plain

リセ :

メッフリッドッ!

リセ :

許さない、よくも仲間をッ!

f:id:thirtyfive:20170619181136p:plain

フォルドラ :

チッ……!

 

そして現れるゼノス。

f:id:thirtyfive:20170619181248p:plain

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ほぅ……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

替われ!

その獲物……試してみたい。

フォルドラ :

はぁ……はぁ……。

お気をつけをゼノス様、手練れです……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

…………ハ。

せいぜい愉しませろ……。

そうでなければ、すぐに潰す。

コンラッド :

あれは、まさか……ゼノス・イェー・ガルヴァス!

総督自ら、前線に出てくるとは!

リセ :

総督?

お前が……みんなを……アラミゴを……!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ちょこまかとよく動くが……軽いな……。

f:id:thirtyfive:20170619181333p:plain

ヤ・シュトラ :

させないッ!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

魔法障壁……か。

だが……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

役には立たんな……。

リセ :

シュトラァッ!

コンラッド :

せめて撤退の隙を……!

 

ラールガーズリーチに向かうピピン達。逃げてきたクルルと負傷兵達に遭遇します。

f:id:thirtyfive:20170619181503p:plain

アルフィノ :

クルルさん!

クルル :

アルフィノくん!

 みんな!

アルフィノ :

砲声を聞いて、慌てて引き返してきたのですが……いったい何が……!?

クルル :

帝国軍の襲撃よ。

突然、逃げろって叫び声が聞こえて、あとはもう大混乱。

クルル :

コンラッドさんやリセたちが応戦してくれたおかげで、どうにか負傷者を逃がすことはできたけど……。

まだ戦いは続いているわ。

ピピン :

まずいな……ここでアラミゴ解放軍に崩壊されては、帝国に対する反抗作戦どころではない。

アルフィノ :

アレンヴァルド、負傷者たちをバエサルの長城まで、送り届けてくれないか?

アレンヴァルド :

了解、任せてくれよ。

アルフィノ :

ひとまず、私たちだけでも救援に向かおう。

ひとりでも多くの仲間を救うんだ!

ピピン :

そうだな……この騒ぎには同盟軍本隊も気付いているだろう。

じきに義父上も救援部隊を寄こしてくれるはずだ。

我々だけでも時間が稼げれば、チャンスはある。

クルル :

私も行くわ。

ここにいる人たちの応急手当は済んだところだから……癒し手がいた方がいいでしょ?

アルフィノ :

クルルさん……。

ありがとう、行きましょう。

 

ラールガーズリーチに到着し、帝国兵をおっぱらいます。

f:id:thirtyfive:20170619181700p:plain

逃げ遅れた協力者 :

だ、誰か……助けてくれェ!

アリゼー :

悲鳴が!!

まだ生きている人がいるんだわ!

逃げ遅れた協力者 :

突然に帝国軍の連中が、なだれ込んできて……まだ逃げ遅れてる仲間がいるんだ……!

アルフィノ :

わかりました、ここは我々に任せてください!

さあ、あなたは脱出を!

アルフィノ :

帝国軍部隊を排除しつつ、ひとりでも多くの人を救うんだ!

クルル :

なんてことなの……!

とにかく襲われている人を優先的に助けましょう!

アリゼー :

無抵抗な人たちにまで、手をかけるなんて!

鋼心のピピン :

負傷者を逃がすために、我々が前に出るぞ!

アルフィノ :

なっ……あれは人狼族!?

異国から投入された帝国軍の獣人部隊か!

アラミゴ解放軍の闘士 :

コンラッド隊長たちが、奥で囚われている……!

どうか、助けてやってくれ……!

クルル :

見つけた……リセたちよ!

フォルドラ・レム・ルプス :

チッ……新手か……。

狙いはこいつらの様だが、渡せないな……。

フォルドラ・レム・ルプス :

戦い慣れている……!

明らかに、ほかの雑魚とは違う……何者だ!?

f:id:thirtyfive:20170619181848p:plain

リセ :

みんな……きっと来てくれるって……。

クルル :

アルフィノくん、急いで治療を!

フォルドラ :

しまった、捕虜がッ!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

フォルドラ、下がれ……。

貴様は、兵をまとめておけ。

フォルドラ :

ハッ……了解であります。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

そこの雌どもは期待外れだったが……貴様は、愉しませてくれるな?

 

f:id:thirtyfive:20170619181949p:plain

ゼノスとの戦闘になります。

 

アリゼー :

まさか総督自らのお出ましとはね……!

でも、敵将を討ち取れば、戦況を一気に変えられるッ!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

……目障りだ。

鋼心のピピン :

ガハッ……な、なんという一撃……こ、こんなところで……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ふむ、立ち上がれる者がいたか……。

……よかろう、もう少しだけ付き合ってやる。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

多少はマシだが……心は躍らぬな……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

つまらん……もう終いとしよう……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

つまらぬ……。

 

ついに光の戦士もやられてしまいます。

そこにラウバーン達も到着します。

 

f:id:thirtyfive:20170619182147p:plain

ラウバーン :

こ、これは……。

不滅隊の将校 :

追撃しますか?

ラウバーン :

やめておけ。

まずは生存者の救助を最優先にしろ!

不滅隊の将校 :

ハッ!

ラウバーン :

しっかりしろ!

大丈夫か?

 

f:id:thirtyfive:20170619182237p:plain

 

選択肢が出ます。

  • 黙って頷く
  • 次は倒す!
  • ………

 

黙って頷いておきます。

 

ラウバーン :

貴様ほどの手練れが、膝をつくことになるとは……。

リセ :

やだよ……ヤ・シュトラ、死なないで!

クルル :

大丈夫、助けてみせるわ!

クルル :

アルフィノくん!

コンラッドさんの治療は任せたわよ!

アルフィノ :

了解です!

クルル :

あなたは、私を手伝って!

ヤ・シュトラが動かないように押さえてちょうだい!

クルル :

応急処置はできたけど、このままじゃ……。

今のうちに設備が整った場所に移して、集中的に治療するわ!

アルフィノ :

こちらも応急処置は済んだ。

野戦病院の方に移送しよう……。

クルル :

それじゃ、リセはふたりの移送を手伝って!

リセ :

わ、わかった!

クルル :

あなたは、他に怪我人がいないかあたりを調べてみて?

疲れてると思うけれど、もう一踏ん張り、頼んだわよ!

 

 

 いきなり壊滅状態のラールガーズリーチ。

そして攻めきらずに帰っていく帝国軍。どういうつもりなのでしょうか。

 

 ラウバーンと話す

ラウバーンと話せばクエスト完了です。

その前に野戦病院にいるメンバーと話しておきます。

 

f:id:thirtyfive:20170619182847p:plain

ピピン :

三人がかりで仕留められなかったとは……。

敵将ゼノス……恐るべし……。

アルフィノ :

アリゼー、今は身体を休めることだけを考えてくれ!

アリゼー :

はぁ、はぁ、はぁ……手も足も出なかった……。

コンラッド :

はぁ……はぁ……。

ど、同志たちは……どうなって……。

ヤ・シュトラ :

…………。

クルル :

ヤ・シュトラのこと、やっぱり心配よね?

まだまだ油断はできないけれど、今のところは安定してるわ。

リセ :

アタシを守ってくれて……ヤ・シュトラは……。

 

そして何故か搬送されていないメッフリッドさん。なんで!?

f:id:thirtyfive:20170619183016p:plain

 メッフリッド :

…………。

屈強な若者 :

うぅ……メッフリッドさん……。

オレに、もっと戦い方を教えてくれよッ……!

 

 

f:id:thirtyfive:20170619182539p:plain

ラウバーン :

[プレイヤー名]よ……。 貴様はよくやった、間違っても己を責めるなよ……。

今はただ、今できることを考え、共に最善を尽くすのだ。

 

 

f:id:thirtyfive:20170619183156p:plain

 

「紅蓮の炎」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラウバーンの決断」