さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「山狩りの始まり」

FF14のサブクエスト「山狩りの始まり」です。

20年前に帝国の捕虜となった人たちの消息を追う中、廃墟で出会った記憶喪失の男。彼から手がかりを探っていきます。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「記憶喪失の男」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「悪逆無道」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20170620135646p:plain

スウェスリク大牙将に話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170620135604p:plain

カストルム・オリエンスのスウェスリク大牙将は、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

 

スウェスリク大牙将 :

……「タラ・モルコー少牙士」の聞き取りも終わった頃だろう。

彼女から話を聞いて、適切に対応してくれ。

 

タラ・モルコー少牙士と話す

f:id:thirtyfive:20170620135851p:plain

 

タラ・モルコー少牙士 :

おや、[プレイヤー名]さん。

たった今、男性の話を聞き終えたところです。

タラ・モルコー少牙士 :

やはり記憶を失っているらしく、素性はわかりませんでした。

ですが、最近まで帝国軍に捕らえられていたというのです。

どうやら、本当に捕虜だった方のようですね。

タラ・モルコー少牙士 :

男性とビターミルの関係はわからないままです。

これ以上の情報を得るとなると、それこそ帝国人から聞き出すしか…………はっ!

タラ・モルコー少牙士 :

ビターミルで撃退した帝国兵!

逃げ出してしまいましたが、探し出して捕まえれば、何か情報を得られるかもしれません!

タラ・モルコー少牙士 :

「スウェスリク大牙将」に頼んで、逃げた帝国兵を探す部隊を編成してもらいましょう。

山狩りの……始まりです!

 

スウェスリク大牙将と話す

 

スウェスリク大牙将 :

君たちがビターミルで遭遇した帝国兵を捕まえてほしい、と?

スウェスリク大牙将 :

……実は、タラ少牙士の報告を受けた直後から、追跡部隊を派遣して、行方は追っているのだ。

スウェスリク大牙将 :

しかし、捜索範囲の広大さに比べ、人員は不足している。

現に「オウェンの酒蔵」と呼ばれる洞窟の周辺には、まだ部隊を派遣できていない。

タラ・モルコー少牙士 :

それなら、私たちが行きます。

肉体労働は不得手ですが、情報のためなら仕方ありません。

「オウェンの酒蔵」前で合流しましょう。

 

 タラ・モルコー少牙士と合流

f:id:thirtyfive:20170620140822p:plain

タラ・モルコー少牙士 :

この奥から、人の気配がします……。

気をつけて進みましょう。

 

タラ・モルコー少牙士と再度合流

f:id:thirtyfive:20170620141005p:plain

体格のいい帝国兵 :

くっ……。

 

帝国兵発見。タラ・モルコー少牙士に話しかけてクエストを進めます。

 

タラ・モルコー少牙士 :

こちらの方が、件の帝国兵のようですね。

体格のいい帝国兵 :

お、お前たちは……グッ!

タラ・モルコー少牙士 :

この怪我では、話を聞けそうにありませんね。

カストルム・オリエンスに運び、治療しなければ……。

タラ・モルコー少牙士 :

私は、この方が逃げないよう見張っています。

あなたは、「スウェスリク大牙将」に状況を説明し、人手を送るよう頼んできてください。

 

 スウェスリク大牙将と話す

 

 

スウェスリク大牙将 :

追跡部隊からの新しい報告はない。

君の方はどうだ?

スウェスリク大牙将 :

なに……件の帝国兵を見つけたというのか?

了解した、すぐに人を回そう。

スウェスリク大牙将 :

捜索隊、聞こえるか。

対象の居場所が判明した。

すぐにオウェンの酒蔵へ向かえ。

スウェスリク大牙将 :

……これでよし。

此度の働き、ご苦労だった。

君はここで、タラ・モルコー少牙士の帰りを待つといい。

 

f:id:thirtyfive:20170620142820p:plain

 

「山狩りの始まり」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「記憶喪失の男」

 ↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「悪逆無道」

 

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター