さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「石より硬い障害」

砕石場を再生させて村人を活気づけようとするセイヤーおじいさん。

採石場のモンスターを退治した証を持ち帰ってきました。

次はどうするつもりかな、おじいさん。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0ギラバニア山岳地帯の風脈クエスト(4/5)「石切り場を取り戻せ」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「石切の歌」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20170619231636p:plain

セイヤーに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170619231539p:plain

アラガーナのセイヤーは計画を進めようとしている。

 

セイヤー :

さっそく、皆の者に知らせてやらねば!

精を出す仕事があれば、村人たちも生きる力が湧くはず……!

セイヤー :

さて、お主が取ってきてくれた「ウロリスの心核」を皆に見せ、スリーピングストーン採石場再建の準備が整ったと、大々的に報せるとしよう。

セイヤー :

今すぐ、村人たちを集めたいところだが、もはや、皆、わしの話になど、聞く耳を持たん……。

お主から、ここに集まるよう、呼びかけてはもらえんかの?

 

話を聞いてもらえないと自ら言うおじいちゃん。なんか悲しいが、たくましいおじいちゃん。

 

村人にセイヤーの話をする

f:id:thirtyfive:20170619234118p:plain

スィートラヴ :

採石再開の説明をするですって?

もしや、うちの爺様……セイヤーから頼まれたのですか?

スィートラヴ :

爺様ったら、またそんな夢物語を……。

うちの爺様が、ご迷惑をおかけしました。

貴方のお名前は?

スィートラヴ :

[プレイヤー名]さん、爺様に付き合ってくださり、ありがとうございます。

これ以上、人様に迷惑をかけないよう、孫の私から言っておきます。

 

 

f:id:thirtyfive:20170619234308p:plain

ホッジキン :

石切場の再建について話があるだと?

あそこの安全を確保した証拠も見せてくれるって?

悪いが、興味はないな……。

ホッジキン :

先細った採石業にしがみついても、未来は見えないよ。

石材の需要なんて、今や、ほとんどないんだからな。

売れ残りの石材を、金にする算段でも立てたほうがマシさ。

 

f:id:thirtyfive:20170620000133p:plain

 カール :

ウロリスどもを倒したから、石切場を再建したいだって?

話を聞く気にもならないよ……。

カール :

あんたになら、ウロリスも簡単に倒せるかもしれんが、 戦う術を知らない俺たちには、無理な相談ってものさ。

もう、村には腕自慢の若者も残ってないしね。

 

セイヤーに報告 

セイヤー :

おお、皆に呼びかけてくれたか、ありがとう。

カッカッカッ、あの核を見て、驚く皆の様子が目に浮かぶわい。

f:id:thirtyfive:20170620000732p:plain

スィートラヴ :

爺様、残念ながら、ここには誰も来ないわよ。

大人しく家に帰りましょう。

f:id:thirtyfive:20170620000759p:plain

セイヤー :

なんだって!?

さては、お前が村人とグルになって、わしの邪魔をしようというのか……!?

スィートラヴ :

そんなわけないでしょ?

本当は、爺様だって気付いてるはずよ?

売る当てもない石を切り出しても、意味がないってことに……。

スィートラヴ :

爺様、そろそろ現実から目をそらすのをやめて。

老体に鞭打って、徒労を重ねる爺様が、痛々しくて見ていられないわ……。

セイヤー :

と、徒労とは何事だ!?

未来を信じているからこそ、今日働くのではないか!

セイヤー :

だが、このまま互いに意見をぶつけ合っても、結論は出まい。

ここは、第三者に、意見を求めてみよう。

セイヤー :

[プレイヤー名]よ、お主は、わしの考え……採石業に未来はあると信じるか?

 

こっちに振らないでくれ!

f:id:thirtyfive:20170620000402p:plain

ここは「信じる」を選んでみます…

 

セイヤー :

さすがは、ワークラタを救った者じゃ!

諦めずに行動することこそが、未来を拓くと、知っておるのだな!

スィートラヴ :

「プレイヤー名」さんの優しさに甘えないで!

可哀想な爺様のことを、気遣って言ってくれているだけよ。

スィートラヴ :

爺様が村のために声をあげてくれているのは、わかってるわ。

でも、採石業に未来がない現実は、受け入れなきゃ。

セイヤー :

フン、人に頼ろうとしたわしが愚かだった……。

希望を持たぬ者に、言葉を重ねたところで届かぬのも道理……。

やはり、わし自身が手本を示すしかないな!

スィートラヴ :

まったく、頑固なんだから……。

見てのとおり、身内の私には遠慮もないので、いつも、終いにはこうして大ゲンカになってしまいます。

スィートラヴ :

爺様はへそを曲げると、しばらく私と話そうともしません。

それでも心配ですので、申し訳ないですが、爺様を追って、もう少し、付き合ってあげてくださいませんか?

 

セイヤーと話す

f:id:thirtyfive:20170620001220p:plain

 

セイヤー :

なにが「現実を受け入れろ」じゃ!

どいつも、知った風なことをぬかしおって!

セイヤー :

なんだ、お主、まだわしの話を聞こうというのか?

だったら、存分にアラガーナの黄金時代の話をしてやろう!

セイヤー :

……あの頃は、いくら働いても足りないほどに忙しかったもんだ。

だが、石を切りだすほどに、家族も村も潤っていったから、やりがいがあるというものだった。

セイヤー :

だから、石切場を寝床にして、寝ても覚めても働いた。

どんなに辛くとも、ノミと槌で音頭を取って「石切歌」を歌えば、不思議と力が湧いてきてなぁ……。

セイヤー :

懐かしいもんじゃ……あの歌を歌うと……。

んんっ……石切歌……!?

セイヤー :

そうか、石切歌だ!

これで、村人の冷え切った心にも火を点けられるに違いない!

カッカッカッ、お主、わしの名案を聞くがいい!

f:id:thirtyfive:20170620001355p:plain

 

また何か思いついたようです。意外と続くなこのクエスト…

今回は以上です。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0ギラバニア山岳地帯の風脈クエスト(4/5)「石切り場を取り戻せ」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「石切の歌」