さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「オサード小大陸にて」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「」のセリフ集です。

帝国軍は今まで放置していた海賊衆にもついに侵略の手を伸ばし始めたようです。

コウジン族の「赤甲羅」は帝国軍に加担しているようです。

バツが悪くなって逃げてしまったソロバンを発見しました。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「海賊衆の苦境」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「砦に集いし無頼漢」

 

 

クエスト受注

ソロバンに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170621135607p:plain

 

ソロバン :

さぁて、はりきって出航の準備をするよぉ~!

また結構な距離を移動するから、ここらでやりたいことがあったら、すませてきてねぇ~。

ソロバン :

ついでに、海賊衆に一声かけてきてくれると助かるなぁ~。

支度がおわったら、船の前に集合だよぉ~!

 

海賊衆の雑兵と話す 

 

海賊衆の雑兵 :

あれ、あんたはさっきの……。

もしかして、もう出航すんのかい?

海賊衆の雑兵 :

帆別銭は受け取ってるってことだし、構わないぜ。

その前に、よろず屋でも何でも利用して、金を落としていってくれると助かるけどな!

 

 ソロバンと話す

 

f:id:thirtyfive:20170621140124p:plain

 

ゴウセツ :

いざ、出航でござる!

皆、待っておれよ……!

アリゼー :

あちらの情勢も掴みきれていないし、気を引き締めていきましょう。

リセ :

これでやっと、大陸側に渡れるね。

……がんばらないと。

 

 ソロバンに話しかけてクエストを進めます。

ソロバン :

海賊衆に声をかけてきてくれたんだねぇ~!

ありがとう、これで準備は万全だぁ~。 やり残したことがないなら、そろそろ出航するけど、いい~?

 

f:id:thirtyfive:20170621140240p:plain

 ここではソロバンの口調を真似しないんだな…

 

ソロバン :

それじゃ、船を出すよぉ~!

目指すは海岸沿いにある漁村「イサリ村」だぁ~!

アリゼー :

ちょっと待って。

タンスイは、海岸付近の村にも粛清が及んでるって、言っていたわよね……?

アリゼー :

念のため、村に直接つけないで、少し離れた浜に降ろしてほしいんだけど……。

ソロバン :

がってんだぁ~!

さあさあ、みんな乗って乗ってぇ~!

 

ソロバンと再度話す 

 

f:id:thirtyfive:20170621140511p:plain

 

リセ :

この距離は、さすがに泳いだら大変だったね……。

ソロバンがいてくれてよかったよ。

アリゼー :

地図は見てみた?

海ばかりで現在地を見失いやすいから、確認しておくといいわ。

ゴウセツ :

ついに、オサード小大陸に戻って参ったか……。

 

 ソロバンに話しかけてクエストを進めます。

 

ソロバン :

はい、とうちゃ~く。

船旅、おつかれさまでしたぁ~!

ソロバン :

ご要望どおり、「イサリ村」の近くにつけたよぉ~。

これで、オイラとアンタたちの取引も完了かなぁ~?

ゴウセツ :

うむ、確かに大陸側まで渡してもらったでござる。

おぬしのような良き商人と出会えたこと、感謝いたそう!

ソロバン :

そう言われると、照れるなぁ~!

けど、オイラもいい取引ができて助かったよぉ~!

ソロバン :

アンタたちが、これからどうするか知らないけど、十分気をつけて行くんだよぉ~。

生きてたら、またごひいきにねぇ~!

リセ :

……いよいよ、ここから本格的に、ドマ解放にむけて活動開始だね。

アリゼー :

ええ……。

アラミゴのときとの一番の違いは、こちらの存在を、帝国には知られていないことよ。

アリゼー :

それが、少人数で活動する私たちの強味であり……正直に言って、ほとんど唯一の勝機でもある。

リセ :

慎重に様子を探りながら、ってことだね。

タンスイが言ってた、代理総督の粛清ってのも気になるな……ドマの人たち、無事だといいけれど……。

ゴウセツ :

であれば、まずは「イサリ村」の様子を見るべきでござる。

身は隠せよ……憎き帝国兵どもがおるようだ。

 

f:id:thirtyfive:20170621142233p:plain

アリゼー :

反乱の後とはいえ、警備が厳重すぎると思うのだけど。

ちょっと異様な雰囲気ね……。

ゴウセツ :

いや、拙者も長く離れてはおったが、恐らくこれは、常の状態ではござらん。

ふぅむ……一足遅かったのか、間に合ったのか……。

リセ :

ねえ見て、誰か来る……!

f:id:thirtyfive:20170621142314p:plain

ゴウセツ :

おお……おお……!

見間違うものか、奴こそドマの大敵!

 主の仇!

祖国を売り飛ばした代理総督、ヨツユでござる!

リセ :

じゃあ、あれが、先の反乱で帝国の手引きをしたっていう……ドマ代理総督、ヨツユ……!

それに、うしろに控えてる奴って……。

ヨツユ :

ああ……すみずみまで貧乏がしみこんでるねぇ。

まったく、まさしくドマの村だ。

おかげで酔いも醒めて、気分が悪くなってきたよ……。

ヨツユ :

なぁに、そんなに怯えないで?

考えてもごらんなさい、これまで25年間、ドマは帝国の属州として生かされてきたんだ。

ヨツユ :

嵐が過ぎれば、逆らわなければ、きっとまた……のうのうと……生きていけるよ。

ヨツユ :

そのために、あたしはお前さんたちの忠誠を問いにきた。

どうすればいいかは、餓鬼でもわかるだろう?

……だというのに。

ヨツユ :

今朝、海を見張っていたコウジン族が、こいつを捕まえたんだ。

……この村の住民で間違いないね?

クガネにでも逃げようと思ったのかい?

ヨツユ :

はぁ……馬鹿は庇いきれないねぇ……。

ほかのお利口さんたちは、こうならないでおくれよ。

それで……言うべきことは?

イサリ村の青年 :

お、お、おらは……て、帝国に忠誠を誓う……!

命令には決して背かねぇ……!

ヨツユ :

いいねぇ、よくできました。

それじゃあ……その言葉の証を立ててもらおうか。

ヨツユ :

あれを殺しな。

逃げ出そうとするなんて、帝国に後ろ暗いものがある証拠。

忠誠を誓うなら……できるだろう?

イサリ村の青年 :

おらには……家族が……!

すまねぇ……本当に、すまねぇ……!

f:id:thirtyfive:20170621142330p:plain

ヨツユ :

アッハ!

 最高!

あたし、お前さんみたいな人は好きよ!

ヨツユ :

じゃあ次……そこの老いぼれどもを殺しなさい。

労働力にもならない連中は、帝国に不要でしょう?

イサリ村の青年 :

そ、そんな……!

おらの、おっとうと、おっかあだ!

できるわけがねぇ……どうか、それだけは……!

 

f:id:thirtyfive:20170621141310p:plain

今回は「行こう、ゴウセツ!」を選びました。

 

アリゼー :

待ちなさい!

あなたたちがどれほど強くても、あんな至近距離で人質を取られてたら、ろくに動けないわ……!

アリゼー :

下手に決着がつかなければ、帝国軍の警戒を煽って、不意を衝いての解放運動が難しくなる。

ドマの民だって、どんな制裁を受けることになるか……!

ゴウセツ :

止めてくれるな……ッ!

拙者は、今すぐ、あの狼藉をやめさせねばならぬ!

ゴウセツ :

今は落武者なれども、拙者はドマの侍大将……。

奴らに姿を晒し、あえて囚われれば、尋問にもかけられよう。

おぬしらは、その隙に策を成せぃ!

リセ :

そんな……あんなヤツ相手じゃ、命の保証がない!

あなたの目的はドマの奪還なのに、こんなところで死んでもいいっていうの!f?

ゴウセツ :

そのときは、それが拙者の役目であっただけのこと。

天命が尽きるまでは、決して死なんッ!

何より拙者、こう見えて、捕まるのには慣れているでござる!

リセ :

クガネでのこと……?

でも、それとこれとは……!

仲間が死ぬかもしれないのを、みすみす見逃せないよ!

アリゼー :

リセ……あの敗北のあとだもの、気持ちは痛いほどわかる。

でも、負けた私たちだからこそ、きっと今までよりも前を見なきゃいけないんだわ。

アリゼー :

今後もふまえて解決策を出すのは、少しばかり難題よ。

つらいと思うけど、時間稼ぎをお願い。

ただし、死ぬのは絶対回避すること……いいわね?

ゴウセツ :

承知つかまつった!

おぬしらは一旦ここを離れ、北東に見える塔を目指せ。

そこにいる連中とならば、奇策も浮かぶやも知れぬ。

ゴウセツ :

……では、行くでござる!

ヨツユ :

どいつもこいつも、本当に馬鹿だねぇ。

骨の髄まで、くだらないドマの精神にどっぷり……結局、生きなければ何もできないっていうのにね。

ゴウセツ :

いい加減にせぬか、ヨツユ……!

ヨツユ :

これはこれは……随分と大物がかかったようだ。

ゴウセツ :

その者らに、これ以上の狼藉は許さぬ!

拙者の身柄で手を引け。

さもなくば、ここで千人斬りの刀を抜こうぞ!

ヨツユ :

……捕まえな。

そこの酒場ででも、話を聞かせてもらおうじゃないか。

 

アリゼーと話す

f:id:thirtyfive:20170621142652p:plain

リセ :

[プレイヤー名]……行こう!

 

 アリゼー :

まずは、言われたとおりに、北東の島にある塔を目指す。

目立たないよう、散開して島に渡って、 ここから一番近い岸で再集合よ。

 

アリゼーと合流

f:id:thirtyfive:20170621143045p:plain

リセ :

こういうときこそ、焦っちゃだめだ……。

ラールガーズリーチじゃ、それで何もできなかった。 深呼吸……深呼吸……。

 

 アリゼーに話しかけてクエストを進めます。

 

f:id:thirtyfive:20170621143338p:plain

アリゼー :

無事でよかった。

帝国兵にも……見つかっていないようね。

リセ :

あの塔に、何があるのかな……。

そこにいる人たちと協力してみろって、ゴウセツは言ってたけど……。

アリゼー :

地図によると、ここは「オノコロ島」……あの塔は「アメノミハシラ」というらしいわ。

アリゼー :

……今だけは少し、アルフィノの得意げな薀蓄が聞きたいかも。

私たちじゃ、とにかく行ってみるしか…………

f:id:thirtyfive:20170621143423p:plain

アリゼー :

あら、あれは?

リセ :

矢が刺さってるね。

まだ倒したばっかりって感じだ。

リセ :

この先にいるのが、戦える仲間……ってことだったら、ありがたいね。

塔を目指して行ってみよう!

リセ :

………………ゴウゥゥ?

アリゼー :

や……違うわよ!

あいつを倒したのは、私たちじゃないからね……!?

リセ :

勘違いされて……るかな……だよね。

だったら……ッ!

アリゼー :

リセ、一緒に何体か引き付けて走るわよ!

[プレイヤー名]は、残った奴をお願いッ!

 

猛るギュウキを倒す

 

f:id:thirtyfive:20170621143516p:plain

 

リセと話す

f:id:thirtyfive:20170621143840p:plain

 アリゼー :

ふぅ……。

細剣での戦いも、大分しっくりくるようになったわ。

 

リセ :

よかった、そっちも片付いたんだね。

こんなところでやられたら、笑い話にもならないよ……。

それじゃあ、改めて塔を目指そう。 少なくとも、今の獣を倒せるくらいの猛者がいるんだ。 きっと突破口が見つかるよ!

 

 リセと再度話す

 

f:id:thirtyfive:20170621144104p:plain

アリゼー :

…………なるほどね。 

 

リセ :

ここが塔のたもと…… エーテライトもあるし、小さな集落みたいだね。

それにしても、掛かってる旗に見覚えがない?

確か、サカズキ島にもあったような……。

じゃあ、ここにいるのって……!

 

f:id:thirtyfive:20170621144144p:plain

 

 

「オサード小大陸にて」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「海賊衆の苦境」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「砦に集いし無頼漢」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.