さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「クガネで待ち受ける者」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「クガネで待ち受ける者」のセリフ集です。

一難ありましたがなんとか東方の港町クガネに到着しました。 

到着した先で待っていた者とは?

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「大洋を征く」 

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「黄金を生む港町」

 

 

クエスト受注 

f:id:thirtyfive:20170621024525p:plain

カルヴァラン :

ひとまず、目的地に到着できたことは喜ばしいですが、 船長としては、復路についても考えねばなりません。

 

アルフィノに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170621024637p:plain

クガネのアルフィノは、異国の街並みに感心しているようだ。

 

f:id:thirtyfive:20170621025802p:plain

アルフィノ :

さて、こうしてはるばる東方に辿りついたわけだが……悠長に観光をしているわけにはいかない。

さっそく、ドマ解放への足掛かりを探さなくては。

アリゼー :

ドマは、ここから内海を隔てた先にあるんだったっけ。

さっそく海を渡る方法を探す?

アルフィノ :

カルヴァラン殿。

私たちより先に、エオルゼアからドマに旅立った仲間がいます。

我々の通ってきた航路のほかにも、道があるものでしょうか?

カルヴァラン :

ふむ……。

現在の情勢下でドマを目指すとなれば、このクガネを経由することは、まず間違いないでしょう。

アルフィノ :

ならば、ドマへ渡る手段を探すとともに、この街でユウギリ殿やゴウセツ殿の足取りを追いたいところ。

彼らとの合流は、解放運動に加勢するために必須だからね。

アルフィノ :

問題は、どうやって彼らを捜すかだが……。

タタル :

情報収集なら、このタタルにお任せくださいでっす!

イシュガルドでの経験、ここで活かさずにおれまっせん!

タタル :

カルヴァランさん、この辺りに酒場はあるでっすか?

カルヴァラン :

酒場でしたら、すぐ側の大きな建物にありますよ。

f:id:thirtyfive:20170621025912p:plain

カルヴァラン :

クガネいちの酒場「潮風亭」……。

船旅を終えた者も、これから船出する者も、あの店で一服するというのが、この辺りの定番と言われています。

カルヴァラン :

さて、それでは我々は、この辺りで失礼しますよ。

水や食料の補給が終わり次第、取って返して、稼がなければなりませんのでね……。

アリゼー :

お得意の「スパイス交易」ってヤツかしら?

カルヴァラン :

ええ、わざわざ東方まで来て、手ぶらで帰る訳にはいきません。

経費に見合う積荷を積んだ獲物が、見つかるといいのですがね……。

では、みなさん……よい旅を……。

アルフィノ :

カルヴァラン船長、ありがとうございました。

ミゼリー号の航海に、海神リムレーンの加護がありますよう。

アルフィノ :

よし、我々も動くとしようか……。

タタル :

はいでっす!

 

f:id:thirtyfive:20170621025954p:plain

アルフィノ :

初めてイシュガルドを訪問したときも驚いたが……さすがは「ひんがしの国」、異国とはいえこうも文化が違うのか。

なんという鮮やかな街並みなのだ……。

f:id:thirtyfive:20170621030057p:plain

タタル :

フッフッフッ……異国だろうと何だろうと、酒場ですることと言えば決まってまっす。

さっそく、情報収集を……!

f:id:thirtyfive:20170621030151p:plain

????:

オォ~、これは失礼を……。

「暁の血盟」の方々とお見受けしマス。

みなさまを、お迎えに上がりマシタ。

アリゼー :

……そういう貴方は何者?

ハンコック :

オォ~、またもや失礼を……。

私の名は、ハンコック……東アルデナード商会の番頭デス。

会長のロロリトの名代として、みなさまを我が商館に招待しマス。

アルフィノ :

ロロリト会長だって!?

……東アルデナード商会といえば、東方交易で財を成した商会、取引先であるクガネに、手の者がいるのも不思議ではないが……。

アルフィノ :

そうは言っても、東の果てに来てまで、ウルダハの商人に歓迎される理由はないと思うが?

ハンコック :

オォ~、これはまた随分と回りくどい言い方デスネェ。

ハンコック :

クリスタルブレイブの一件が、未だに尾を引いておられるのデ?

また、我が会長に利用されるのではないかと、お疑いのようデス。

アルフィノ :

なっ……。

失礼だが、不躾な物言いすぎだろう……!

ハンコック :

オォ~、もしや気に障りましたか?

ハンコック :

失敬、失敬……事を素早く正確にというウルダハ人気質……この国でも嫌われがちな、私の悪癖なのデス……。

ハンコック :

ともかく、我らが商館に移動しましょう。

ここで話し込むのは、あまりに無防備すぎデス……。

アルフィノ :

では、こちらも単刀直入に申し上げるが、完全に信用できぬ者の館に入るのも、無防備過ぎるように思える。

何故、我々を招待しようというのか確認させてもらいたい。

ハンコック :

フゥ~、さすが噂の神童、タフな交渉相手デ~ス。

いいデスか、ここクガネは鎖国を続けるひんがしの国で、唯一、異国に開港された貿易港デス。

ハンコック :

そのため、異国の商館が立ち並んでいるのデスが……この港街に用があるのは、商人だけではありマセン。

政や軍事に関わる者たちもやって来るのデス……。

ハンコック :

知っていますか?

ここクガネには、各国の大使館が置かれているコトを……もちろん、ガレマール帝国もネ……。

アリゼー :

……となると、この街には帝国人もいるのね。

当然、そこには間諜のたぐいも紛れ込んでいる……。

ハンコック :

そういうことデ~ス。

華やかな貿易港に見えて、クガネは政治と諜報の最前線……デスから、これ以上のことは我が商館にて……ネ。

アリゼー :

ま、わだかまりはあるんでしょうけど、ここは素直に、招待を受けましょう。

いいわね?

 

ハンコックと話す

f:id:thirtyfive:20170621025512p:plain

 

タタル :

ハンコックさん……油断ならない人みたいでっす……。

アルフィノ :

……すまない、東アルデナード商会とは、浅からぬ因縁があるだけに、少し冷静さを欠いてしまった。

でも、大丈夫……もう大丈夫だ。

アリゼー :

クリスタルブレイブを巡る騒動は、アルフィノにとって、よほど堪えたみたいね。

リセ :

この一見すると平和に見える酒場にも、帝国人の間諜が潜んでいるかもしれないってことか……。

 

 ハンコックに話しかけてクエストを進めます。

 

ハンコック :

おやおや、アナタは……もしや、[プレイヤー名]さんデスか?

ハンコック :

オォ~、やはりそうでしたか!

噂の英雄様とお会いできるとは、ワタシ、とても嬉しいデス!

以後、よしなにお願いしマ~ス!

ハンコック :

ではでは、我らがウルダハ商館への案内がてら、道中にある名所を、紹介させていただきましょう!

ハンコック :

みなさん、ワタシに付いてきてくださいネ!

 

 ハンコックと再度話す

f:id:thirtyfive:20170621030710p:plain

タタル :

むっ、あそこにあるのは茶屋でっすか……?

何やら情報の匂いを感じまっす!

リセ :

エーテライトの形も、なんだか違うみたい!

アリゼー :

当たり前のことだけれど、行き交う人の服装も、エオルゼアとはまったく異なるようね……。

アルフィノ :

装飾も興味深いな……。

 

 ハンコックに話しかけてクエスト完了です。 

f:id:thirtyfive:20170621031017p:plain

ハンコック :

ハ~イ、みなさん、ご注目!

こちらが「転魂塔広場」デ~ス!

ハンコック :

その名のとおり、転魂塔(てんこんとう)、すなわちエーテライトが据えられておりますネ。

アルフィノ :

どうやら、シャーレアン人が再現したものとは、また別の様式のように見えるが……我々も使えるのか?

ハンコック :

フ~ウ!

さすが神童、お目が高い!

ハンコック :

こちらのエーテライトは、東方地域に古くから存在する、「鬼師衆(おにししゅう)」という職人集団が造ったもの。

謎めいた彼らが、先祖伝来の秘術で製造、管理しているのだとか。

ハンコック :

構造的にはエオルゼアのものと変わりありませんから、交感さえすれば、問題なく使えますよ!

 f:id:thirtyfive:20170621030919p:plain

 

「クガネで待ち受ける者」は以上です。

 

↓前のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「大洋を征く」 

 ↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「黄金を生む港町」