さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「水をかきわけて」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「水をかきわけて」のセリフ集です。

紅玉海を渡る手段を確保し、ゴウセツと合流しました。

ついに紅玉海に進出です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「再会と旅立ち」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「海賊衆の苦境」

 

 

クエスト受注

ソロバンに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170621125315p:plain

 

f:id:thirtyfive:20170621125348p:plain

紅玉台場のソロバンは、のんびり何かを考えているようだ。 

 

ソロバン :

さぁて、アンタたちを大陸側に送り届けるには、この紅玉海を横断しなきゃいけないんだけどぉ~……ちょっと準備がいるんだよねぇ~。

ソロバン :

紅玉海にはさぁ~、昔から「海賊衆」っていうヒトたちがいて、通行する船から略奪をしてるわけぇ~。

ソロバン :

ただし、通行料……「帆別銭」ってのを払えば大丈夫。

礼儀としきたりを守る奴には味方して、そうじゃない奴からは、容赦なく奪うのが海賊衆さぁ~!

ソロバン :

……ってなわけでぇ~、まずは、すぐ西の島にある「サカズキ島」まで、帆別銭を払いに行くよぉ~。

リセ :

ねえ、[プレイヤー名]!

すぐそこの島なら、泳いでいってみない?

小さな船に乗ってたから、体がバッキバキでさ……。

ソロバン :

あ~、それは気持ちよさそうだねぇ~!

うんうん、やってみるといいよぉ~。

ソロバン :

オイラは船を移動させなきゃならないから、泳がないヒトは乗せてってあげる。

……じゃ、西の島で合流ねぇ~。

 

なかなか無茶な提案だと思いますが、そこはリセらしさ、ということで…

 

リセと話す

f:id:thirtyfive:20170621125748p:plain

 リセ :

うん、大丈夫そうだね! たまにはこういうのも、戦いの前の、いい準備運動になりそう。 リセ : それじゃ、島まで一気に行っちゃおう!

 

ソロバンと話す

f:id:thirtyfive:20170621125914p:plain

 アリゼー :

私だって、泳いでもよかったんだけど……先の見えない旅なのに、いきなり全身ビショ濡れなのは……ね?

ゴウセツ :

おぬしは、泳ぎまで得意でござったか!

すすんで体を動かす、その心意気やよし!

リセ :

おつかれ!

付き合ってくれて、ありがとうね!

 

ソロバンに話しかけてクエストを進めます。

 

ソロバン :

あ、きたきたぁ~!

こっちも無事に、揃ってるよぉ~。

ソロバン :

それじゃあさっそく、海賊衆のところへ行こう。

いつもどおりなら、上の見張り台のとこに、副頭領の「タンスイ」ってヒトがいると思うんだぁ~。

 

タンスイを探す

f:id:thirtyfive:20170621130516p:plain

 

ゴウセツ :

ドマの民にとっても、海賊衆は身近な存在でござる。

賊ではあるが、紅玉海の治安の守り手でもあるゆえな。

アリゼー :

リムサ・ロミンサにも海賊はいたけれど、こっちの海賊は、どんなものかしらね。

リセ :

う……服は乾いてきたけど、ちょっとベタベタする……。

ソロバン :

そうそう、このヒトがタンスイだよぉ~。

 

タンスイに話しかけてクエスト完了です。

タンスイ :

ほぉ……ここらじゃ珍しいナリだ。

お前、名前は?

タンスイ :

……[プレイヤー名]御一行様、な。

俺は、タンスイ。

海賊衆の副頭領を務めさせてもらってる。

タンスイ :

ソロバンを連れてるなら、偶然ここに立ち寄ったってわけじゃねぇな?

……じゃ、筋を通してもらおうか。

f:id:thirtyfive:20170621130708p:plain

 

「水をかきわけて」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「再会と旅立ち」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「海賊衆の苦境」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.