さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「海賊衆の苦境」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「海賊衆の苦境」のセリフ集です。

ソロバン(カメ)の助けで紅玉海に出てきた冒険者たち。

紅玉海を牛耳る「海賊衆」に通行料を納めに行きます。

 

↓前のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「水をかきわけて」

↓次のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「オサード小大陸にて」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20170621131719p:plain

タンスイに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170621131847p:plain

 サカズキ島のタンスイは、冒険者を用心深く眺めている。

 

f:id:thirtyfive:20170621132310p:plain

タンスイ :

さて、帆別銭は何で支払っていく?

そのナリだと……ギルか?

構わないぜ、今じゃ外貨の方が重宝するんでな。

ソロバン :

支払いは、オイラからするよぉ~。

その分も含めて、取引させてもらったかんねぇ~。

ソロバン :

はい、今回の分。

これで大陸側まで渡らせてもらうよぉ~。

タンスイ :

……悪いが、この3倍はもらわねぇと、今の大シケの紅玉海は、安全に渡りきれんぞ。

ソロバン :

えぇ~!?

ちょっとちょっとぉ~、いつの間にそんな、相場が上がっちゃったのさぁ~!

タンスイ :

こっちだって、ンなみみっちぃ稼ぎ方はしたくねぇんだ。

……だが、クガネから来たんなら、わかるだろう?

タンスイ :

今の紅玉海は、誰も彼もが避けたがる、戦禍の裾野さ。

唯一入り込んでくる船も「アレ」とくれば、稼ぎはままならず、相場も上がる。

リセ :

「アレ」って……?

海賊衆の雑兵 :

おとりこみ中、すんません!

タンスイさん、連中の船が、また無断で入り込みやがりました!

海賊衆の雑兵 :

オレたちで止めにかかりましたが、聞く耳を持ちやしねぇ。

急いで応援に来てくだせぇ……!

タンスイ :

チッ……。

わかった、すぐいく!

タンスイ :

ソロバン……お前がノッたってことは、儲かる話なんだろ?

稼いだら、特上の魚介と酒をふるまいに来いよ。

……今回は、それでいい。

アリゼー :

商談は成立……ってことみたいだけど、何が起きたのか、ちょっと気になるわね……。

リセ :

ここが戦禍の裾野なら、情勢は知っておくべきじゃない?

ねえ、タンスイを追いかけて、様子を見てみようよ!

 

指定地点で見渡す

f:id:thirtyfive:20170621132715p:plain

 リセ :

あそこに見えるのが、タンスイ……かな?

アリゼー :

ゴウセツも、詳しい事情を知らないの?

ゴウセツ :

エオルゼアに赴くため、しばしこちらを離れてござったからな……。

ソロバン :

あぁ~、嫌な予感だぁ~。

 

指定地点に向かいます。

 

f:id:thirtyfive:20170621133656p:plain

タンスイ :

おい、お前ら。

うちの若いのを、随分邪険に扱ってくれたらしいな。

タンスイ :

こちとら海賊衆だ、煙たがるのはまあわかる。

だが、帆別銭をいただかねぇことには、この先の航海の安全は、約束できねぇぞ?

帝国軍の千人隊長 :

フン、そうもあからさまに虚勢を張られると、いっそ憐れみさえ覚えるな。

帝国軍の千人隊長 :

これまで貴様らに勝手を許していたのは、単に「小蝿は捨て置け」との命が下っていたからのこと。

帝国軍の千人隊長 :

しかし我らが代理総督殿は、海賊衆のことがお嫌いなようだ。

小舟一艘でも襲撃されれば、それが開戦の口火となること……貴様らも、よくわかっていよう?

海賊衆の雑兵 :

く、くっそぉ……!

タンスイ :

……それだけご自慢の後ろ盾をお持ちなら、小銭くらい、景気よく払ってもらいたいもんだがね。

帝国軍の千人隊長 :

その喧嘩を買ってやるほど暇ではない。

……行くぞ、船を出せ。

リセ :

帝国の横暴は、どこに行っても同じ……支配する者と、支配される者にしかならないんだ……。

タンスイ :

昔から、何かにつけて帆別銭を渋る連中だ。

好きこのんじゃいないものの、仲たがいをしたつもりも、なかったんだがな……。

タンスイ :

俺は、ひんがしの国の出だが、海賊衆にはドマ出身の奴も多い。

ドマの代理総督サマは、それが気に入らないらしいのさ。

タンスイ :

帝国の活動への干渉を禁ず、さもなくば敵とみなす……なんて、事実上の服従勧告を投げてきやがった。

おかげで俺らは、すっかりハリボテだ。

アリゼー :

コウジン族が帝国についていたのは?

彼らも脅されているの?

タンスイ :

あいつらは、勝ち馬に乗っただけさ。

もともと傭兵業も盛んな一族だし、抵抗はねぇんだろう。

タンスイ :

ま、そのあたりの事情は、ソロバンに聞くといい。

……って、野郎、バツが悪くて引っ込みやがったな。

リセ :

ねえ、あなたたちは、帝国のせいで困ってる。

ドマ出身の仲間だって、多いはずだよ。

それなのになぜ、帝国と戦おうとしないの?

タンスイ :

ははあ……さてはお前ら、ドマ反乱軍の残党と、その助っ人ってとこか。

タンスイ :

お前らも惨敗したクチだろうに、そそのかしてくれるなよ。

帝国軍との戦力差がわからねぇほど、俺らは素人じゃねぇ。

タンスイ :

それに、仲間はみんな、泣く泣く故郷と過去の因縁を捨てて、海賊衆に入ってるんだ。

国に報いず、報いられない……それが俺らさ。

タンスイ :

ま、このままだと、お飯の食い上げなのは事実だがな。

一矢報いて散るか、いっそ飼われて甘い蜜を吸わせてもらうか、うちの頭領も決めなきゃならねぇ。

タンスイ :

代理総督サマの粛清が、いよいよ海岸付近の村にも及んでるそうだしな。

ったく、これ見よがしに脅してくれたもんだぜ。

ゴウセツ :

なんと……!

あの女狐め、また悪行を重ねておったか!

ゴウセツ :

こうしてはおれん。

一刻も早く大陸側に渡り、村々の様子を確認せねば!

ソロバンをフン捕まえて、船を出すでござる!

タンスイ :

あいつらの帆別銭は受け取ってる。

好きにさせてやれ。

……俺も、一度報告に帰るぞ。

 

ゴウセツと話す

f:id:thirtyfive:20170621133736p:plain

 アリゼー :

……なるほど。

帝国の影響下にある土地は、こうしてもとの在り方を忘れ、無数にある「帝国属州」のひとつに成り下がるわけね。

リセ :

国に報いず、報いられない……それも生き方なんだろうけど……故郷を見捨てるなんて、アタシに

 

ゴウセツに話しかけてクエストを進めます。

 

ゴウセツ :

よぉし、さっそくソロバンを探すでござる!

ゴウセツ :

拙者の目と記憶が曇っていなければ、ソロバンと、帝国兵を護っていた連中とは、コウジン族の中でも、異なる部族であるように見受けられた。

ゴウセツ :

であれば、ソロバンに悪気があると決めるのは早計よ。

ほとぼりが冷めるまで、サカズキ島で待っているのかもしれぬ。

一度、戻ってみるでござる!

 

ソロバンを探す

f:id:thirtyfive:20170621134136p:plain

 リセ :

よかった、遠くに逃げちゃってたらどうしようかと……。

ゴウセツ :

ほれ、このとおり。

大当たりでござったな!

アリゼー :

ソロバンにもいろいろあるんでしょうけど、黙っていなくなるのはダメって言わないとね。

ギョドウの件もあったから……。

 

ソロバンに話しかけてクエスト完了です。

 

ソロバン :

ご、ごめんよぉ~。

あいつら「紅甲羅」のコウジン族に見つかると面倒だし、アンタたちも怒るかもって思ったら、つい……。

ソロバン :

オイラたちコウジン族にも、いろいろあるのさぁ~。

だけど、オイラはあいつらと違うんだ、本当だよぉ~。

ソロバン :

……アンタ、信じてくれるのかい?

へへへ、嬉しいなぁ、ありがとうよぉ~!

ソロバン :

アンタたちが信頼してくれるなら、きっちりバッチリ、船渡しの仕事を完遂するよぉ~!

さあ、大陸側を目指して、出航だぁ~!

f:id:thirtyfive:20170621134508p:plain

 

 「海賊衆の苦境」は以上です。

 

↓前のクエスト

  FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「水をかきわけて」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「オサード小大陸にて」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.