さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「打ち寄せる波瀾」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「打ち寄せる波瀾」のセリフ集です。

海賊衆の集まる砦、筋違砦での信頼を得るべく、いくつか人助けをしました。

さて次は?

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「御霊の出航」

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「あれもこれも糧」

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「船酔い海賊」

 

 

クエスト受注

ヒラセに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170622100108p:plain

 

 

f:id:thirtyfive:20170622100145p:plain

 筋違砦のヒラセは、冒険者の活躍を見ていたようだ。

ヒラセ :

お前、さっきからずいぶん活躍してるみたいだな。

腕も立つし、信頼できる働きぶり……それを見込んで、俺からも依頼をさせてくれ。

ヒラセ :

頼みたいのは「猛るトビザメ」の駆除さ。

奴ら、俺たちがちょーっと目を離した隙に、大事な食料である魚を、持っていっちまうんだ。

ヒラセ :

しかも、かなり獰猛でな……。

倒すのにも一苦労だから、手を貸してくれると助かる。

おびき寄せる餌として、そこの魚を使うといい。

ヒラセ :

何匹か駆除したら、東の浜辺で同じ任務にあたっている、うちの仲間に報告してくれ。

よろしく頼んだぞ!

 

また人助けイベントでした。

ラールガーズリーチでもこのパターンだったので、パッチ4.0のメインクエストはこのパターンあと何回かありそうです。

 

イベント後のヒラセのセリフ。

ヒラセ :

「猛るトビザメ」の駆除にあたってる仲間は、2人…… 片方は、いかにも生真面目そうな顔をしてやがるから、 終わったら探してみてくれ。

 

腐りかけた雑魚を入手

f:id:thirtyfive:20170622100434p:plain

 

指定地点に腐りかけた雑魚を使い猛るトビザメを討伐

f:id:thirtyfive:20170622101008p:plain

f:id:thirtyfive:20170622101044p:plain

 

生真面目な海賊と話す

f:id:thirtyfive:20170622101409p:plain

 

敵を倒したら救助します。

生真面目な海賊 :

あ、ああ……助かった……!

すみません、突然コウジン族に襲われて……!

生真面目な海賊 :

あの、オレのほかに、誰か助けませんでしたか!?

一緒にいた仲間が、先に連れていかれて……!

生真面目な海賊 :

そう、ですか……。

さっきのコウジン族は、オレたちに出身を聞いたんです。

ドマだと答えたら、ヨツユ様の命令で連行すると……。

生真面目な海賊 :

クソッ、あの女、ドマ人を根絶やしにする気か……ッ!?

オレ、お頭に報告しに戻ります。

助けてくださって、本当にありがとうございました!

 

アリゼーに報告

f:id:thirtyfive:20170622101850p:plain

リセ :

あっ、そっちも終わった?

……って、深刻な顔だね、何かあったの?

 

アリゼー :

ああ、[プレイヤー名]。

そちらもひと仕事してきたのかしら?

アリゼー :

こっちは、暴れまわってた海獣を討伐したわ。

リセは、喧嘩をふっかけてきた海賊衆の力自慢を、華麗に吹っ飛ばしてみせたみたい。

アリゼー :

帝国と戦う力があると証明するには、まだ足りないかもしれないけれど、まずは一目置かれ……って、何かあったの?

アリゼー :

コウジン族が、ドマ出身の海賊衆を拐った……!?

あのヨツユって奴、どれだけドマ人を虐げたいのよ……!

アリゼー :

私たちも、急いでラショウのところに向かいましょう。

そういう状況なら、彼もこちらの交渉に応じる…………アリゼー :

いえ、違うわね。

私たちと彼らで助けあえるかも、よ。

……行きましょう!

 

ラショウと話す

f:id:thirtyfive:20170622102041p:plain

タンスイ :

……ったく、やってくれたもんだ。

 

ラショウと話す

f:id:thirtyfive:20170622103458p:plain

タンスイ :

ああ、お前らか……。

いろいろと、働いてくれたらしいな。

すまねぇ、恩に着る。

タンスイ :

……で、こっちの事情はわかってるんだよな?

知ってて俺らのとこに来たんなら、そちらさんの申し出には察しがつくが。

アリゼー :

ええ、代理総督ヨツユの暴挙は、もはや海賊衆としても見過ごせないはずよ。

改めて……力を貸すから、手を組んでほしいの。

タンスイ :

……まったく、折が良すぎるってもんだろ。

さてはお前ら、綺麗なナリして疫病神の類か?

ラショウ :

タンスイ。

やめておけ、この件は彼女たちの差し金ではない。

それは、俺たち全員がわかっていることだろう。

ラショウ :

海賊衆に逃げ込んだドマ人を、連れ戻して、嬲り殺す……。

いかにも、あの代理総督が好みそうな暴虐だ。

ラショウ :

拐われた連中は、イサリ村に連行されている可能性が高い。

それで俺たちが仕掛ければ報復として皆殺し、動かなくとも、じわじわと壊滅に追い込む……という魂胆か。

ラショウ :

どのみち、ろくな選択肢はない。

だが、仲間を一手に失うくらいならば、しばし針の筵(むしろ)に坐して、挽回の兆しを待つ。

ラショウ :

……それが、海賊衆頭領としての返答だ。

リセ :

それは、拐われた仲間を見捨てるってことだよね。

リセ :

そんなことを一度でも許せば、あなたたちは、命より大事なものを失うかもしれない……本当に、それでいいの!?

アリゼー :

ねえ、ひとつだけ、交渉の材料がまだ残ってるの。

我ながら酷い思いつきというか、ちっとも楽じゃなくて、名案とは言い難い、泥臭いやつ。

アリゼー :

……巻き込んでも、いい?

 

f:id:thirtyfive:20170622102822p:plain

「何をいまさら!」を選んでおきます。

 

リセ :

あの人たちを、このままにしておくなんて、できないもんね。

どこの国でだって、帝国に虐げられる人を見捨てたくない……!

アタシも、何でもする!

アリゼー :

……ありがと。

アリゼー :

あなたたちの主張はよくわかったわ。

だったら、私たちが、挽回の兆しとやらを見せてあげる。

思わず立ち上がりたくなるような、とびっきりのをね。

アリゼー :

結局、そっちが危惧してるのって、イサリ村にいる兵に太刀打ちできるかどうかじゃなく、そのあと、ドマに控えてる帝国軍から報復を受けることでしょ?

アリゼー :

その不安を払拭するわ。

私たちは、あの村と仲間を救ったあとに、ドマそのものを解放する。

アリゼー :

そして今、それを成すだけの実力があると、示してみせる。

そうね……敵の戦力を削ぐって意味でも、ここらのコウジン族を、一手に引き受けるのなんてどう?

タンスイ :

コウジン族を?

 お前らだけで?

ハッ、馬鹿いってんじゃねぇ!

そんなこと…………。

アリゼー :

きっと思ってる以上に強いわよ?

とくに、この人は……。

馬鹿みたいな絵空事を、何度だって現実にしてきた。

アリゼー :

私たちの出す成果を見て、賭けてみたくなったら、イサリ村の奪還で応えてちょうだい。

東の海賊が、博打嫌いでないのならね。

タンスイ :

……どうするよ、頭領。

こうまで言われちゃ、尻込みしづらいぜ?

ラショウ :

……ならば、お手並み拝見といこう。

  

f:id:thirtyfive:20170622103118p:plain

 

「打ち寄せる波瀾」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「御霊の出航」

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「あれもこれも糧」

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「船酔い海賊」

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.