さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「碧甲羅と八百万の神」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「碧甲羅と八百万の神」のセリフ集です。

紅甲羅のコウジン族をおとなしくさせる為の手がかりを探して、碧甲羅のコウジン族の拠点「碧のタマミズ」にやってきました。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ああ美しき玉水」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「大海原に泳ぎ出せ!」

 

 

クエスト受注

ソロバンに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170622112547p:plain

 

f:id:thirtyfive:20170622112624p:plain

碧のタマミズのソロバンは、不思議そうにしている。

 

 

ソロバン :

それでぇ~、どうしてここまで来ちゃったのさぁ~?

波に足を取られちゃったぁ~?

ソロバン :

ほうほう、なるほどぉ~!

これは、重大な取引の予感がするぞぉ~!

ソロバン :

とりあえず、ついておいでよぉ~。

長老の「ブンチン」様を紹介するから、直接交渉するといいよぉ~。

 

イベント後のアリゼーとリセのセリフ。

アリゼー :

この坂の下が、集落の中心部みたいね。

いろいろと興味深いけど、まずはきちんと話をしなくちゃ。

リセ :

ま、また、お辞儀した方がいいかな!?

碧甲羅式の作法とか、あるのかな……!?

 

ブンチンと話す

 

f:id:thirtyfive:20170622113351p:plain

 ソロバン :

こちらにおわすのが、名前に触れるとすぐ怒る、 我らが長老「ブンチン」様だよぉ~。

 

ブンチン :

フォフォフォ……。

歓迎しますぞぉ~、お客人方。

ソロバンが、良い取引をさせていただいたそうで……。

アリゼー :

はじめまして、碧甲羅の長老さん。

さっそくだけど、相談に乗ってもらいたいことがあるの。

ブンチン :

なるほど、なるほどぉ~。

帝国軍に与するコウジン族……つまり紅甲羅の連中を、しばし大人しくさせておきたいということですなぁ~。

リセ :

彼らとあなたたちは、あまり仲が良くないって聞いてるけど、一応は同族……なんだよね?

こんな相談、やっぱり嫌かな……?

ブンチン :

ふぅ~む……。

遠路はるばる、海底まで来てくださったことじゃぁ~。

ワシらコウジン族のことを、少しお話ししましょう。

ブンチン :

ワシらは、この世の森羅万象を織り成す、八百万の神を祀っておりますのじゃぁ~。

ブンチン :

神々は、この世におわす際、然るべき「物」に宿られる……。

古き物、逸品と呼ばれる物、いわくのついた物などが、特に好まれると言われておりますなぁ~。

ブンチン :

コウジン族は、そういった神の宿りし物、あるいはそれにふさわしき宝を集めることで、代々繁栄して参りました……。

ブンチン :

しかし、一大勢力を誇るガレマール帝国を敵にしては、宝物を探すにしても、元手となる金銭を稼ぐにしても、あまりに厄介でございましょう?

ブンチン :

そこで、紅甲羅の連中は、早々に帝国軍と組むことを選んだのじゃぁ~。

ソロバン :

でもさぁ~、ガレマール帝国ってのは、どんな神様も認めちゃいないんだってねぇ~。

ソロバン :

だから、紅甲羅たちは、神様のことを隠して、単にお金を稼ぎたいフリをしてるんだってさぁ~。

ソロバン :

そこんとこ、オイラはどうかと思うんだよなぁ~。

神様を大事にするため、やってることのはずなのに、本末転倒っていうかさぁ~?

ブンチン :

然り、まったくけしからんことじゃぁ~。

バチのひとつも、あたるべきでしょう!

ブンチン :

もとより、ワシら碧甲羅は、武力ではなく縁(えにし)の力……すなわち交易や商売によって、宝物を集めんとしております。

ブンチン :

されど昨今の紅甲羅の振る舞いによって、縁は断たれ、得るべきものが得られなくなっている……。

ワシらも、そろそろ御冠ですぞぉ~!

アリゼー :

それじゃあ、協力してもらえると思っていいのかしら……?

ブンチン :

ええ、もちろんですともぉ~。

紅甲羅の奴らの首を、ひゅひゅっと引っ込める方法を、教えてしんぜましょう。

ブンチン :

ただし、ワシらの秘蔵中の秘蔵を、明かすことになります。

ゆえに、互いを信頼の糸で結ぶためにも、先にひとつ、取引をしていただけませんかなぁ~?

ソロバン :

おっ、さっすが長老ぉ~!

うまいこと言って、ガッポリ稼ぐ算段だぁ~?

ブンチン :

フォフォフォ……。

ソロバン、それは口に出してはならんぞぉ~。

ともかく、例の件について、お客人方にご案内するのじゃぁ~。

ソロバン :

がってんだぁ~!

リセ :

な、なんかちょっと不安だけど、ここはやるしかない……のかな?

 

イベント後のNPCとの会話。

 

アリゼー :

八百万の神が、物に宿る……。

エオルゼアの十二神信仰とは、まったく別の体系なのね。

リセ :

例の件って、いったいなんなんだろう……。

ブンチン :

よい取引ができますこと、楽しみにしておりますぞぉ~。

 

ソロバンと話す

 

ソロバン :

そいじゃ、今回の取引内容を説明するねぇ~。

オイラたちは、「ヤサカニノマガタマ」って宝物を、探してるんだぁ~。

ソロバン :

そのマガタマは、コウジン族にとって伝説的な宝でさぁ~。

最近まで、ひんがしの国の国主が抱え込んでたんだけど、帝国にゴマをするため、献上されるってわかってねぇ~。

ソロバン :

いてもたってもいられなかった紅甲羅の連中は、マガタマを載せた船を襲撃……だけど不幸が重なって、マガタマは海中に消えちゃったのさぁ~。

ソロバン :

オイラたちは、それを回収したい。

けど、紅甲羅と鉢合わせたら、面倒くさい。

だから、アンタたちにそれをお願いしたいなぁ~って。

リセ :

つまり、海中で探し物をしろってこと?

で、できるかなぁ……。

ソロバン :

大丈夫、窒息しないように、おまじないをかけてあげるよぉ~。

ただ、おまじないには捧物が必要だから、まずは上の浜で、今から言う捧物を集めてきてねぇ~。

ソロバン :

「拳大の万年貝」と「よじれた紅珊瑚」、それから、ウンキウから手に入る「無傷の大カブト」だよぉ~。

アリゼー :

そういうことなら、手分けして集めましょうか。

私は貝を探すから、リセは珊瑚を。

[プレイヤー名]には、「無傷の大カブト」を頼んでいい?

 

いわゆるお使いクエストがきました。

しかしこれで海中に潜れるようになりそうなかんじですね。 

 

 

ウンキウを討伐し、まれに得られる無傷の大カブトを入手

f:id:thirtyfive:20170622122048p:plain

 

ソロバンに無傷の大カブトを渡す 

ソロバン :

どうかなぁ~?

「無傷の大カブト」は手に入ったぁ~?

ソロバン :

確かに確かにぃ~!

ピッカピカな大カブトだねぇ~。

これなら、立派な捧物になるよぉ~。

リセ :

お待たせ!

よじれた紅珊瑚、とってきたよ!

アリゼー :

拳大の万年貝も、これでいいかしら?

大きさの基準は、私の拳なんだけど……。

ソロバン :

うんうん、どれもバッチリだよぉ~。

これを海におわす諸々の神様に捧げてぇ~、アンタたちを海に迎えてくださいって、お願いするんだぁ~。

ソロバン :

そしたら水中でも自由自在に過ごせるようになるから、「ヤサカニノマガタマ」探し、頼んだよぉ~!

アリゼー :

それなんだけど……マガタマって、私たちが持ち運べる大きさなのよね?

この広い海から探し出すなんて、可能なの?

ソロバン :

そりゃ、難しいけどさぁ~。

探してもらいたい場所は、それなりに絞られてるんだぁ~。

ソロバン :

この集落の周辺は、すでにオイラたちが捜索ずみ。

なもんで、あるとしたら、西側の海底なのさぁ~。

ソロバン :

そっちの海に関しては、「スイの里」のヒトが詳しいだろうから、海に出たら、まずそこを目指すといいよぉ~。

リセ :

人……?

海底に、人の集落があるの!?

ソロバン :

そうだよぉ~、特別なアウラ族のヒトたちがいるんだぁ~。

詳しくは、仕切り役の「シオサイ」さんを探して、聞いてみるといいんじゃないかなぁ~。

ソロバン :

……ま、そういうことでぇ~!

うちの集落にほかの用事があるなら、おまじないをかける前に、すませてきてねぇ~。

 

f:id:thirtyfive:20170622122733p:plain

 

 

「碧甲羅と八百万の神」は以上です。

 

↓前のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ああ美しき玉水」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「大海原に泳ぎ出せ!」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.