さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「秘色に暮らす民」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「秘色に暮らす民」のセリフ集です。

碧甲羅のコウジン族からの依頼で「ヤサカニノマガタマ」を探すために、海底に住むアウラの村を訪れました。

 

↓前のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「大海原に泳ぎ出せ!」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「海底探索」

 

 

クエスト受注

リセに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170622134519p:plain

スイの里のリセは、ヤサカニノマガタマ探しを始めたいようだ。

 

アリゼー :

ほかにあてもないし、その人を探すしかなさそうね。

アリゼー :

ただ……さっきから、里の住民に睨まれてる気がするのよ。

余所者だから当然かもしれないけれど、少しだけ、気を引き締めて行きましょう。

 

シオサイと話す

 

f:id:thirtyfive:20170622134756p:plain

 アリゼー :

店があるってことは、規模はそれなりね。 仕切り役って、具体的には村長とかかしら?

 

f:id:thirtyfive:20170622134852p:plain

リセ :

こうも街並みが独特だと、偉い人のいる場所にも、 見当がつきにくいものだね……。

 

f:id:thirtyfive:20170622134933p:plain

リセ :

この人が、そうなのかな……?

シオサイ :

……お引き取りを。

見世物では、ございませぬゆえ。

リセ :

いきなり、ごめんなさい。

アタシはリセ……それに、アリゼーと[プレイヤー名]だよ。

リセ :

アタシたちは、スイの里の仕切り役をしている、「シオサイ」さんを探してるんだけど……あなたでよかったかな?

シオサイ :

……そのおっしゃりようだと、碧甲羅の紹介ですか。

シオサイ :

仕切り役などと名乗った覚えはございませぬが、「紫水宮」が宮司(みやつかさ)の、シオサイと申します。

リセ :

よかった……!

さっそくだけど、聞きたいことがあるんだ。

「ヤサカニノマガタマ」っていう宝物のことなんだけど……。

シオサイ :

失礼ですが、それ以上は口にせぬようお願いします。

シオサイ :

わたくしどもは、外から変化が持ち込まれることを望みませぬ。

余所の宝物を巡る騒動など、もってのほかでございます。

f:id:thirtyfive:20170622135457p:plain

イソベ :

キュッ、キュゥゥ~!

シオサイ :

……イソベ。

少々、静かにしていてください。

シオサイ :

ともかく、貴方がたのご要望には、お応えいたしかねます。

申し訳ございませぬが、疾く、お引き取りください。

アリゼー :

……ねえ、そもそもここはどういう集落なの?

私たちを拒絶するのにも、それなりの理由がありそうだけど?

シオサイ :

……ここ「スイの里」は、アウラ・スイの集落。

我らが紫水の君「紅玉姫」を中心として、一同、つつましやかに暮らしております。

シオサイ :

その起こりは古く、アウラ・レンが各地に散りはじめた際、争いを避けんと海底に身を寄せた者が、そのまま定住し、独自の文化を発展させてきたとされています。

シオサイ :

歴史上、諸国と協力関係を結んでいたこともございますが、基本的には最低限の交わりにとどめるのが、わたくしどもの生き方……。

シオサイ :

特に、ドマが戦火に呑まれてから25年は、姫様のご指示により、外との関わりを極力断っているのです。

アリゼー :

極力、か……。

確かに、生活に必要なすべてのものを、この集落内だけでは、まかなえないでしょうからね。

アリゼー :

だったら、私たちも、例外として認めてもらえない?

里の不利益になるようなことはしないし、騒ぎ立てもしないから、ただ話を聞かせてほしいのよ。

シオサイ :

…………ご勘弁を。

ならぬことは、ならぬのです。

シオサイ :

荒事は望みませぬゆえ、貴方がたを叩きだすような真似はいたしませぬ。

個人的に声をかける者があれば、それも赦しましょう。

シオサイ :

しかし、里全体としては「否」なのです。

宮司たるわたくしが、進んで協力するなど到底できませぬ。

どうか、お引き取りを……。

アリゼー :

仕方ない……。

とりあえず、向こうへ行きましょうか。

 

アリゼーと話す

f:id:thirtyfive:20170622135544p:plain

 リセ :

知らない土地で拒絶されるのって、 何度経験しても、しんどいなぁ……。

塞いでなんていられないけど、さ。

 

アリゼー :

あっちでもこっちでも、協力を取りつけるだけのことが、こんなに難しいなんてね……。

アリゼー :

およそ25年、アラミゴ以上の長きにわたって、帝国の影響下におかれてきた土地に、変化をもたらす……覚悟してたつもりだけど、壁ばっかりだわ……。

アリゼー :

何か……何か手を考えないと……。

もう少しだけ無事でいてよね、ゴウセツ……。

f:id:thirtyfive:20170622135634p:plain

 

一方、イサリ村―

 

f:id:thirtyfive:20170622140535p:plain

ヨツユ :

いいかげん、この汚い酒場で、お前さんの相手をするのも、飽きたんだけどねぇ……。

ゴウセツ :

フッ……。

廓きっての女狐が、国を売って偉くなったものよ。

ヨツユ :

聞き飽きてるのよ、そういう負け惜しみは。

ゴウセツ :

では、ナエウリの忌み子と呼ぶか。

それとも、サシハイの寡婦と呼ぶか……。

こうして祖国を蹂躙し、おぬしの気は晴れたでござるか?

f:id:thirtyfive:20170622140609p:plain

ヨツユ :

そこまで調べてあるのなら、問うまでもないだろう?

ヨツユ :

あたしの腹は底なしの沼……満足にはまだ、ほど遠い……。

ヨツユ :

だから、もっともっと酷くしてあげる。

お前さんたちの泣き声と、哀れに地を這う醜態で、この耳と目を慰めておくれよ。

ヨツユ :

でも、お前さんは図太いからねぇ……。

うちの木偶の坊に殴らせてるより、亡き主君様の首を持ってきた方が、喜ぶかい?

ヨツユ :

アッハ!

 そう、ドマの殿君、カイエン様!

帝国に国を落とされ、総督に操られる仮初の将になっても、お前さんにとっちゃ、大事な主君様だったものねぇ!

ヨツユ :

25年前、せっかく命を見逃されたんだ……そのまま犬として飼われていればよかったものを、ここにきて反乱なんて企てた上、民を逃がして討ち死になんて!

ヨツユ :

ねえ、あの日、お前さんはどんな気分だったの?

主君を守れず、自分だけ生き延びて!

ヨツユ :

まあ、主君と国を守れなかったのは初めてじゃないか。

お前さん、25年前も帝国兵に負けて、牢に繋がれたんだもんねぇ……。

ヨツユ :

聞いた話じゃ、主君のもとに戻るため、帝国の兵役まで甘んじて受けたそうじゃないか。

まるで修羅の如き殺人剣だったって、今でも伝説よぉ?

ゴウセツ :

……いずれも事実にござる。

おぬし相手に、今さら問答するようなことではござらん。

ヨツユ :

やぁねぇ、そんなに睨まないでよ。

あたし、生きるために手段を選ばない人って好きよ?

……あたしとおそろいだからねぇ。

ヨツユ :

そのよしみで、交渉してやろうって言ってるんだ。

帝国の御上の方々がね、ドマの王たりえるものの身柄を、とっとと確保しろってうるさいのさ。

ヨツユ :

つまりは、カイエン様の息子……あんたと一緒に逃げてたはずの、ヒエン様のことをね。

死体の場所でも構わないから、白状しておくれよ。

ゴウセツ :

さぁて、のぉ。

おぬしの飼い犬が殴ってくるもので、すっかり忘れてしまったでござる。

f:id:thirtyfive:20170622140643p:plain

ヨツユ :

……続けな。

こんな仕事もうまくやれないんじゃ、今度は地の果てに左遷されるよ、木偶の棒。

グリーンワート :

うう……サセンはもう嫌だぁ……。

はやくエオルゼアに戻って、アイツに仕返ししてやりたいど……。

 

「秘色に暮らす民」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「大海原に泳ぎ出せ!」

 ↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「海底探索」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.