さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「勘定方の新天地」

FF14のパッチ4.0サブクエスト「勘定方の新天地」のセリフ集です。

風脈クエストの「漕ぎ出せ勘定方」の続きです。

偽物の東アルデナード商会の船乗りの裏が取れて、海賊衆と東アルデナード商会の橋渡しも出来ました。

海賊衆と東アルデナード商会の取引が始まる…のかな?

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0紅玉海の風脈クエスト(3/5)「漕ぎ出せ勘定方」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のセリフ集「勘定方の航路開拓」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20170623150943p:plain

 筋違砦のツキカゲは、新たな交渉に漕ぎ出したいようだ。

 

ツキカゲ :

[プレイヤー名]殿、力添えに感謝する。

東アルデナード商会のキキモ殿に、正式に取引を申し込むゆえ、その繋ぎを引き続き、任せたいんじゃ……。

ツキカゲ :

いかんせん、我ら海賊衆はクガネに出入りできんのでな。

まずは取引にあたって文をしたためるゆえ、階段上の勘定方の詰所まで、ご同行願いたい。

スズメ :

じゃあ、アタシは商材の用意をすすめとくかね。

[プレイヤー名]殿、なんだか手間をかけるが、アタシからも、よろしく頼むよ!

 

ツキカゲと話す

f:id:thirtyfive:20170623151253p:plain

ツキカゲ :

ご足労願って、すまないな。

取引の諸条件を文に記しておいた……。

これを東アルデナード商会の「キキモ」殿に届けてくれ。

ツキカゲ :

仮に、先方が追加条件を提示してきたとしても、わしら海賊衆は、最大限に応じるつもりじゃ。

取引が実現するよう、どうか取りなしてくれよ!

 

クガネのキモモにキモモ宛の書状を渡す

キキモ :

[プレイヤー名]様。

また、お越しいただいたということは、良い報せを期待してもよろしいのでしょうか?

キキモ :

こうも早く話が進むとは!

[プレイヤー名]様、素晴らしい取引をご紹介いただき、ありがとうございます。

キキモ :

海賊衆との取引は、もちろん大歓迎です。

ツキカゲ様から提示していただいた条件も充分です。

このままの形で、取引を行うことを確約いたしましょう。

キキモ :

さらに、もうひとつ提案があります。

今回の商品に加えて、依頼する品をそろえていただければ、買い取り額を増額させていただきましょう。

キキモ :

必要なのは、主に紅玉海で産する贅沢品です。

帝国の海洋進出に伴い、海の治安が悪化した影響で、仕入れが難しくなり、困っているのですよ。

キキモ :

どうかお渡しした契約書を、「ツキカゲ」様にお届けください。

 

筋違砦のツキカゲに東アルデナード商会の契約書を渡す

f:id:thirtyfive:20170623151907p:plain

ハンサク :

[プレイヤー名]、親分と会ってくれて、ありがとよ!

おかげで、俺まで褒美をもらっちまった。

スズメ :

[プレイヤー名]殿、お帰りなさい。

東アルデナート商会の手ごたえは、どうだった?

 

ツキカゲ :

[プレイヤー名]殿、戻られたか。

それで、キキモ殿から良い回答は得られたか?

ツキカゲ :

なんと、言い値で買い取ってくれる上に、新たな取引まで!

これで、当面の財政難は回避できそうじゃ。

ツキカゲ :

[プレイヤー名]殿、大役を見事に果たしていただいた。

心から、感謝する。

ツキカゲ :

契約書に記されているのは、「万年亀の甲羅」に「大玉紅真珠」、それから「トビザメのヒレ」じゃな……。

スズメ :

どれもクガネでは、入手が困難な高級品ばかり。

さすがは、「えおるぜあ」随一の商会だけのことはある。

目の付け所がちがうねぇ。

ハンサク :

それじゃ、さっそく、オレがひとっぱしりして、依頼の品々を調達してきますよ、親分!

ツキカゲ :

ハンサクの申し出はありがたいが、手分けしたほうが早かろう。

「万年亀の甲羅」はわしが、スズメは「大玉紅真珠」を、ハンサクは「トビザメのヒレ」の調達を頼む。

ハンサク :

合点承知!!

「トビザメのヒレ」なら、沖之岩の海岸ですね。

さっそく、行ってきます!!

スズメ :

あーあ、調達数も確認せずに飛び出していっちまった。

ったく……相変らず、抜けてるヤツだな。

ありゃ、ハンサクじゃなくて、ヌケサクだ。

ツキカゲ :

そういってやるな、スズメよ。

ヤツは、前の船でひどい目にあい、必死で逃げ出してきた身。

ようやくめぐりあった仲間に認められたくて、必死なんじゃ。

スズメ :

海賊衆にいる連中なんて、みんなそんなモンでは?

アタシだって、今は、海賊衆が家族です。

ツキカゲ :

おおかた、昔の仲間との思わぬ再会に動揺して、いつも以上に、やる気がから回っておるんじゃろ……。

スズメ :

えっ!?

親分、それは、ハンサクが東アルデナード商会を騙っていた、あのゴロツキどもの仲間だったってことですか?

ツキカゲ :

ああ、ハンサクは、隠そうとしてるようじゃがな。

ヤツは、[プレイヤー名]殿を案内しなかったのではない。

できなかったんじゃ……。

ツキカゲ :

捨てた仲間と顔を合わせれば、ろくなことはない。

連中は帆別銭の支払いを拒んだゆえ、樽詰めして海に放り込んだ。

だが、生き延びて、報復にやってくる恐れはあるからな。

スズメ :

ハンサクが、下衆なゴロツキどもの仲間だったなんて……!

ツキカゲ :

スズメ?

どうかしたのか、顔色が悪いぞ?

スズメ :

い、いや、なんでもありません、親分。

ゴロツキどもの悪行に、胸くそ悪くなっただけです。

そ、そろそろ、アタシも「大玉紅真珠」を調達しにいきます!

ツキカゲ :

スズメは、どうしたんじゃ……?

ゴロツキどもは、もう海に流したことだし、ハンサクは過去を捨て、今や海賊衆の仲間じゃ。

ツキカゲ :

というわけで、飛び出したハンサクの助太刀が必要じゃ。

[プレイヤー名]殿、お願いできるか?

ツキカゲ :

後先考えず危険に飛び込むハンサクを見守りつつ、沖之岩の南東の海岸で、「トビザメのヒレ」をひとつ入手してくれ。

では、わしも依頼の品を調達に出るとする。

 

ハンサクと合流してトビザメのヒレを入手

f:id:thirtyfive:20170623152647p:plain

 

ハンサクを救助

ハンサク :

ひゃー、助かった。

[プレイヤー名]、ありがとよ!

でも、どうしてここに!?

ハンサク :

なるほど、親分が……。

話し途中で飛び出しちまうなんて、やっぱオレってダメだな。

頑張ったって、いつもうまくいかない……。

ハンサク :

でも、依頼の品はアンタが揃えてくれたんだろ?

だったら、急いで親分に届けようぜ!

オレは、先に戻ってるな!

 

ツキカゲにトビザメのヒレを渡す

ハンサク :

おお、待ちわびたぜ!

オレだけ手ぶらで戻ったから、肩身が狭くてね!

さあさあ、依頼の品を親分に手渡してくれ。

スズメ :

[プレイヤー名]殿に、しりぬぐいさせるとは……。

ハンサクの野郎……まったく使えないヤツだよ……。

 

ツキカゲ :

[プレイヤー名]殿、ご苦労だったのう。

事の次第は、ハンサクから聞いたが、いやはや何から何まで、かたじけない……。

ツキカゲ :

おお、これはまた立派なヒレじゃ!

おかげで、キキモ殿の期待を上回る品を納められよう。

ツキカゲ :

それでは、集めた品々を手土産代わりに、キキモ殿との打ち合わせを、お膳立てするとしようかの。

押収品の受け渡し方法などを、詰めてしまわねばならん。

スズメ :

それじゃあ、アタシは押収品を、船に運び入れる準備をしておくよ。

ツキカゲ :

おおスズメよ、気が利くな、頼んだぞ。

ツキカゲ :

……だが、やはり少し元気がないようじゃ……。

スズメに、いったい何があったんじゃ……?

ハンサク :

姉さん、珍しく、真珠の調達にも手こずってたようですぜ。

ところで親分、海賊衆はクガネには行けないってのに、どうやってキキモ殿と打ち合わせをするんで?

f:id:thirtyfive:20170623153216p:plain

 

「勘定方の新天地」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0紅玉海の風脈クエスト(3/5)「漕ぎ出せ勘定方」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のセリフ集「勘定方の航路開拓」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.