さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「幻の霊薬」

FF14のパッチ4.0サブクエスト「幻の霊薬」のセリフ集です。

風脈クエストから始まる紫水宮関連クエストの4番目です。

親友ヒスイを目覚めさせる手がかりを求めて旅立った紅玉姫は、オノコロ島で手がかりとなる伝承を発見しました。

得られた手がかりをもとに、碧のタマミズに向かいます。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「御伽草子の島」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「ヒスイとクレナイ」

 

 

クエスト受注

クレナイに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170623131151p:plain

スイの里のクレナイは、碧のタマミズへ向かうつもりのようだ。 

 

クレナイ :

それでは、向かうといたしましょうか。

碧甲羅の方々が住まう、碧のタマミズへと……!

クレナイ :

かの地は、スイの里とも交流があります。

私が御伽草子をいただいたのも、碧甲羅の行商の方からですし。

私自身は「碧のタマミズ」へ赴いたことはないのですけれど……。

クレナイ :

あなた様は、訪れたことがおありなのですね!

このたびも御案内のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

クレナイと合流

クレナイ :

こちらが碧のタマミズですね。

でも……どなたに、霊薬のことを伺えばよろしいのでしょう?

 

f:id:thirtyfive:20170623131631p:plain

「とりあえず、知り合いに」を選びます。これどっちも同じ奴だ。

 

クレナイ :

そうですね、まずは知っている方を探して、その方にご相談すればいいのですよね……!

クレナイ :

と、申しましても、知り合いと呼べるほどの相手は……。

子どものころ、御伽草子をいただいた行商の方が、ここにいらっしゃるとよいのですが。

クレナイ :

たしかお名前は、インバン様とおっしゃいましたかしら……。

御一緒に、探していただけますか?

 

クレナイと話す

f:id:thirtyfive:20170623131848p:plain

インバン :

これはこれは、珍しい客人じゃのぉ~。

ワシに御用ですかなぁ~?

 

 

クレナイ :

お会いしたのは、何年も前ですけれど……行商のインバン様は、たしかにこちらの方です!

インバン :

はてぇ~?

こちらのアウラ・スイの女性(にょしょう)は、どちら様じゃったかのぉ~?

 

f:id:thirtyfive:20170623131924p:plain

「クレナイの名に聞き覚えは?」を選びます。

 

インバン :

おぉ~……覚えとる覚えとる!

紫水宮に行商に行ったときの、あの小さな子どもかぁ~!

ヒトはすぐに姿が変わるからのぉ~、わからんかったわぁ~。

クレナイ :

おひさしぶりです……インバン様。

実は、あのとき贈っていただいた、御伽草子のことで、お聞きしたいことがあるのです。

インバン :

おぉ~、何でも聞くがえぇ~!

インバン :

ほぉ~、この娘さんの幼なじみを目覚めさせるためにのぉ~。

お前さんたち、殊勝な心持ちじゃなぁ~!

インバン :

ワシは古い本を集めるのが趣味なんじゃが……あの「目覚めの霊薬」は、ワシらの御先祖様が、実際に作っておった薬だと、何かに書いてあったのぉ~。

クレナイ :

本当でございますか!

では、その作り方も伝わっているのでしょうか?

インバン :

うむ、作り方ならワシの蔵書でわかるんじゃが……残念ながら……いまはもう、作れぬ薬なのじゃよぉ~。

クレナイ :

えっ……なぜでございます!?

インバン :

霊薬を作るには、魔力をたっぷり溜め込んだ、「トノサマユメミ」という幻の大貝の殻が必要なんじゃぁ~。

100年以上生きた、大物のユメミガイをそう呼ぶんじゃがのぉ~。

インバン :

そんな大物は、もう何十年も、誰も見ておらんのじゃよぉ~。

さりとて、次の大物が育つまで、100年待つわけにもいかんしのぉ~……。

クレナイ :

そんな…………!

 

f:id:thirtyfive:20170623132034p:plain

「あきらめるな」をえらびます。

 

クレナイ :

そうですね……簡単にあきらめてはいけませんね!

あなた様が、せっかく紫水宮を取り戻してくださったのに、私がここで立ち止まっては、いけません……!

インバン :

ふむ…………幻の大貝を探してみるというのかぁ~。

たしかに、ワシらが知らんだけで、どこかに大物が生き残っておらんともかぎらんしのぉ~。

インバン :

むかしは「カガミの仙窟」で、たくさん狩れたかのぉ~?

美味そうなコンブを撒き餌にして、おびき寄せたもんじゃぁ~。

クレナイ :

コンブが好物なのですね。

それでしたら、私もたくさん集められると思います……!

インバン :

うむ、それを持って「カガミの仙窟」へ行ってみるとえぇ~。

インバン :

そっちのお前さんは、腕が立ちそうじゃ~。

幻の「トノサマユメミ」が這い出てきたら、倒して、殻を頂戴してやってくれんかのぉ~?

クレナイ :

お願いしても、よろしいでしょうか……。

私は、撒き餌のコンブを集めて、「カガミの仙窟」でお待ちしております……!

 

クレナイと再度話す

f:id:thirtyfive:20170623132758p:plain

クレナイ :

美味しそうなコンブを、たくさん集めてきました……!

インバン様がおっしゃっていた場所は、この奥です。

こちらを撒き餌として、お使いください。

クレナイ :

「トノサマユメミ」はその長寿ゆえ、ほかの貝とは比べものにならないほど、魔力を溜め込んでいるとか。

好物につられて、出てくるとよいのですけれど……。

 

指定地点に昆布の撒き餌を使い、トノサマユメミから殻を入手

f:id:thirtyfive:20170623133047p:plain

f:id:thirtyfive:20170623133250p:plain

 

クレナイにトノサマユメミの殻を渡す

f:id:thirtyfive:20170623133419p:plain

インバン :

様子を見にきたんじゃが……どうじゃったかのぉ~?

好物に引き寄せられて、出てきたヤツはおったかのぉ~……。

 

クレナイ :

インバン様が心配して、様子を見にきてくださいました。

「トノサマユメミの殻」さえ手に入れば、ヒスイを目覚めさせる霊薬を、作っていただけるのですけど……。

クレナイ :

これが、「トノサマユメミの殻」……!?

まだ、生き残っていたのですね!

インバン :

おぉ~、そこらのユメミガイとは、比べものにならんほど、霊験あらたかな貝殻じゃぁ~!

まさか、幻のトノサマユメミを見つけるとはのぉ~!

インバン :

……むかし、ワシらが狩りまくったもんじゃから、もっと深い穴へ移り住んでおったのかもしれんのぉ~。

娘さんたちには、すまんことをしたのぉ~。

インバン :

せめてもの罪滅ぼしじゃ、ワシにそいつを預けてもらえるかのぉ~?

目覚めの霊薬を作って、スイの里へ届けてやろう。

ちょいと時間をもらうが、なに、効果はてきめんじゃろうてぇ~。

クレナイ :

いよいよ、ヒスイを目覚めさせることができるのですね。

どうか、よろしくお願いいたします……!

クレナイ :

あなた様には、何と御礼を申せばよいのでしょうか……。

それでは「スイの里」へ戻り、吉報を待つと致しましょう……!

 

クレナイと話す

クレナイ :

……目覚めの霊薬のことは、シオサイにも伝えました。

幻の大貝を見つけ、倒したあなた様のお力に、たいへん感銘を受けておりました。

クレナイ :

おかげさまで、あとはインバン様が、薬を届けてくださるのを、待つのみ……。

効きめは折り紙つきとのことですから、期待して待ちましょう。

クレナイ :

そして……ただの御案内にとどまらず、思いのほか大変な旅になってしまったこと、お詫び申し上げます。

クレナイ :

……思い返せば、あなた様との出会いが、まさに潮の変わり目でした。

私も宮殿の外に、いろいろな方が暮らしていることを知りました。

クレナイ :

いずれ私は紫水宮に戻り、「紅玉姫」として生きねばなりませんが、あなた様との旅の思い出を胸に、心穏やかに暮らしてゆけましょう。

クレナイ :

私が里におりますのは、ヒスイが眠りから覚めるまで。

残るは短い間ですが……もう少しだけ、おつきあいくださいまし。

f:id:thirtyfive:20170623134017p:plain

 

 

「幻の霊薬」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「御伽草子の島」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「ヒスイとクレナイ」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.