さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「紅玉姫の秘密」

FF14のパッチ4.0サブクエスト「紅玉姫の秘密」のセリフ集です。

風脈クエストの「紫水宮の姫君」の続きとなるクエストです。

妖異によって紫水宮にとらわれた紅玉姫を救出し、スイの里に戻ってきたところです。

紅玉姫はまだ目を覚まさず、クレナイからは秘密にしていた真実を告げようというところです。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0紅玉海の風脈クエスト(1/5)「紫水宮の姫君」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「御伽草子の島」

 

 

クエスト受注

クレナイに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170623121216p:plain

 スイの里はクレナイは、これまで秘めてきた真実を告げようとしている。

 

クレナイ :

先のお約束どおり、真実をお伝えしたいのですが、さて……どこからお話しするのがよいでしょうか。

クレナイ :

というのは、未だ昏々と眠りつづける、紫水宮のあるじ「紅玉姫」と関係することでもありますので……。

クレナイ :

姫の様子を、あなた様にも御覧いただきながら、お話しすることにしましょうか。

……どうぞ、あちらへ。

 

秘密ってなんだろう。

実はクレナイが紅玉姫だった!とかかな。

 

クレナイと話す

クレナイ :

シオサイに言って、「紅玉姫」を閨(ねや)から連れだします。

少々、お待ちを。

f:id:thirtyfive:20170623122159p:plain

クレナイ :

どうして、目を覚まさないの。

…………ヒスイ。

クレナイ :

失礼……あなた様に、真実を告げるとお約束したのでしたね。

あなた様にお会いしたとき、私が申し上げた「嘘」について。

クレナイ :

私は、紅玉姫の妹ではありません。

……いえ、もとより紅玉姫に妹はおりません。

クレナイ :

私こそが、当代の紅玉姫こと、クレナイでございます。

クレナイ :

目を覚まさぬ彼女の本当の名は、「ヒスイ」……私の大切な友。

なぜ、このようなことになったかと申しますと……シオサイ :

姫様……すべては、この身が負うべき咎。

それゆえ、わたくしの口からお話しさせていただきましょう。

先だっての非礼の償いも込めまして……。

シオサイ :

過日のこと、紫水宮にて災厄の原因となった秘儀を行うにあたり、我らは万が一へのそなえとして、ある安全策を講じました。

……それが、姫様の「身がわり」を立てること。

シオサイ :

その役を買って出たのが、ここに眠る……女官のヒスイでした。

ヒスイは姫様の幼なじみで、遠縁にもあたる高貴の血筋。

そのためか、顔かたちも姫様と見まがうほど……。

シオサイ :

かわりのきかぬ姫様の身を案じ、わたくしとヒスイが姫様を説得。

彼女が秘儀を代行したのです。

現れた妖異は、ヒスイに取り憑き……あとはご存じのとおり。

シオサイ :

もとより紫水宮への出入りを許された者はごく少数。

里の者の多くは、姫様のお顔すら知らぬほど。

逆に姫様が外へ出ることも、掟で禁じられているのですが……シオサイ :

禁を破り、姫様を連れだすために、わたくしがクレナイ様に、姫様の「妹」を名乗らせていたのです。

クレナイ :

「クレナイ」は、私の幼名。

亡き母上から、紅玉姫の名を継ぐまで、ヒスイとは、この名で呼びあっておりました……。

クレナイ :

物心ついたころから……いつも、ともにいて……喜びも、悲しみも、わかちあってきましたのに。

なのに、ヒスイ…………なぜ、目を覚ましてくれないの?

シオサイ :

すべては、わたくしが招いた結果にございます。

クレナイ :

あなたひとりが負うべき咎ではありません。

ヒスイを身がわりに立てたことが、期せず功を奏した……。

そのことが余計に、あなたを苦しめていたのでしょう?

クレナイ :

これが私の秘めていた真実です。

本来、里にいてはならぬ身ゆえ、自身の正体をいつわったのです。

……どうか、お赦しくださいまし。

クレナイ :

シオサイ。

私はこれから、スイの里の外へ参りたいと思います。

クレナイ :

紅玉姫の任を果たすため、私は宮中の全文書に通じておりますが、ヒスイの状態は、過去に類を見ないもの。

ゆえに、それを解く智慧を「外」に求めたいと思うのです。

シオサイ :

ならば、わたくしも……!

クレナイ :

シオサイは、里を護る仕事に専念なさい。

難事の収拾もつかぬいま、あなたまで里を離れることはなりません。

シオサイ :

……まことに恐縮ながら、貴方にお願いがございます。

姫様に随伴いただき、里の外の御案内役を頼めませぬでしょうか?

シオサイ :

おそらく……ヒスイはもう二度と、目を覚まさないでしょう。

身体は健在でも、消えた魂が戻ることはありませぬゆえ。

されど姫様は、手を尽くすまで、その事実を受け入れぬはず。

シオサイ :

姫様が過酷な現実を悟り、再び明日への歩みを始められるまで、しばし、貴方におつきあいいただきたいのです。

…………重ねて、お頼み申し上げます。

 

予想当たっちゃった。まあ話の流れでだいたい察しはつくのか。

 

クレナイと再度話す

f:id:thirtyfive:20170623122303p:plain

 

クレナイ :

えっ……あなた様が、里の外への御案内役を?

願ってもないお話です……!

クレナイ :

では、旅支度など整いましたら、あらためて私に、お声をおかけくださいまし。

ぜひとも、よろしくお願い申し上げます……!

 

f:id:thirtyfive:20170623122420p:plain

 

 

「紅玉姫の秘密」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0紅玉海の風脈クエスト(1/5)「紫水宮の姫君」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「御伽草子の島」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.