さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0紅玉海の風脈クエスト(3/5)「漕ぎ出せ勘定方」

FF14のパッチ4.0サブクエスト「漕ぎ出せ勘定方」セリフ集です。

風脈をとることができます。

メインクエスト「打ち寄せる波瀾」コンプリート後に発生することを確認。

風脈の泉交感情報のクエストで取れる物のうち、左から3つ目を取ることができます。

 

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「勘定方の新天地」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20170623143556p:plain

ハンサクに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170623143425p:plain

 筋違砦のハンサクは、誰かを探しているようだ。

ハンサク :

おや、その風貌……この辺の人じゃないね?

そうか……アンタが噂の「えおるぜあ」から来た異人か!?

ハンサク :

なあなあ、それじゃアンタ、「東アルデナート商会」ってのは、知ってるか?

「えおるぜあ」では有名な商会だと聞いたけど……。

ハンサク :

ななっ!

クガネの商館を仕切ってる番頭とも知り合いだって!?

うひょー、こりゃ親分が探してた人材にドンピシャだ!!

ハンサク :

ひとつ頼みがあるんだが……おっとっと、その前に、名乗っておかなきゃな。

オレはハンサク、アンタの名は?

ハンサク :

[プレイヤー名]か……頼みってのは簡単だ。

海賊衆の銭勘定を仕切ってる、勘定方のツキカゲ親分に、会ってみてほしいってだけさ。

ハンサク :

ホラ、帝国の圧力が強まってからこっち、ビビったクガネの連中が、海賊衆との取引をやめちまったからな。

親分は、新しい取引先を探してるってわけさ。

ハンサク :

オレは、いろいろあって、最近、海賊衆に入った新米なんだが、ここがツブれちまったら、もう行き先なんざ、あの世しかない。

だから、是が非でも海賊衆には立ち直ってほしくてな。

ハンサク :

おっと、オレの話なんざ、どうでもいいな。

「ツキカゲ」親分は、西にある小屋のあたりにいるはずさ。

オレは、訳ありでここを離れられないもんで、頼んだぜ!

 

ツキカゲと話す

f:id:thirtyfive:20170623143913p:plain

 

スズメ :

なんだい、何か用なら後にしておくれ。

見てのとおり、こっちは取り込み中なもんでね。

眼光鋭い船乗り :

見せ物じゃねーぞ!

散りやがれ!!

激怒する船乗り :

この縄をほどきやがれ!

でないと、後悔するのはそっちだぞ!

 

f:id:thirtyfive:20170623144701p:plain

 

ツキカゲ :

やいやい、紅玉海を取り仕切る、我ら海賊衆相手に、帆別銭の支払いを拒むとは、いい度胸じゃのう!

払えねぇってんなら、代わりに腕一本だしてもらおうか!?

激怒する船乗り :

ま、ま、待て、俺たちゃ東アルデナート商会の船だぞ!

さっさと俺たちを解放したほうが、お前たちの身のためだ!

俺たちから帆別銭を巻き上げりゃ、危うくなるのはそっちだぜ!

ツキカゲ :

ハン、しゃらくせぇ。

おい、スズメ、こいつらを牢にぶちこんどけ!

わしは、特大の肉斬り包丁を準備しとくからよ!

スズメ :

あいよ、親分。

スズメ :

おい、おめぇら、さっさと歩け!

ツキカゲ :

驚かしちまってすまねぇ、取り込み中だったもんでな。

で、異人のお前さんが、海賊衆に何用じゃ?

ツキカゲ :

ふむ、[プレイヤー名]殿は、東アルデナード商会の番頭と知り合いだというのか。

ハンサクの紹介で来てくれたと……いやはや、ありがたい。

スズメ :

親分、まさに渡りに船じゃないですか!

にしてもハンサクの野郎……御客人を案内もしないとは、根性叩き直さないとねぇ……。

f:id:thirtyfive:20170623144728p:plain

ツキカゲ :

部下のハンサクが無礼を働き、失礼した。

わしは海賊衆で、勘定方を取り仕切ってるツキカゲじゃ。

こっちは、右腕と頼りにしてるスズメ……。

ツキカゲ :

どうやら、ハンサクからも簡単に事情を聞いたようじゃが、まずは、あらためて海賊衆の窮状について、説明させてくれ。

ツキカゲ :

知ってのとおり、海賊衆は紅玉海を行き交う船から帆別銭を取り、その代わりに周辺の治安を護り、時に水先案内人を務めてきた。

ツキカゲ :

それは、ドマが帝国に占領されてからも続けてきたが、ヨツユが代理総督となってから、奴らは態度を一変させてな。

今まで見向きもしなかった紅玉海にも、手を出し始めたんじゃ。

スズメ :

帝国は、ひんがしの国の幕府を脅しあげ、クガネの商人に海賊衆との商いを禁じた。

その上、帆別銭の支払いも停止させやがったのさ。

ツキカゲ :

先刻の輩も、異国船だからと帆別銭を逃れようとしてたんじゃ。

むろん、そんな奴らの船は、拿捕して積荷をいただくだけだが、いかんせん略奪品をさばく先がない……。

ツキカゲ :

おかげで、今や品はあれど海賊衆の懐は大シケじゃ。

そこで、東アルデナード商会のような帝国の支配が及ばん商会と、取引できんかと考え、渡りをつけられる者を探してたんじゃ。

ツキカゲ :

[プレイヤー名]殿、手始めに、連中の言い分が真実か確認してもらえんか?

ツキカゲ :

スズメ、例の物を[プレイヤー名]殿に。

スズメ :

連中の話はどうせ嘘だろうけど、万が一にも本当だったら、東アルデナード商会と取引する計画が水の泡だからね。

ツキカゲ :

連中の船が掲げていた「緋色の船旗」と「積荷の目録」じゃ。

これを、クガネのウルダハ商館にいる、「東アルデナード商会の商人」に見せれば、真相を確認できよう。

 

クガネの東アルデナード商会の商人に預かった品々を見せる

f:id:thirtyfive:20170623145145p:plain

東アルデナード商会の商人 :

いらっしゃい、[プレイヤー名]さん。

本日は、どういったご用件でしょうか?

東アルデナード商会の商人 :

「緋色の船旗」に「積荷の目録」ですか……。

海賊衆に拿捕されたという件の船が、我が商会のものかを確認されたいのですね?

東アルデナード商会の商人 :

あいにく、私は商取引の担当で、わかりかねます。

商船については、仕入れ担当の手代「キキモ」が詳しいでしょう。

今は第一波止場に出ていますから、彼女にお尋ねください。

 

キキモに預かった品々を見せる

f:id:thirtyfive:20170623145354p:plain

キキモ :

おや、貴方は噂の[プレイヤー名]様では?

なるほど、海賊衆に拿捕された船の正体を確認したいと……?

では、お持ち頂いた船旗と目録を確認してみましょう。

キキモ :

そちらの予想どおり、件の船は我が商会とは無関係です。

確か、紅玉海の海賊衆に、拿捕されているのでしたね?

先方には「船乗りの処遇は、お好きなように」とお伝えください。

キキモ :

それにしても、惜しいですね……。

確認に来たのが客人である貴方でなければ、拿捕された船は、我が商会のものと偽って、積荷をまるっと頂くところでしたのに。

キキモ :

この目録を見る限り、商材としてなかなかの品がそろっています。

彼らが求める帆別銭を支払っても、おつりがくるほどですから、仕入担当としては、複雑な心境ですよ。

キキモ :

もしも、先方が押収した積荷の売り先をお探しでしたら、ぜひとも私にお声がけをと、伝えておいてくださいね。

 

筋違砦のツキカゲに預かった品々を見せる

f:id:thirtyfive:20170623145811p:plain

スズメ :

[プレイヤー名]殿、無事だったかい。

わざわざクガネまで使いを頼んじまって、すまないね。

 

f:id:thirtyfive:20170623145918p:plain

ツキカゲ :

[プレイヤー名]殿、戻ったか、手間かけたな。

ひとまず、託した品々を引き取るとしよう。

ツキカゲ :

やはり、連中の話は大ホラじゃったか……。

しかも、キキモという手代が積荷に興味を示していたと?

なんとここまで、話がうまく転がるとは!

ツキカゲ :

親分の狙いどおり、大物がエサに食いつきましたね!

ツキカゲ :

ああ、今回の件を依頼した甲斐があったというものじゃ!

[プレイヤー名]殿……改めて協力を依頼したい。

どうか、沈みゆく我ら海賊衆にお力を貸してほしい。

 

イベント後のスズメのセリフ。

スズメ :

[プレイヤー名]殿は、 遭難しかけた海賊衆を導く船頭だね。

 

f:id:thirtyfive:20170623145918p:plain

 

「漕ぎ出せ勘定方」は以上です。

 

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のサブクエスト「勘定方の新天地」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.