さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0のメインクエスト「静かなるヤンサ」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「静かなるヤンサ」のセリフ集です。

ゴウセツの救出も成功し、イサリ村も開放できて、紅玉海での立ち回りがひと段落しました。

ついにドマの本拠地に乗り出します。たぶん。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ひとときの凪」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ドマの民の今」

 

 

クエスト受注

ゴウセツに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170624125449p:plain

リセ :

いよいよ、ドマの中心地か……。

少し、緊張するね。

アリゼー :

地図によると、「ヤンサ」はここからさらに西……。

紅玉海に流れ込む巨大な川「無二江(むにこう)」の、流域付近を指しているわ。

 

 

f:id:thirtyfive:20170624125511p:plain

 イサリ村のゴウセツは、しみじみと嬉しそうな様子だ。

 

ゴウセツ :

世話をかけたな、[プレイヤー名]殿。

おかげで拙者も、ほかに尋問にかけられていた者らも、なんとか無事に解放されたでござる。

ゴウセツ :

海賊衆との協力なぞ、無理難題をふっかけたかと思ったものでござるが、ここまでしっかと手を組んでみせるとは……。

ゴウセツ :

まこと、あっぱれな御仁らよ!

かくなる上は、ドマ人として、誠心誠意この恩に報いねば。

再び旅の道連れとして、よろしく頼むでござるッ!

ゴウセツ :

……さて、海賊衆にもらった猶予を無駄にはできぬ。

さっそくだが、「ヤンサ」の地に向かうとしよう。

ゴウセツ :

かの地へは、ここより南西にある洞窟から入るのがよい。

いざいざ、参ろうではござらんか!

 

ヤンサへ向かう

同日 紅玉海沿岸

f:id:thirtyfive:20170624131208p:plain

紅甲羅の水兵大将 :

ひと休みしたら、すぐ行くぞォー。

運び出さねばならんものは、ほかにもあるんだからなァー。

紅甲羅の水兵大将 :

まったく、ヒトの侵入者におくれを取るとは……。

また攻め込まれてはたまらん、特に大事な宝物だけでも、しばし余所に移動せねば……。

ヨツユ :

あたしの頼んだ任務を放り出して、お出かけかい?

連絡もなしとは、つれないじゃないか。

紅甲羅の水兵大将 :

ヨ、ヨツユ殿ォー!

もうしわけない、一族の危機であったのだァー。

我らが拠点が、ヒトの襲撃を受けて……!

ヨツユ :

はぁ……海賊衆に、上手いことハメられたんだねぇ。

まったく、肝心なときに無能なんじゃ、何のための契約よ……。

ヨツユ :

おかげで、あたしまで仕事を果たせなかった。

あいつらを虐げて、身も心も引き裂いて……生き様すべてを踏みにじってから、殺してやるはずだったのに。

ヨツユ :

まあ、済んだことは仕方がない。

代理総督として、お前さんたちに、任務を果たせなかった罰を下そうじゃないか。

ヨツユ :

はぁ……ダメ……全然ダメ……。

こいつらなんかじゃ、嗤えもしないわ……。

ヨツユ :

当然よねぇ……不愉快だけど、恨んでないもの。

やっぱり、嬲るのはドマの連中でないと…………。

ヨツユ :

これは……紅甲羅の御神刀かい?

なるほど、妖刀と噂に聞くだけあって、業物じゃないか。

今回の失態は、これで清算できるかもねぇ。

グリーンワート :

ゼ、ゼノスさま、許してくれるか?

サセンは嫌だ……はやく戻って、あいつと戦いたいど……。

ヨツユ :

お前さん、そんなにあたしの下が嫌かい?

つくづく躾のなってない阿呆だねぇ。

ヨツユ :

「あいつ」っていうのが、どちら様だか知らないけどね。

望みを叶えたいなら、死ぬ気で働くもんさ。

……わかったら、この刀を持ってきな、木偶の坊。

 

ヤンサに入るとリセの回想が流れます。

f:id:thirtyfive:20170624131312p:plain

ドマの領地 ヤンサ

踏み入ったその場所は 静けさに包まれていた

けれど 巨大な魔導フィールドの向こう

隔離されたドマ城を見たときの気持ちは 今も忘れられない

命 尊厳 希望 あらゆるものを失った国

静寂を掻きわけて アタシたちは進んでいった

 

ゴウセツと話す

f:id:thirtyfive:20170624131554p:plain

アリゼー :

ここはもう、ヤンサの域内みたいね。

……もっと物々しいのを想像してただけに、意外だわ。

リセ :

なんでだろう……エオルゼアにも山道なんていくらでもあるけど、雰囲気がまったく違うね。

 

ゴウセツ :

さて……このあたりでよいか。

ゴウセツ :

皆、遠路はるばる、ようこそおいでくださった。

ここはヤンサ……先の説明どおり、祖国ドマの城郭が据えられた、国の中心地でござる。

アリゼー :

だとしたら……ねえ、ゴウセツ。

私たち、こんなに堂々と道を歩いていて大丈夫なの?

ゴウセツ :

うむ……。

拙者もエオルゼアに渡る前の状況しか知らぬが、伝えておくに越したことはなかろうな。

ゴウセツ :

1年前、ドマ反乱軍をほぼ壊滅させたゼノスは、代理総督の座にヨツユをつけ、この地を去った……。

ゴウセツ :

以降、ヨツユは気まぐれに各地へ出向き、過剰なまでの反乱分子狩りをはじめおった。

……これが「粛清」にござる。

ゴウセツ :

粛清がすんだ土地は、旧来の監視体制に戻ると聞く。

腹立たしい話ではあるが、海賊衆の言ったとおりであれば、ここらの監視はもう、さほど厳しくはなかろう。

ゴウセツ :

ちょうど、この先に「ナマイ村」という村がある。

行って、今の状況を確かめるでござる!

 

ゴウセツと再度話す

アリゼー :

いくら監視が緩くなっているはずとはいえ、いきなり村に飛び込むのはね……。

リセ :

ここから見るかぎりでは、のどかな村だけど……。

 

ゴウセツ :

よし、そろったな。

この坂の上にあるのが「ナマイ村」でござる。

ここでとれた米と、デカデカとした柿はうまいぞぅ!

ゴウセツ :

拙者も、反乱以降はろくに訪れておらぬが、ソレ、人の生活する気配がしおる。

あとは、帝国兵がおらねばよいのでござるが……。

f:id:thirtyfive:20170624132207p:plain

 

 

 「静かなるヤンサ」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ひとときの凪」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ドマの民の今」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.