さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ドマの民の今」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「ドマの民の今」のセリフ集です。

ドマ城のある地、ヤンサにやってきました。

今は帝国の監視体制はさほど厳しくないようですが、様子を見ながらドマの民が暮らす村に近づいていきます。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のメインクエスト「静かなるヤンサ」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「烈士庵の反乱軍」

 

 

クエスト受注

f:id:thirtyfive:20170624132710p:plain

ゴウセツに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170624132657p:plain

ナマイ村付近のゴウセツは、村の様子が知りたいようだ。

 

ゴウセツ :

では、もう少し村に近づいて、帝国兵がひそんでおらぬか、様子を見ようではないか。

[プレイヤー名]殿、おぬしも頼むぞ。

 

 イベント後のゴウセツのセリフ。

ゴウセツ :

故郷にありて忍ばねばならんとは、腹立たしいことよ……。

 

指定地点で見渡す

アリゼー :

少なくともここからは、帝国兵がいるようには見えないわね……。

ゴウセツ :

よぉし、ならば隠れる必要もござらん。

行って、直接話を聞くとしよう。

リセ :

アタシたちも、行ってみよう!

ゴウセツ :

頼もうッ!

ナマイ村の皆よ、健在でござるか。

この一帯の状況を教えてくれぃ!

ナマイ村の農婦 :

あれって、まさか侍大将の……!?

ナマイ村の農夫 :

間違いねぇ、ゴウセツ様だ……!

生きてたのか……!

ゴウセツ :

むう?

皆、どうしたでござるか。

そろいもそろって、化け物でも見たような顔しおって。

ゴウセツ :

……ははぁん、さては拙者、死んだと思われておったな?

あっはっは、確かに幾度か死にかけたが、ほれ、足もあれば透けてもおらん!

ナマイ村の農婦 :

どうしましょう、こんなところを帝国の人に見られたら……!

ナマイ村の農夫 :

まったくだ、今更なんのつもりで……。

ナマイ村の青年 :

あんた、どうしてここに……!

何してるんだよ!?

ゴウセツ :

なんだ小僧、村の者か?

どうしても何も、話を聞きに来ただけでござる。

警戒せずとも、化けて出たわけではござらん!

ナマイ村の青年 :

そういう話じゃなくて!

……あーもう、とにかくこっちに!

早く!

 

 

ナマイ村の青年と話す

リセ :

この子は味方……なのかな?

アリゼー :

村人の様子を見るかぎり、一度退いてきて正解ね。

ゴウセツ :

むむむ?

何をそんなに慌てているのでござるか?

 

ナマイ村の青年 :

あんたもこの人の連れだな!?

まったく、侍大将と異国人たちの一行なんて、帝国兵に見つかったらどうするつもりだったんだよ……!

ゴウセツ :

先程から、セコセコと気ぜわしい小僧よ。

ひとりで焦っておらんで、きちんと話をせぃ!

ゴウセツ :

まず、おぬしは何者だ!

拙者のことを、知っているのでござるか?

イッセ :

イッセだよ!

ナマイ村の!

しがない百姓の息子だから、あんたと面識はない。

けど、あんたが誰かなんて、俺じゃなくたって知ってるさ!

イッセ :

先代のカイエン様のころから仕える、侍大将ゴウセツ……帝国兵に「見つけ次第、即報告せよ」っていわれている、第一級のおたずねものだッ!

ゴウセツ :

あっはっは!

なんだ小僧、そんなことを案じておったのか!

ゴウセツ :

この身は帝国軍に刃を向けた修羅なれば、指名手配のひとつやふたつ、掛けられて当然でござろう。

ゴウセツ :

されど、ナマイ村からは、先の反乱の際にも、多くの勇士が名乗りでている。

拙者をつきだそうとする者など、おるものか!

イッセ :

その勇士は……みんな死んだ……!

彼らのおかげで、うちの村は、ひどい粛清にあったんだよ……!

イッセ :

苦しいなんてもんじゃなかった……。

人以下の扱いに耐えて、やっと生きることを許されて、最近になって少しずつ平穏が戻ってきたんだ。

イッセ :

もう誰も、戦いに関わりたくなんてない!

まだ反乱なんて考えてるなら、バカなことはよしてくれ。

俺たちは、静かに暮らしたいんだ……ッ!

ゴウセツ :

そういう己こそ、こうしてわざわざ人目を忍ばせるなぞ、拙者たちに気を使っておるではござらんか。

ううむ……わからん小僧よ……。

ゴウセツ :

だが、安易に顔を出せる状況ではござらんようだ。

しかれば、村での聞き込みは一旦あきらめて、ドマ反乱軍の拠点……「烈士庵」に参るとしよう。

ゴウセツ :

ここよりもっとも近い入口は、ナマイ村の北にある泉から、水路を行った先にある。

どれ、案内いたそう!

 

ゴウセツと話す

f:id:thirtyfive:20170624134055p:plain

アリゼー :

今回の旅は、どうにも水浸しね……。

 

ゴウセツ :

これが「烈士庵」に繋がる泉よ。

ささっ、遠慮なく飛び込むでござる!

ゴウセツ :

む、拙者が潜れるか案じておるのか?

なぁに、たいした距離ではござらん。

こんなものは、いつも気合よ!

 

ゴウセツと再度話す

f:id:thirtyfive:20170624134511p:plain

ドマ反乱軍の門兵 :

おお、あなたが件の……!

 

ゴウセツ :

ぜーはー……ぜーはー……。

ゴウセツ :

よ、よくぞ来た、この先が「烈士庵」でござる!

門番にも、すでに話は通してあるぞ。

f:id:thirtyfive:20170624134530p:plain

  

「ドマの民の今」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のメインクエスト「静かなるヤンサ」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「烈士庵の反乱軍」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.