さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「終わらぬ狼藉」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「終わらぬ狼藉」のセリフ集です。

ナマイ村の若者イッセの話を聞き、帝国軍がヤンサ地方でやってきたこと非道な行為が明らかになってきました。

ユウギリさんどうしましょう。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「声なき慟哭」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「カストルム・フルーミニスに躍る」

 

 

クエスト受注

ユウギリに話しかけてクエストを受注します。

 

リセ :

……これからどうするか、考えよう。

今のアタシたちにできることは、前にしかないんだから。

 

f:id:thirtyfive:20170625141130p:plain

ナマイ村のユウギリは、民の現状を受け止めたようだ。

 

ユウギリ :

[プレイヤー名]殿、こんな状況ではあるが……いや、こんな失意の底だからこそ、私はどんな形であれ、ドマの解放運動をすすめたいと思う。

ユウギリ :

ただ、今後の策については、皆と相談せねばなるまい。

一度、烈士庵に戻って…………ユウギリ :

ッ……この足音は!

[プレイヤー名]殿、リセ、今すぐ物陰に隠れるのだ!

 

指定地点で待機

ユウギリ :

[プレイヤー名]殿、私の後ろへ。

しばらく身をひそめていてくれ……!

リセ :

村の外から、誰か来る……?

 

f:id:thirtyfive:20170625142252p:plain

リセ :

あれは、帝国軍の……!

帝国軍の千人隊長 :

何を呆けている!

整列ッ、今すぐにだ!

帝国軍の千人隊長 :

…………よし。

今日は、貴様らに重要な通達がある。

心して聞くように。

帝国軍の千人隊長 :

先日、イサリ村にて、海賊衆による総督襲撃事件が発生した。

これは実にゆゆしき事態であり、ドマに駐屯する帝国軍をあげて、制裁を下さねばならない。

帝国軍の千人隊長 :

同じく皇帝陛下に忠誠を誓った貴様らも、当然、この戦に協力する義務がある。

帝国軍の千人隊長 :

フン、そう怯えるな。

貴様らごときを、前線に送ろうとは思っておらん。

帝国軍の千人隊長 :

これから指名する者は、我々に同行し、兵器の手入れに協力するように。

なに、終わればすぐに解放してやる。

ユウギリ :

連中に慈悲などあるものか……!

真の狙いは恐らく、海賊衆に同調して蜂起しそうな者を、隔離しておくことだろう。

帝国軍の千人隊長 :

最後は、お前だな。

……ひとまずは、これくらいで十分だろう。

イッセ :

……大丈夫、すぐ戻ってくるさ。

村のみんなの言うことを聞いて、いい子にしてるんだぞ。

帝国軍の千人隊長 :

では、本日の用件はこれまでだ。

くれぐれも、海賊衆のような愚かな企てはせんことだな。

連中は、今に血祭にあげられよう。

リセ :

こんなの嫌だよ、あの子たちを助けなきゃ!

連れて行かれて、酷い目にあうかもしれない……!

ユウギリ :

わかっている……絶対に、このままにしておくものか……!

だが、恐らくほかの村でも、同様の徴集が行われているはず。

だとすれば、集合場所までは泳がせるべきだ。

ユウギリ :

奴らを追いたい。

場合によっては、戦いになる可能性がある……。

貴殿の力を貸してもらえるだろうか?

ユウギリ :

リセ……貴殿は烈士庵に戻り、同志にこのことを伝えてほしい。

皆の力が必要になったら、すぐに要請する。

リセ :

そんな、アタシもユウギリたちと行くよ!

待機なんてしてらんないッ!

ユウギリ :

……貴殿の優しさ、痛み入る。

だが、今は極力少人数で追跡すべきだ。

どうか理解し、協力してほしい。

リセ :

…………ごめん、わかったよ。

目の前だけ見ててもダメだって、また忘れかけてた。

だけど、ピンチになったら、絶対呼んでね……!

 

ユウギリと話す

ユウギリ :

行こう、[プレイヤー名]殿。

連れていかれた村民たちは、決して蜂起などしまい……これは、帝国による故なき狼藉にほかならぬ!

ユウギリ :

彼らは、南の街道へと抜けたようだ。

急ぎ、追いかけねば……!

 

ユウギリと再度話す

ユウギリ :

待っていたぞ。

戦支度は整っている……貴殿にも、これを。

ユウギリ :

忍び道具のひとつ、催眠薬を塗りこんだ「吹き矢筒」だ。

ユウギリ :

一団は、ここからさらに南下をしたようだが、道中に見張りの兵を残している。

戦いを仕掛けてもいいが、今は極力、存在を知られたくない。

ユウギリ :

そこで、この「吹き矢筒」の出番というわけだ。

貴殿ほど戦闘に長けていれば、すぐに使いこなせよう。

試しに、こちらへ……。

 

ユウギリと再度話し、吹き矢で帝国兵を眠らせる

ユウギリ :

ここから、哨戒中の帝国兵が1人見える。

さっそく、渡した吹き矢で、眠らせてみてくれ。

 

 

f:id:thirtyfive:20170625142654p:plain

f:id:thirtyfive:20170625142852p:plain

なんか新しいゲーム出てきた!こういうミニゲームを使った演出は大歓迎ですね。

FFらしい感じがします。

 

ユウギリ :

すばらしい腕前だ。

その調子で、ほかの哨戒中の兵も眠らせてくれ。

狙いやすそうな位置を、地図に記しておこう。

ユウギリ :

私も、別方向から兵を眠らせつつ進もう。

のちほど、河を越えたあたりで合流だ!

 

指定地点で見渡し、吹き矢で帝国兵を眠らせる

哨戒中の帝国兵を眠らせた!

先に進んで、ユウギリと合流しよう。

 

ユウギリと話す

プレイヤー名]殿。

 

ユウギリ :

村から徴集された人々は、この先に連れ込まれたようだ。

カストルム・フルーミニス……かつては帝国軍が主要基地として使っていた場所だ。

ユウギリ :

しかし、もう10年以上前に、その役目をドマ城郭に譲り、今は物置同然のはずなのだが……。

ユウギリ :

ともかく、様子を探るためにも、門番たちを眠らせてしまおう。

もう一度、貴殿の腕前を披露してはくれぬか?

この丘の上からなら、十分に狙えよう。

 

指定地点で見渡し、吹き矢で帝国兵を眠らせる→ユウギリと話す

今度は敵兵が動いて倒れた仲間に気づいたりします。

だんだん某ステルスアクションゲームのニオイがしてきました。

 

ユウギリ :

門番たちを眠らせてくれたのだな!

それほどの腕前を見せつけられると、貴殿が里の忍びでないのが惜しくなるな……。

ユウギリ :

ともかく、これで基地に近づける。

さっそく、中の様子を窺ってみるとしよう。

 

ユウギリと再度話す

f:id:thirtyfive:20170625144305p:plain

監視役の十人隊長 :

任務、おつかれさまでした!

ほかの村から集められた住民は、すでに奥に。

作業についても通達済みです。

帝国軍の千人隊長 :

そうか……。

では、こいつらには私から伝えよう。

帝国軍の千人隊長 :

これより、貴様らを、対岸のメインタワーに転送する。

帝国軍の千人隊長 :

そこで、兵器の修繕、手入れに従事せよ。

すべて万全の状態にすれば、村に帰してやるぞ。

ナマイ村の農夫 :

あ、あそこには、多くの魔導兵器があるはず。

ただの農民にすぎない私たちに、そうそう直せるはずがない!

ナマイ村の農夫 :

それを全部だなんて……何年かかるかわかりません!

いや、本当に終わるかどうかすら……!

帝国軍の千人隊長 :

そもそも、あれらの兵器を壊したのは誰だ?

反乱だなんだと企ててきた、貴様らドマ人だろうが!

帝国軍の千人隊長 :

わかったら、粛々と働くことだな。

兵器が直らなければ、海賊衆ら野蛮な反乱分子から、貴様らの故郷を守ってやれないかもしれんぞ?

帝国軍の千人隊長 :

こいつらも、奥に連れていけ。

私は、ほかに大事な任務があるゆえ、城に戻る。

ユウギリ :

おのれ……あれはもはや約定とは呼べぬ!

いくらでも方便を利かせ、彼らを死ぬまで閉じ込めておけるではないか……!

ユウギリ :

村人たちがメインタワーに転送されれば、救出は困難となる。

多少無茶でも、今、彼らを助けたい……。

ユウギリ :

感謝する。

では、このまま救出作戦に移行しよう……!

 

 と話す

 

 

 

に話しかけてクエスト完了です。

 

 

 

 

「終わらぬ狼藉」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「声なき慟哭」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「カストルム・フルーミニスに躍る」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.