さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ユウギリの心」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「ユウギリの心」のセリフ集です。

帝国軍にさらわれたドマの村の人々を救出に来たものの、余計なことせんでくれと怒られてしまいました。

ユウギリの訴えに多少は民の心も動いたかもしれませんが、果たして…

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「カストルム・フルーミニスに躍る」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「互いの往く道」

 

 

クエスト受注

に話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170625151734p:plain

 カストルム・フルーミニスのユウギリは、深く考え込んでいるようだ。

ユウギリ :

………………。

ユウギリ :

ああ、呆けてしまって申し訳ない。

貴殿もやりきれない気持ちはあろうが、私に免じて、どうか彼らを許してやってはくれないか。

ユウギリ :

立ち上がれないという結果ばかりをみて、私はつい、本質を取り違えていたらしい。

ドマの皆は、きっとまだ……今も……。

ユウギリ :

ともかく、目的は達成だ。

あとは、痕跡を消して立ち去るのみ。

ユウギリ :

貴殿に、新たな忍び道具を渡そう。

「忘却粉」……しばし記憶を混濁させる秘薬だ。

ユウギリ :

眠らせた者を、適当な配置につかせてこの薬をかければ、目覚めたときには、見張り中にうたた寝した程度に思おう。

いずれは事実に気づこうが、一時を凌ぐには十分だ。

ユウギリ :

貴殿は、さきほど眠らせたばかりの2人に処置を。

それ以外の者は、私が受け持とう。

……では、終わったらまた!

 

監視役の十人隊長を持ち上げる→指定地点に置く→忘却粉を使う

監視役の十人隊長 :

うーん…………ぐぅ……ぐぅ……。

 

監視役の帝国兵を持ち上げる→指定地点に置く→忘却粉を使う

監視役の帝国兵 :

すー……すー……。

今日も、頑張って…………すー……。

 

ユウギリを探す

 

ユウギリ :

ああ、勝手にすまない……。

もしかして、探させたか?

ユウギリ :

……水音を聞いていると落ち着くんだ。

まるで、海中を揺蕩っているような気分になる。

ユウギリ :

実はな、あれだけ偉そうなことを言っておきながら、私はドマの生まれではない。

紅玉海の底にある、スイの里の出身なのだ。

ユウギリ :

私の故郷に、立ち寄ったのか……!

しかも、父様と母様が、そんなことを…………。

ユウギリ :

そうだったのか……。

おふたりは、ご健在であられるのだな。

よかった……本当に、よかった…………。

ユウギリ :

私は、あの海底の故郷を帝国の脅威から守るため、忍びの里に入り、修練に明け暮れてきた……。

ユウギリ :

そのうち腕を買われ、ドマ反乱軍で任務をこなすことになり、ゴウセツやカイエン様、ヒエン様と出会ったのだ。

ユウギリ :

彼らの人柄や生き様には、心から感服している。

忍びとして、主君とドマに仕える気持ちには、一点の曇りもありはしない。

ユウギリ :

……それでも。

私の根底には、やはり、故郷がある。

ユウギリ :

一族に、苦しみや災いがふりかかりませんよう……。

私を育んでくださった父様と母様が、不自由することなく、穏やかでいられますようにと、願ってやまないのだ。

ユウギリ :

それが私のよすがであると、以前、ヒエン様に告白したことがあってな。

……なんと言われたと思う?

ユウギリ :

あの方は、「それでよい」とおっしゃったのだ。

ほかにも守りたいものがあれば、ドマが劣勢でも立ち上がれる。

そういう者が味方にいるのは、幸いである……とな。

ユウギリ :

……だから、ドマが苦境にあえいでいる今こそ、私は強く立っていたいと思う。

難民を連れてエオルゼアに向かったときも、そう思っていた。

ユウギリ :

それなのに……蓋を開ければ、民の説得ひとつままならぬとは。

己の未熟さが、心底突き刺さる……。

 

何と言う?

  • これから一緒にがんばろう
  • きっといつか上手くいく
  • …………

「これから一緒にがんばろう」を選びます。

 

ユウギリ :

貴殿にそういってもらえると、実に心強い。

こんな未熟な私には、もったいないほどの激励だ。

……これからも、どうかよろしく頼む。

ユウギリ :

あれは……帝国の飛空戦艦……!?

ユウギリ :

あの方角は、ドマ城だ。

何かあったのやもしれん……急ぎ、烈士庵に戻るぞ!

 

烈士庵のユウギリと話す

ユウギリ :

よし、貴殿も戻ってくれたな。

さっそく、中で状況を確認するとしよう。

リセ :

ふたりとも……!

ナマイ村の人たちは、無事に……?

ユウギリ :

ああ、ほかの村から徴集された者もふくめ、その場からは逃がすことに成功した。

あくまで、一時しのぎではあるだろうが……。

f:id:thirtyfive:20170626083624p:plain

ユウギリ :

しかし、今はそれよりも気がかりなことがある。

帝国の飛空戦艦が、城の方へ向かうのを見たのだ。

ゴウセツ、何か情報は入っているか?

ゴウセツ :

うむ……。

あの飛空戦艦の行き先は、ドマ城で間違いない。

乗っているのは……皇太子ゼノスにござる。

アリゼー :

アラミゴでの一連の騒動……結果は知ってのとおりだけれど、帝国の上層部は、各属州に同じような反帝国組織がある可能性を危惧したみたい。

アリゼー :

ドマは、総督の役目こそヨツユに譲られているけれど、本来はゼノスの管轄になっているはず。

それで、あいつが視察に来たみたいなの。

ユウギリ :

奴が、ドマに……。

ならば、この機に乗じて討ち取れば……!

アリゼー :

ユウギリ、落ち着いて。

私たちはアラミゴであいつと対峙したけれど、正直なところ……尋常じゃなく、強い。

アリゼー :

「暁」の面々だけじゃなく、解放軍の兵士や、ラウバーン局長までいたのに、仲間を守りきることすらできなかったほどにね……。

アリゼー :

あれから、私たちの腕も上がっているはずだけど……あいつと戦うっていうのなら、何か手段を講じるべきよ。

ユウギリ :

奴の腕は、我らもよく知っている。

名だたる剣豪たちですら、赤子のようにあしらわれたからな。

……しかしそれは、正面から挑めばこそ。

ユウギリ :

先の戦乱の中では不可能だったが、今ならば忍びの本領を発揮し、暗殺も狙えよう。

私に、その機会をくれないか。

ゴウセツ :

ユウギリよ。

それが、おぬしだけの意趣返しであるなら止めはせぬ。

拙者とて、あやつを斬りたい気持ちは同じ。

ゴウセツ :

しかし、敵将を相手取るということは、ドマの今後をも左右しかねん決断であると、わかっていよう。

……なればこそ、我らが主命を思い出すでござる。

ユウギリ :

民に戦う意思なくば、刀を収めよ……この好機においてなお、そう申すのか!

進まねば、いずれ本当に、あの方の首を差し出すことになるぞ!

ゴウセツ :

仮におぬしが、ここでゼノスを討ち果たせたとて、それはいっときの勝利にすぎぬ。

ゴウセツ :

報復に現れる帝国の手勢を前に、守られるばかりの民を抱え、おぬしひとりの命で何ができる。

思い上がるな!

ユウギリ :

それでも、私は……思い上がりであれ、身の程しらずの願いであれ、主の命も、戦えぬ民の未来もあきらめたくはない……ッ!

リセ :

待って、ユウギリ……!

アリゼー :

……どうしたものかしらね。

 と話す

  

「ユウギリの心」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「カストルム・フルーミニスに躍る」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「互いの往く道」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.