さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「踏み出す一歩」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「踏み出す一歩」のセリフ集です。

ゼノス暗殺には失敗したものの、ドマの民が立ち上がるきっかけにはなった模様…

このクエストでヤンサの風脈を取る事ができます。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ゼノス暗殺計画」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「風駆けるアジムステップ」

 

 

クエスト受注

イッセに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170626100329p:plain

 東龍鱗付近のイッセは、落ち着かない様子だ。

 

イッセ :

なあ、やっちまったぞ……!

俺たち、ついに帝国に喧嘩を売っちまった……!

イッセ :

こうなったら、連中をドマから追い出すまで止まれない。

みんなで話し合って、それを承知で武器を取ったんだ。

イッセ :

だから……これからは、一緒に戦わせてくれ!

イッセ :

……って、まずは手当てだよな、うん。

俺、先に村に戻って、あんたたちを受け入れる準備しとく。

傷に障らないよう来るんだぞ、ゆっくりだからなっ!

 

イッセと話す

イッセ :

具合、平気か……?

村のみんなには話をしてある。

適当に腰掛けて、ゆっくり休んでくれ。

イッセ :

…………あのさ。

いろいろ言ったのに、俺たちのこと、諦めないでくれたよな。

イッセ :

ありがとう……。

俺の中で死にかけてたドマを、見つけてくれて。

ユウギリって忍びにも、あとで礼を……言えるかな。

ナマイ村の娘 :

もう、お怪我は大丈夫なんですか……?

ユウギリ :

ああ、仲間の治癒魔法がよく効いている。

それに、貴殿たちが手厚くもてなしてくれたからな。

身体はもう、心配ない。

ナマイ村の娘 :

よかった……!

私たちも、やると決めたからには、誠心誠意がんばります。

おふたりとも、お手伝いすることがあったら言ってくださいね!

ゴウセツ :

そんなに見つめておると、ユウギリたちに穴が開くでござるぞ。

……おぬしも、何か声をかけてくればよかろうに。

イッセ :

う、うるさいな……。

あんたたちこそ、話すことがあるんじゃないのか。

俺はちょっと、村のみんなと話してくる。

ユウギリ :

ゴウセツ、アリゼー殿。

この度は、迷惑をかけて申し訳ない……。

私ばかりではなく、英雄殿の命まで、危険に晒してしまった。

ユウギリ :

己の未熟さを、いくら呪ってもたりないほどだ……。

あれほど反対していたゴウセツには、なしくずしで信念まで曲げさせてしまって……。

ゴウセツ :

たわけ。

おぬしは、主がなぜあのような命を下したのか、一度冷静に考えるべきでござる。

ゴウセツ :

……すべては、臣下と民を守るため。

おぬしとてそこに含まれておるのだから、これに懲りたら、少しは自愛せぃ。

アリゼー :

結局、あなたの熱意が人々を奮い立たせたんだから、そんなに気に病むことはないんじゃない?

アリゼー :

私たちに謝るくらいだったら、その分、信じて付き合ってくれたその人に、感謝するべきだと思うけど。

ユウギリ :

まさしく、そのとおりだな。

本当に世話をかけた。

どんな言葉を重ねても足りないが……ありがとう。

リセ :

おーい、みんなーっ!

アルフィノ :

無事でよかった……!

君たちがゼノスの暗殺に向かったと聞いたときは、肝が冷える思いだったよ……。

リセ :

助けに行けなくて、ごめん……。

アリゼーに、絶対に待機してろって言われてたんだ。

リセ :

アタシ……今ゼノスと対峙したら、たとえ勝ち目がなくても、絶対に挑むだろうから……。

気を使ってもらったんだって、自分でもわかってる。

アリゼー :

………………何よ。

アリゼー :

そんなことより、先のことを考えましょ。

帝国も、今は追撃をしてこないみたいだけど、こちらの存在と戦意が伝わった以上、あまり猶予はないわ。

アリゼー :

戦いになったら、戦力的に不利なのは明白よ。

何か策を立てないと……さあ、参謀担当のオニイサマ、大いに頭をふるいなさいよ。

アルフィノ :

そうだな……。

クガネに残って、いろいろと模索をしてみたものの、エオルゼアからの援軍は期待できないだろう。

アルフィノ :

時間がかかるというのもあるが、海に関心の低い帝国であれ、ある程度の戦力を乗せた船がエオルゼアから出たとなれば、気づいて阻害してくるだろうからね……。

アルフィノ :

しかし、ドマに駐屯している帝国軍の戦力も、戦時下を脱している今、さほど多くはないらしい。

……ハンコックとタタルが、諜報戦に協力してくれた成果さ。

アルフィノ :

ドマの民を中心に、対抗しうる戦力をそろえて、帝国軍が陣を構えるドマ城を叩く……。

言うほど易くはないが、唯一可能性があるとしたらそれだ。

ゴウセツ :

であれば、我らが主君……ヒエン様をお迎えにあがろう。

ドマの民にとって、それほど士気が上がることもない!

ゴウセツ :

此度の暗殺計画によって、民の志は十分に証明された。

あの方に、もはや首だけご帰還なさるわけにはいかぬと、詰め寄ってやろうではござらんか!

リセ :

それから、アタシたち自身も強くならなくちゃ。

ゼノスに、次こそ勝てるように……!

 

仲間たちと話す

ユウギリ :

[プレイヤー名]殿……私は、ヒエン様の捜索に同行したいと思っている。

ユウギリ :

前回会った場所に案内できるというのもあるが……「民に戦う意志があるのか」との問いに、今ならば自信をもって答えられるからだ。

 

ゴウセツ :

ドマの民は、よき主君をいただくことで、幾重にも強くなる。

若には、いよいよ腹をくくってお戻りいただかねば。

ゴウセツ :

捜索には、是非、おぬしも同行されたし!

主君とはすなわち、その国の精神そのもの……同志たるおぬしにも、見定めてもらいたいのでござる。

 

リセ :

ヒエンは、どんな人なんだろう……。

聞いた話だと、私と近い年頃らしいんだけど。

リセ :

フォルドラみたいに、属州で生きる同世代の子は、帝国の支配を受け入れつつある。

その中で、ドマの殿様になった彼は、何を思ってるのかな。

リセ :

……アタシ、ヒエンに会って話をしてみたい。

ドマのためにも、アタシが強くなっていくためにも!

 

アリゼー :

民の士気を高めるため、まずは主君を迎えにいく……シャーレアンやウルダハなんかじゃ、まず出てこない言葉よね。

アルフィノ :

こちらの歴史あってこその思想だろうね。

しかし、たったひとりの存在が大勢の心を動かすことも、事実、あるんじゃないだろうか?

アリゼー :

ふーん?

まるで、そういう事例を見たことがあるって口ぶりじゃない。

いったい、どちらの英雄さんの話かしら?

アリゼー :

……まあ、それはそれとして。

私たちもドマの殿様に興味はあるけれど、こっちに残って、攻城戦の準備を整える人も必要じゃない?

アリゼー :

クガネに残ってるタタルや、海賊衆と連携をとるにも、エーテライトが復旧してれば便利だし……いざってときにドマの民衆を守れるようにしておくべきよ。

 

アルフィノと話す

 

アルフィノ :

そうか……。

それぞれ、やるべき行動は見えたようだね。

ユウギリ :

ああ、私たちは、ヒエン様をお連れすべく、「アジムステップ」へ向かおう。

ゴウセツ :

[プレイヤー名]殿、おぬしにも同行願えるでござるか?

アリゼー :

その間に、私たちは各所と連携をとりつつ、ドマ城に攻め上る準備を整えておくわ。

アリゼー :

これから帝国軍がどう出てくるかわからないけれど、最優先は、あなたたちの帰還まで戦力を拡大、保持すること。

連中との戦いは、極力避ける方向でいくわね。

リセ :

危険な状態になりそうだったら、すぐに呼び戻してね。

……今度も「全員、必ずまた無事で」なんだから。

ユウギリ :

それでは、ヒエン様のいらっしゃった場所……アジムステップの「再会の市」まで案内いたそう。

イッセ :

な、なあ、あんたたち……!

イッセ :

旅立つんなら、弁当、持ってけよ。

うちの村に残ってる奴は、ろくすっぽ戦えないけど、俺たちが作った米はうまいんだ。

イッセ :

……こんなこと言ったら、都合がよすぎるって怒られるかもしれないけどさ。

イッセ :

若様が戻ってきて、戦に勝って、父さんと母さんが見せてくれるって言った、本当のドマになる日が来るのを……待ってる!

 

一方、ドマ城。

 

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ほう……そこまでの状態とは……。

さすがは、蛮神「バハムート」を捕えし者だ……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

すぐに飛空戦艦の準備を。

責務は果たしたのだ、陛下もとやかく言うまい……。

アラミゴに帰還し、捕えた獲物を見物するとしよう。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

単なる情報筋でしかなかった貴様の願いを聞き入れ、代理総督の座につけてやったのは、なぜか……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ほかの属州への見せしめとして、ドマをいたぶり続けろと、命じられたからだ……。

その退屈な命令には、貴様のちっぽけな怨念こそふさわしい。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

己の役目を、ひたすらに果たし続けよ。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

もし、この地の主導権を反乱軍に渡すようなことがあれば、二度はこの顔を拝めぬぞ……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

疾く、遂げよ……。

できぬのならば、ドマもろとも散れ。

グリーンワート :

ヨ、ヨツユさま、大丈夫か……?

ゼノスさまは、すごく怖いど……かわいそうに……。

ヨツユ :

……反乱軍に、噂に聞く「エオルゼアの英雄」が、手を貸しているようだよ。

ヨツユ :

お前さん、あいつと何か因縁があるんだろう?

任せてやるから、追いかけな。

仲間ごと、ひねりつぶしてやるんだ……。

グリーンワート :

ほ、本当か!?

あいつと……あいつと戦えるど……!?

グリーンワート :

ウオオオオオォォ!

あいつはオラの天敵に違いねぇ!

今度こそ、絶対にブッ殺してやるどォォ!

 

一方、ギラバニア辺境地帯

 

????:

さて、この大穴で間違いないはずだが……。

????:

邪竜の意志が抜け落ちたからか、「竜の眼」の気配が、まったく感じられんな。

自由の身というのも、今回ばかりは考えものか……。

エスティニアン :

「竜の眼」から連なっている厄災なら、今度こそ始末をつけてやらなきゃな。

そうだろう……相棒、アルフィノ。

 

  

「踏み出す一歩」は以上です。

 

ここまででヤンサの風脈は全て取得可能になっています。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ゼノス暗殺計画」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「風駆けるアジムステップ」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.