さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「風駆けるアジムステップ」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「風駆けるアジムステップ」のセリフ集です。

ヤンサでドマの民が立ち上がった事を確認した一行は、ゴウセツ達の君主であるヒエンにそのことを報告しに向かいます。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「踏み出す一歩」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「市を賑わす部族たち」

 

 

クエスト受注 

アルフィノ :

やれやれ、君との再会を喜ぶ暇もない。

……しかし、それだけ前に進んでいるということだね。

お互いに、がんばろう!

アリゼー :

こっちの戦力に不安がないでもないけど、反乱軍のみんなと協力して、どうにか準備を進めてみるわ。

そっちも……よろしくね。

リセ :

アジムステップか……。

今度はどんな場所なんだろう?

ゴウセツ :

若が、アジムステップ側におられるとは。

確かに、生き別れたのは、北の山中であったが……。

 

ユウギリに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170626125919p:plain

 ナマイ村のユウギリは、アジムステップに向けて出発したいようだ。

 

ユウギリ :

準備がよければ、アジムステップの「再会の市」に向け、出発するとしよう。

ユウギリ :

アジムステップへは、一度、紅玉海方面に出て、沿岸を北上して入ることになる。

そうだな……まずは「イサリ村」まで行こう。

 

イサリ村のユウギリと話す

ユウギリ :

ああ、ここまでは大事ないようだな。

ここからは、しばらく北上したのちに、内陸部に続く洞窟を進む。

ユウギリ :

リセとゴウセツは、先を歩いている。

私たちも行くとしよう。

 

アジムステップに向かう

紅玉海側のアジムステップの入り口にゴウセツが立っています。

ゴウセツ :

おお、来たでござるか。

この洞窟が、内陸部の大草原……アジムステップに繋がっているでござる。

 

アジムステップに入るとリセの回想が流れます。

f:id:thirtyfive:20170626131503p:plain

見渡すかぎり広がる 雄大な草原

遊牧の民が駆ける アジムステップ

いまだ独自の神話が息づく その土地で

アタシたちはドマ解放の要を探す

吹き抜ける風に 背中を押されて歩く

新たな出会いと さらなる強さを求めて――

 

ユウギリと話す

ゴウセツ :

ヤンサとアジムステップは、同じオサード小大陸の一角。

されど、風土も文化も、規模も大きく違うのでござる!

リセ :

す、すごいね!?

広いねっ!?

 

ユウギリ :

さあ、ここからがアジムステップだが……今見えているのは、そう呼ばれている地域の、ほんの一部。

山向こうにも、広大な土地が広がっているらしい。

ユウギリ :

その玄関口たるここ一帯ですら、ドマの者にとっても、あまり踏み入ることのない異民族の地だ。

ユウギリ :

それでも、この先にある目的地「再会の市」は、比較的、外の者にも開かれている市場でな。

さっそく向かうとしよう。

 

ユウギリと再度話す

リセ :

気のせいかな……。

アウラ族の人ばっかり……?

ゴウセツ :

こうして自らアジムステップを訪れるのは、拙者、はじめての経験にござる。

 

ユウギリ :

ここが目的の場所……私が以前ヒエン様をお見かけした、「再会の市」だ。

ひとまずは、長い道のり、おつかれさまだな。

 

 

「風駆けるアジムステップ」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「踏み出す一歩」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「市を賑わす部族たち」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.