さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0のメインクエスト「玉座からの招喚」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「玉座からの招喚」のセリフ集です。

バルダム覇道を攻略し、怪鳥ヨルを呼び出せるようになりました。

これでアウラの合戦に参加する資格は得られました。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「試練のバルダム覇道」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「オロニル流の難題」

 

 

クエスト受注

リセに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170627140329p:plain

バルダム覇道前のリセは、ヒエンたちの帰りを待っているようだ。 

 

リセ :

無事にヨルも呼べたことだし、ヒエンたちも、早く戻ってきてくれるといいね。

リセ :

それまでの間、よかったら、バルダム覇道でどう戦ったか、教えてくれない?

今後の参考にしたいんだ!

リセ :

おかえりなさい!

……ふたりも無事に?

ヒエン :

おう、あの巨像には驚かされたがなぁ。

まこと、アジムステップの神秘よ!

ゴウセツ :

ふむ、おぬしらも、案じるまでもなかったか。

これで全員、合戦への参加資格を得たわけでござるな!

筋骨逞しい男 :

バルダム覇道を抜けし、新たな戦士たちよ。

我が族長の命につき、お前たちをもらい受ける。

リセ :

この衣装、確かオロニル族の人だよね?

……どうする?

ヒエン :

ふむ、見るからに雑兵だ、物の数ではない……が、合戦までは、しばし時間があるはず。

今のうちに敵陣を見ておくのも、悪くはなかろう。

ヒエン :

何より、いずれは仲間に加える連中だしな。

……そんなわけで、少々寄り道をしても構わんか?

 

何と言う?

  • 望むところだ
  • ほどほどに…

「望むところだ」を選んでおきます。 

 

リセ :

あんまりシリナを心配させちゃだめだからね。

いざとなったら、無理を通してでも帰るよ!

ヒエン :

その招喚に応じるといたそう。

どこへなり、連れていけ。

リセ :

ふたつの旗……オロニル族だけじゃない、ってこと……?

筋骨逞しい男 :

偉大なる長兄、マグナイ様。

かの者らを連れて参りました。

マグナイ :

……お前たちは、バルダム覇道の試練を越えた。

間違いないか?

ヒエン :

おう、モル族の一員としてな。

そなたが族長とお見受けするが、何故わしらを拐わせた?

仲間に引き入れるためか?

マグナイ :

否定する。

余輩らオロニル族は、太陽神アジムの子。

神の子とは、契約ごときで成れるものではない。

マグナイ :

……はじめ、余輩の庭に闖入者ありと聞き、ただの旅人であれば剥げ、と命じた。

マグナイ :

しかし、バルダム覇道を越え、ゼラの戦士となったのであれば、話は違う……。

神に献身し、愛を受ける権利があるだろう。

マグナイ :

許す、神の子たる余輩に存分に捧げよ。

それが満足のいくものであれば、余輩から与える愛について、お前たちの望みを聞かないでもない。

リセ :

……働け、ってことだよね。

ずいぶん下に見てくれたようだけどさ。

ちなみに、真面目に従わなかったら?

マグナイ :

ろくに献身できなければ、それは父たる太陽神の威光を軽んじているのと同じ。

大罪人として裁くべきだが、一度は慈悲をかけよう。

マグナイ :

一生涯、余輩の兄弟らに隷属し、心身の一片も余すことなく、神の威光を知ることを許す。

マグナイ :

フッ……我ながら、少々甘すぎか。

マグナイ :

ふむ……余輩らと同盟を組むブドゥガ族も、お前たちがほしいそうだ。

マグナイ :

ただし、男手だけな。

マグナイ :

ブドゥガ族は、男のみで構成される一族。

ボラーク族の真逆……といってもわからないか。

ともかく引き取り手はある、安心するがいい。

ヒエン :

なるほど、あいわかった。

しかし、まだまだ新参者のわしらには、どのような働きを献上すべきか、見当がつかんなぁ。

マグナイ :

余輩を口先で転がさんとする、その物言い……不敬だ、二度はないようにしろ。

マグナイ :

余輩から望みを聞けば、難題であれ、必ず献上せねばなるまい。

その覚悟があるなら、改めて問うことを許そう。

 

 

マグナイと話す

ヒエン :

先程の殺気……伊達で玉座にふんぞり返っているわけではないようだ。

リセ :

わかる……わかるよ、アタシ……。

この人、ウリエンジェと同じ、会話のやりとりが難しいタイプだ……!

ゴウセツ :

男が人前で、愛だなんだと、軽々しく口にしようとは……オロニル族では認められていようが、拙者には解せぬ。

バートゥ :

我らが長兄の前だ、粗相のないようにしろ。

ダイドゥクル :

ふむ……ふむ……なるほど…………。

 

マグナイ :

ほう、迷いなく余輩の望みを問うか。

ブドゥガ族好みの、蛮勇な男よ。

……許す、それではしかと聞き、誓って奉れよ。

マグナイ :

今時分において、余輩が望むことはひとつ。

「終節の合戦」における勝利である。

マグナイ :

合戦は、古代より続く、神聖にして厳格な儀。

神の子たるオロニル族であれ、油断なく備えなければ、足元をすくわれる。

マグナイ :

ゆえに捕虜どもよ、合戦の支度に貢献しろ。

そこに控える、お前たちを連行してきた男……「バートゥ」の指示を仰ぐがいい。

 

「玉座からの招喚」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「試練のバルダム覇道」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「オロニル流の難題」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.