さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「オロニル流の難題」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「オロニル流の難題」のセリフ集です。

バルダム覇道を攻略した直後、オロニル族の拠点に連れてこられてしまいました。とはいえヒエンの策のうちですが。

オロニル族の命令にいったんは従うようです。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のメインクエスト「玉座からの招喚」

↓次のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「陽と月をめぐる異説」

 

 

クエスト受注

バートゥに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170627142536p:plain

 明けの玉座のバートゥは、冒険者たちをまじまじと見つめている。

 

バートゥ :

聞け……!

我らが長兄は、お前たちを単なる物種と扱わず、ゼラの戦士の一員として、オロニル族に貢献することを許した。

バートゥ :

これは大変栄誉なことである。

喜びを噛みしめながら、労働を献上するがいい。

では、さっそく…………リセ :

ちょっと待って。

少し気になってたんだけど……「長兄」って呼ぶってことは、あなたは族長の弟なの?

バートゥ :

我らオロニル族においては、もっとも強き者が長兄として特に敬われる。

ほかの者は、皆ひとしく弟妹だ。

バートゥ :

くだらない質問で話の腰を折るな。

……では改めて、仕事を与えるぞ。

バートゥ :

お前は、妹たちとともに家畜の乳搾りを。

合戦に出る戦士たちは、たっぷり滋養をとらねばならん。

乳酒やバター、チーズを作るのも、大切な準備だ。

リセ :

……まあ、それくらいなら。

ここはおとなしく手伝うことにするよ。

バートゥ :

そっちのデカい男は……ふむ、老人だったか……では、兵装の手入れを命じる。

詳しくは、よろず屋に尋ねよ。

ゴウセツ :

拙者、細々とした仕事は苦手でござる。

だが、致し方なし……精進するといたそう。

バートゥ :

では次、そこの不遜な髭男だが…………ダイドゥクル :

……これの働きぶりは、我々ブドゥガが見定めよう。

よいだろうか、もちろんよいな。

ダイドゥクル :

オロニル族は黄を纏い、我々ブドゥガは緑を纏う。

外で荷運びをしている、緑衣の者に声をかけよ。

いくらかの仕事を分け与えよう。

ヒエン :

おう、そうか!

ではこの機会に、ブドゥガ族について学ぶとしよう。

兵法や戦力についても教えてくれると、助かるのだがなぁ!

バートゥ :

……残ったお前には、直接仕事を説明してやろう。

ひとまず、外に来い。

 

バートゥと話す

バートゥ :

来たか……。

ところでお前、名は何という?

バートゥ :

……では、[プレイヤー名]。

お前には、この「明けの玉座」の真下にある湖に向かい、湖底から「ツルギ草」を集めてきてもらう。

バートゥ :

「ツルギ草」は、戦に不可欠な薬の材料……そうだな、8つもあれば、十分な備蓄が作れるだろう。

バートゥ :

……ああ、訴えずともわかるぞ。

湖に潜るなんて恐ろしいと、怯えているのだろう?

バートゥ :

水中は、太陽神アジムの手も、月神ナーマの手も届かない、この世ならざる世界だからな……。

だが、長兄に捧げる働きは、それほどのものでなければ!

バートゥ :

では、番兵には話を通しておく。

声をかけて下へ降り、「ツルギ草」集めに従事せよ。

終わったら、ここへ戻ってくるんだぞ。

 

オロニル族の雑兵と話す

オロニル族の槍兵 :

はいはい、話は聞いてるよ。

ここから入って、下へどうぞ。

……生きてこの世へ戻ってこれるといいね。

 

ツルギ草を入手→バートゥに渡す

バートゥ :

…………!?

お、お前、まさかもう「ツルギ草」を集めて来たのか!?

バートゥ :

あ、ああ、確かにこれで間違いない……。

なんて恐れ知らずな戦士なんだ……。

バートゥ :

おかげで、麻痺薬を作ることができる。

合戦では、それを使って、ほかの部族の足止めをするのだ。

バートゥ :

合戦の勝者となるのは、「無垢の土地」と呼ばれる場所に、最初に立った部族……しかし、その場所がどこになるかは、開戦までわからない。

バートゥ :

我々は、もっとも早く「無垢の土地」に達するため、薬もしかり、あらゆる手段を備えておくのだ!

バートゥ :

……今回のお前の働きは、十分な貢献といえるだろう。

さっそく玉座に参上し、長兄に恩寵をこいねがうがいい。

 

マグナイと話す

ヒエン :

戻ってきているのは、わしとそなただけのようだな。

バートゥ :

長兄に拝謁する前に、服はきちんと乾かせよ。

水底の気を纏ったままでは、縁起が悪かろう。

 

マグナイ :

ほう……。

その男に続き、お前が戻ってきたか。

ヒエン :

そなたは、何を任されたんだ?

わしの方は、えらく簡単な仕事でな。

ヒエン :

ただ荷運びの手伝いをさせられただけだった。

見物のブドゥガ族が、ぞろぞろついてくるものだから、多少やりにくくはあったがなぁ。

マグナイ :

……湖底から、ツルギ草を?

なるほど、それはいい働きであったといえよう。

ヒエン :

族長殿、そなたは働けば応えると言っておったが、わしらが仕事を果たし、報酬として帰ることを望んだ場合……それは聞き入れられるのだろうか?

マグナイ :

もとより、お前たちを仲間に引き入れるつもりはない。

そして、働きに対等な恩寵を与えなければ、神の子の度量も問われようというもの。

マグナイ :

ゆえに、その問いには、無論であると答えよう。

ただし、今の働きでは到底足りないがな。

ヒエン :

……では、そなたらオロニル族について、もう少し学ばんとするのは、許されるか?

ヒエン :

いやな、ここに来てから、疑問に思っておったことがあるのだ。

彼らは太陽神の子を名乗っているが、以前テムルン婆から聞いた、アウラ族の神話はこうだ……。

ヒエン :

世界を創りし、太陽神アジムと月神ナーマ。

二柱の神は、世界の支配をめぐって対立し、代理闘士として、ふたりの人を生みだした……。

ヒエン :

それが、最初のアウラ族。

太陽神の生みだした「明けの父」と、月神の生みだした「暮れの母」と呼ばれる男女だったという。

ヒエン :

父母はしばし戦いを続けたものの、やがて和解。

その様子を見届けた神は天に去り、地上は人のものとなった。

ヒエン :

「明けの父」の血が濃い者は、白きアウラ・レンとして増え、「暮れの母」の血が濃い者は、黒きアウラ・ゼラとして栄えた。

……そして、今に至るのだと。

ヒエン :

しかし、オロニル族はアウラ・ゼラでありながら、太陽神アジムの子であると言うではないか。

これでは矛盾だ、得心がいかん!

マグナイ :

……帰りたいと言っておきながら、無知のまま帰るつもりはないということか。

マグナイ :

だがよい、ここにいる間、一族について知ることを許す。

余輩らの神話こそが真なる創世譚……知って、その尊きを刻むがいい。

 

「オロニル流の難題」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0のメインクエスト「玉座からの招喚」

↓次のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「陽と月をめぐる異説」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.