さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「「七剣」マウシの真実」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「「七剣」マウシの真実」のセリフ集です。

剣ではなく格闘術に目覚めたマウシ。クーランも彼の産まれの秘密を探ろうとしています。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「マウシの活路」

 

 

クエスト受注

クーランに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170628131748p:plain

 ドタール・カーのクーランは、行きたい場所があるようだ。

 

クーラン :

マウシが剣聖の生まれ変わりでないと証明したいんだ。

けどな、族長の名づけが間違っていたなんてこと、一族の者は簡単に認めてはくれないだろう。

クーラン :

……そうだ、ウヤギル族には凄腕のシャーマンがいるんだ!

彼女に過去を視てもらえば、マウシの前代がハッキリするはずさ。

クーラン :

あんたは、西にある洞穴、百一の啓示に向かって、「イバクハ」に話を通してくれないか?

私は、マウシを探して、連れてくるからさ。

 

イバクハと話す

 

イバクハ :

……異邦の旅人よ、この薄暗い洞穴に、よくぞ参った。

だが、今はまだ何も語る必要はない……。

語るべき者は、これから来るのであろう?

クーラン :

[プレイヤー名]、待たせたな。

もう、話をつけておいてくれたのかい?

マウシ :

さすが、瞑想を続けるウヤギル族のシャーマンだな……。

相談事をしたいのが、俺だって見抜いてたとは……。

イバクハ :

それだけではない……。

若きドタールの者よ、お前の悩み事とやらも知っておる。

ただお前は、尋ねたいことだけを語ればよい。

マウシ :

……それならば、単刀直入に聞かせてもらう。

俺は、「七剣」の生まれ変わりではないのか?

イバクハ :

……………………知らん。

イバクハ :

ウヤギルのシャーマンは、過去ではなく未来を視る。

ゆえに、お前の前代が「七剣」であるか否かは答えられぬが、お前が未来、武の達人として名を馳せることは視えておる。

イバクハ :

……さあ、語るべきことは語った。

欲を捨て去りしウヤギルは、礼の言葉も必要とせぬ。

お前たちも今を受け入れ、ただ未来に歩み続けるがいい。

 

マウシと話す

 

クーラン :

大昔、強欲だったウヤギル族は、その罪を悟り、この洞穴の中で、瞑想修行を続ける道を選んだそうだ。

とはいえ、シャーマンにも得手不得手があるもんなんだな。

 

マウシ :

今を受け入れる、か……。

それなら、きちんと「七剣」ではないと、一族の者たちに伝えたほうがいいんだろうな。

マウシ :

たとえ、族長の誤りを声高に叫ぶことで、集落を追放されようと、俺は「七剣」として剣を振るうより、拳で戦う術を究めたい。

マウシ :

[プレイヤー名]さんと別れたあと、砂漠の獣相手に戦ってみて、はっきりとわかったんだ。

これが自分の道だってね……。

クーラン :

そうか……意志は固いんだな。

ならば、お前の腕前を示したほうがいいんじゃないか。

剣ではなく、格闘術の才があることを示し、皆を納得させるんだ。

クーラン :

北にいる、マタンガを格闘術で倒して、牙のひとつでも持って帰ってくるといい。

そうすれば、族長だって真実を認めざるを得ないだろう?

マウシ :

ありがとう、クーラン。

そうさせてもらうよ。

マウシ :

俺はひとりでマタンガを倒すから、[プレイヤー名]さんは、その手伝いをしてくれないか?

北で待っているから、よろしく頼むな。

クーラン :

……マウシのやつ、前よりずっといい目になったな。

じゃあ私は、オアシスでふたりの帰りを待つよ。

立派なマタンガの牙、楽しみにしているぞ。

 

マウシと再度話す

マウシ :

手伝いを引き受けてくれるんだな、ありがとう。

それじゃあ、俺はこの洞窟に入って、マタンガを倒してくるよ。

その間、誰も近づかないように、辺りを「見渡し」てくれ。

マウシ :

それと、この辺りには、スプラウリング・カオチューが出るんだ。

洞窟の中であいつのツタが絡まったら命取りだから、申し訳ないが、見つけたら追っ払っておいてくれ!

 

指定地点で見渡し、敵が現れたら討伐

マウシの声 :

[プレイヤー名]さーん!

俺、マタンガを倒したぞ!

こっちまで来てくれ!

 

マウシと話す

マウシ :

見てくれ、俺、この拳だけでマタンガを倒したんだ!

あんたが戦いに集中させてくれたから、大きなケガをすることもなく倒せたよ、ありがとう!

マウシ :

それじゃあ、集落に戻ろう。

俺は牙をいただいてから帰るから、先に戻って、「クーラン」に成功したって伝えてくれ。

 

クーランと話す

クーラン :

お前が帰ってきたってことは、あいつは、マタンガの討伐に成功したんだな。

良かったよ。

クーラン :

一族の者たちには、マウシから大切な話があると言って、集まってもらうように手筈を整えたよ。

さすがに全員は集められなかったけどね。

クーラン :

マウシがこの集落からいなくなるかもって考えると、寂しいけれど……仕方ないよな。

さあ、あいつが帰ってくるのを待とう。

マウシ :

みんな、集まってくれてありがとう!

そして、よく聞いてくれ!

マウシ :

実は、俺は……剣聖の生まれ変わりではない!

マウシ :

いくら鍛錬しようとも、剣の才は片鱗さえ見せず、格闘術こそが、己の進むべき道だということに気づいた……!

その証拠に俺は、マタンガをこの拳で倒した!

マウシ :

それだけではなく、オアシスの近くにいる、マンザシリを倒すことをも成功している!

そこにいる旅人さんも、証明してくれるはずだ!

マウシ :

これは、俺を「七剣」の生まれ変わりだと見極めた族長を、心ならずも否定することになるだろう……。

だが、たとえ集落を追放されたとしても、俺は己の道を進みたい!

ドタール族の男 :

なんだぁ……今回は、格闘術の才が出たのか。

しかし、その若さでひとりマタンガを狩るとは、やっぱりマウシだな!

メルゲン :

……もしや、誰もあんたに伝えてなかったのかい?

歴代のマウシは、とても移り気な性格なのさ。

メルゲン :

前代は剣術を極めて「七剣」と呼ばれたけど、前々代は「七矢」と称えられる弓の名手だったよ。

格闘術の才を見出したのなら、今度は「七拳」マウシかねぇ。

マウシ :

お、俺が今まで悩んでたことって……。

 

マウシと話す

マウシ :

まさか、マウシの名に、あんな謂われがあったとはな……。

このまま、マウシでいて構わないということは嬉しいが、なんだか複雑な気持ちだ……。

クーラン :

ウヤギル族のシャーマンが言っていた、今を受け入れるって言葉は、こういうことなんだな。

なんにせよ、これからもお前と暮らせるようで、嬉しいぞ。

マウシ :

……クーラン、それに[プレイヤー名]さん。

いろいろと手伝ってもらったのに、こんな結果ですまない。

けれど、二人のおかげで新たな道が拓けたのは確かだ。

マウシ :

今まで剣術にもがいていた時間のぶんも含めて、格闘術の鍛錬に励むよ。

本当に、ありがとう。

 

わりとアッサリとしたオチでした。

 

「「七剣」マウシの真実」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「マウシの活路」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.