さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「兄弟闘技と末弟」

FF14のパッチ4.0サブクエスト「兄弟闘技と末弟」のセリフ集です。

明けの玉座の末弟エスゲンを鍛える手助けをしていますが、なかなか上手くいかない模様。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「最弱の理由」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「明けの玉座の料理番」

 

 

クエスト受注

エスゲンに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170628090548p:plain

 明けの玉座のエスゲンは、料理の準備が終わったようだ。

 

エスゲン :

あ、[プレイヤー名]くん。

料理の仕込みはあらかた終わったよ。

今日のところは、特に頼むことはないかな。

ジェルメ :

あのー、エスゲンおじさん。

今度、「兄弟闘技」をやるらしいよ。

「終節の合戦」に向けて、みんなの力を確認するんだって。

エスゲン :

えっ、ええっ!?

兄弟闘技か……どうせ負けて「末弟」のままなんだろうけど、オロニルの男としては、出ないわけにもいかないし……。

エスゲン :

何より、全力で戦わないと、太陽神アジムに申し訳が立たない。

……ちょっと、外で鍛えてくるよ。

ジェルメ :

あの、お兄さんは、おじさんの友達?

ちょっと、聞いてほしいことがあるんだけど、いいかな?

 

ジェルメと話す

ジェルメ :

あのね、兄弟闘技っていうのは、兄弟の序列を決める試合なんだ。

でも、おじさんは毎回、最下位だから、闘技の前になると、すっごく落ち込んじゃって……。

ジェルメ :

僕、そんなおじさんを励ましたいんだ!

おじさんは、僕のような「親なし子」にも、ご飯を作ってくれる、とっても優しい人なんだ!

ジェルメ :

それでね、僕、おじさんを励ます手紙を書いたんだ。

お兄さん、この「手紙」を届けてくれる?

面と向かって渡すのは、ちょっと照れくさいからさ……。

ジェルメ :

おじさんが鍛錬するとしたら、明けの玉座の下に行って、そんなに離れてないところだと思うよ。

よろしくお願いね!

 

エスゲンにエスゲン宛の手紙を渡す

エスゲン :

あ、ああ、君か……。

やっぱりすぐに、息が上がっちゃって、休んでたんだ。

それで、何か用かい?

エスゲン :

えっ、ジェルメくんからの手紙?

な、なんだろうな……。

ジェルメからの手紙 :

おじさん、いつもおいしいご飯をありがとう。

お父さんとお母さんが死んじゃって、つらかったとき、作ってくれたご飯があっためてくれました。

ジェルメからの手紙 :

僕は、そんな優しいおじさんが、大好きです。

今度の兄弟闘技も、僕は応援しています。

がんばってください。

ジェルメからの手紙 :

おじさんの作ってくれる料理も、大好きです。

これからも作ってくれると、嬉しいです。

エスゲン :

……嬉しいね。

料理とはいえ、人から褒められて、求められたのは初めてだ。

まあ、末弟から抜け出したら、調理の役目じゃなくなるけど……。

エスゲン :

うん、でも、なんだか元気が出たよ!

鍛錬も調理も、気合を入れないとね。

でも、まずは「ジェルメ」くんに、お礼を言ってくるよ!

 

ジェルメに報告

エスゲン :

あの手紙は、一生の思い出だね。

[プレイヤー名]くん、届けてくれてありがとう。

 

ジェルメ :

お兄さん、手紙を渡してくれてありがとう!

おじさん、ちょっと元気になったみたい!

ジェルメ :

あっ、クズク兄ちゃんだ!

おーい!

クズク :

ジェルメか、何してるんだここで?

末弟なんかと遊ぶ暇があったら、お前も鍛錬したほうがいいぞ。

数年すれば、兄弟闘技に出る年齢になるんだからな。

クズク :

そいつは、ずっと調理をやらされてる末弟だ。

弱いやつと付き合っていても、時間の無駄だろ。

弓でも槍でもいい、鍛錬をしておくんだ。

エスゲン :

い、いやー、言われちゃったね!

確かに私は最弱だし、一緒にいても強くなれやしない……クズクくんの言うことを聞いたほうがいいかもね、ハハハ!

ジェルメ :

そんなこと、どうでもいい!!

僕は、おじさんが好きだから、仲良くしてるんだ!

ジェルメ :

おじさんも、あんなこと言われて、悔しくないの!?

身体が丈夫じゃないことは知ってるけど……笑ってごまかすおじさんは、嫌いだ!

 

い、いきなり嫌われた!

 

エスゲンと話す

エスゲン :

ジェルメくんを、怒らせてしまったようだね……。

長年、末弟をやってるから、あんな言われ方にも慣れちゃってね。

いつもどおり、笑ってやり過ごすつもりだったんだが……。

エスゲン :

でも、私のことを考えて、傷ついてくれる人がいるんだなぁ……こう言うと不謹慎かもしれないけど、嬉しいよ。

エスゲン :

けど、認められるくらい強くなるのは無理だ。

それは、自分が一番わかってる。

ただ……せめて、笑ってごまかすのは、やめないとね。

エスゲン :

ああ、ごめんよ……君はなんだか話しやすくて、自分の想いを、ついつい語ってしまうんだよ。

ジェルメくんからの激励といい、人に世話になってばかりだ。

エスゲン :

そうだ、ふたりに何かお礼がしたいな。

もちろん、私が兄弟闘技に勝利して、末弟を脱するのが、一番のお礼なんだろうけどね……。

 

「兄弟闘技と末弟」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「最弱の理由」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「明けの玉座の料理番」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.