さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「最弱の理由」

FF14のパッチ4.0サブクエスト「最弱の理由」のセリフ集です。

明けの玉座の末弟エスゲンは、強くなるための手伝いを冒険者にお願いする事にしたようです。 

 

↓前のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0、アジムステップの風脈クエスト(2/5)「末弟の仕事」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「兄弟闘技と末弟」

 

 

クエスト受注

に話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170627211302p:plain

 明けの玉座のエスゲンは、冒険者に食材を集めてほしいようだ。

 

 

エスゲン :

さっそくだけど、お願いしたいことがある。

実は、同盟を組んでいるブドゥガ族を歓待するために、料理を用意しなくちゃいけないんだが……エスゲン :

彼らの好物である、マンモス肉の在庫がなくてね。

兄たちが狩ってきてくれればいいんだが、獲物を決めるのは、狩りに出る者の権利で、そう簡単に口出しはできないんだよ。

エスゲン :

そこで、[プレイヤー名]くんには、北東に棲息する「マンモス」を狩って、「マンモスの肉」を2つ調達してきてもらいたい。

エスゲン :

君が狩りをしている間、私は鍛錬をするつもりさ。

兄たちの橋の近くにいるから、無事に終えたら、声をかけてくれ!

 

マンモスからマンモスの肉を入手→虫に襲われているエスゲンを救出

エスゲンが虫に襲われているのを助けます。

 

エスゲン :

ゼェ……ゼェ……たっ、助けてくれぇっ……!

エスゲン :

ハァ……ハァ……す、すまないね。

ハハ、鍛錬していたら、羽虫にたかられて……このザマさ……。

手間をかけて、申し訳ない……。

エスゲン :

昔から体が弱くて、激しい運動をすると、すぐに息が上がってしまうんだよ……。

だから、強くなれずに、いつまでも末弟なのさ。

エスゲン :

しかも、もう歳だしね。

今更どうこうできるとは思えないんだけど、諦めるのは、オロニルの男としてふさわしくないから。

エスゲン :

……けれど、今日は終わりにして、帰ろうかな。

申し訳ないが、「マンモスの肉」は、明けの玉座に戻ってから、渡してくれるかい?

 

エスゲンにマンモスの肉を渡す

エスゲン :

ここまで運んでもらっちゃって、手間をかけたね。

「マンモスの肉」を渡してくれるかな?

エスゲン :

うん、これこれ。

君のおかげで、ブドゥガ族をもてなす料理も、しっかり準備できそうだよ。

エスゲン :

いやぁ、しかし、羽虫の群れにたかられて、動けなくなってしまうとは……恥ずかしいところを見られたね。

さすがの私でも、少しばかり落ち込んだよ。

エスゲン :

けど、料理をすれば、気も紛れるはずさ。

もしかしたら、成果の上がらない鍛錬を続けるより、調理の技を究めたほうが、みんなのためになるかもね、ハハハ!

 

 

「最弱の理由」は以上です。

 

↓前のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0、アジムステップの風脈クエスト(2/5)「末弟の仕事」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0サブクエスト「兄弟闘技と末弟」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.