さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「勇猛なるドタール」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「勇猛なるドタール」のセリフ集です。

オロニル族からの指令で、ドタール族の状況を偵察しにきたところ、獣におそわれているドタール族を救出しました。

ドタールの族城もそこに現れ、仲間を助けたということで、少しのあいだ偵察することを許されました。

 

↓前のクエスト 

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「青き宿敵」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「命を焦がす夢」

 

 

クエスト受注

ゴウセツに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170628110544p:plain

 ドタール・カー付近のゴウセツは、憤慨しているようだ。

 

ゴウセツ :

[プレイヤー名]殿ッ!

やはり拙者、サドゥとやらの根性が許せぬ!

ゴウセツ :

偵察のついでに、ひとこと物申してやろう。

いざ、「ドタール・カー」に乗り込もうではござらんか!

 

サドウと話す

サドゥ :

ゲセルが死んだ。

最後は気を抜いていたとしか言いようがないが、あいつは勇敢な戦士だったからな、じき戻ってくるだろう。

シャル :

そうですか……。

あの人ったら、じき「終節の合戦」もはじまるっていうのに。

今度は油断しないよう、きちんと言ってきかせないと!

ゴウセツ :

ムムムッ?

ゲセルというのは、先ほど亡くなった御仁か?

「戻ってくる」とは、どういうことでござる。

サドゥ :

なんだ、そんなことも知らずに偵察にきたのか!

オレたちについて、何も聞いてないわけじゃないよな?

ゴウセツ :

ううむ、シリナ殿は確か……とても勇猛な、猛者の集まり……とかなんとか……。

サドゥ :

そうだ、ドタール族はもっとも勇敢な戦士。

死ですら、オレたちにとっては恐れるものじゃない。

サドゥ :

よその部族の奴にはわからないらしいが、オレたちは、戦いの高揚が「魂の輝き」を生むのを感じてる。

サドゥ :

勇敢に戦って、おおいに輝いた魂は、肉体が滅んでも、すぐに新たな子として生まれてくる。

伝統的に、おおよそ死んでから1年以内だ。

サドゥ :

オレたちは、新たな子が誰の生まれ変わりだか見極め、同じ名をつけ、再誕と再会を祝福する。

そしてまた生まれ変われるよう、勇敢に戦うんだ。

ゴウセツ :

では、おぬしらは、死んだ者と生まれた者を、同じ人物として扱うのか?

そんな……とても信じられぬ!

サドゥ :

偵察することは許したが、オレたちの誇りを傷つけるような真似は許可しない。

サドゥ :

言葉と振る舞いには、気を付けるんだな。

……それじゃ、あとは適当にしろ。

 

子供が増えたらどうするんだろうとか思ったり…

 

ゴウセツと話す

ゴウセツ :

……皆、すっかり元通りでござるな。

刹那の間ではあったが、まるで蛇に睨まれた蛙の気分よ。

ゴウセツ :

しかし、生まれ変わりとは……拙者には理解が及ばぬが、ドタール族にとっては、まぎれもない真実ということか……?

ゴウセツ :

謎は深まるばかりでござる……。

されど収穫なしに戻るわけにもいかぬ。

ひとまず、ここの者に話を聞いてみるといたそう。

 

ドタール・カーで情報を集める

ココ :

あーっ!?

おたく、ちょっと前に再会の市にいただろ!

なんか見た顔だなって思ったんだよ!

ココ :

あの日は、オロニル族の野郎にケンカふっかけられてよぉ。

最低な気分でぶらついてたら、おたくらを見かけたんだ。

で、なんか変な奴らがいるなーって。

ココ :

また会うなんて思ってなかったが、縁は結べ、再会は祝せだな。

オレは「ココ」ってんだ、よろしく!

ココ :

アン?

名前が可愛いだと……?

そりゃ、最初のココは女だったんだから、仕方ねぇだろ。

ココ :

今のココ……オレは男だけどよ、身体の性別なんて、魂の根源にはちっとも関係ねぇ。

どっちに生まれ変わろうが、この魂が宿るかぎり「ココ」だ。

ココ :

……ま、余所者には、ちっとややこしいか。

名前と身体の性別が合ってても、言動が一致しない例もあるし。

ココ :

サドゥ様を見てみろよ。

前の三代が男で、当代でもまわりが同じに扱ったもんだから、すっかり男前に育ってるだろ!

 

コヤル :

生まれ変わりについて聞きたい?

そうですね……前代のわたしは、ホトゴ族との戦いで、獅子奮迅の活躍をして死んだと聞いています。

コヤル :

もちろん、今のわたしにその記憶はありません。

でも、まわりのみんなが教えてくれるので、コヤルであるために大事なことはわかっています。

 

メルゲン :

ねえ見て!

うちの子が、獣を仕留めたんだよ。

メルゲン :

この子の前代は、あたしの幼馴染で、弓の名手だったんだ。

新しい姿になっても、さすがに筋がいいと思わないかい?

 

ゴウセツと話す

 

ゴウセツ :

ああ、[プレイヤー名]殿。

そちらも話を聞いてまわれたでござるか?

ゴウセツ :

ふむ、やはりドタール族は生まれ変わりを信じている。

真偽はともかく、それゆえに死を恐れず戦うのは、もはや疑う余地もござらん。

ゴウセツ :

加えて、彼らの使う武器を見せてもらったが、明けの玉座で見たものと比べても、より洗練され、使い手の技量の高さがうかがい知れた。

ゴウセツ :

気がかりなことといえば……それだけ心身が鍛練された戦士を有しておきながら、集落が小さく、栄えていないことでござるが……。

  

「勇猛なるドタール」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「青き宿敵」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「命を焦がす夢」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.