さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「青き宿敵」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「青き宿敵」のセリフ集です。

明けの玉座でマグナイからの依頼をおとなしくこなす冒険者たち。それでもまだ帰してもらえないようです。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「陽と月をめぐる異説」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「勇猛なるドタール」

 

 

クエスト受注

マグナイに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170628103757p:plain

 

マグナイ :

お前たちの働き、なかなか悪くはなかった。

その身ぐるみを剥ぎ取るよりも、よほど価値ある貢献だ。

マグナイ :

だが、合戦は刻一刻と近づいている。

開戦までに無事モル族のもとへ帰りたければ、もうひとつ大きな働きを捧げろ。

マグナイ :

……余輩らと幾度も勝者の座をかけて争ってきた、宿敵「ドタール族」を偵察するのだ。

マグナイ :

この任にあたるのは、お前たちのうち2人……残りの2人は、人質として、ここへ残れ。

マグナイ :

万一、偵察に向かった者が逃走したり、ドタール族に捕まって戻らなければ、人質の2人を、命尽きるまで余輩らの隷属とする。

リセ :

成功すれば無事解放、失敗すれば……か。

ドタール族について探れるのは助かるけど、責任重大だね。

誰が行こうか……。

マグナイ :

いや、待て。

人選は、こちらで決める。

マグナイ :

お前たちは、いずれもバルダム覇道を越えた戦士。

実力に大差がないならば、より手元に残したい者を、余輩らが人質として選ぶのが道理だろう……!

マグナイ :

当然、まずは余輩から選ぶが……これは、そもそも選択肢がないも同然だ。

マグナイ :

女よ、残るがいい。

お前が余輩のナーマかもしれないなどとは微塵も思わないが、一族以外の男など、輪をかけて不要だからな。

マグナイ :

男の方は、ブドゥガ族の好きにしろ。

ダイドゥクル :

ふぅん……ほう……ほほう…………。

 

どうする?

  • アピールしておく
  • 拒否しておく

 

ダイドゥクル :

汝、ヒエンッ!!

人質として、ここに残ることを命ず!

ヒエン :

あっはっは!

さては、さきほどの働きぶりが気に入られたか?

ヒエン :

できれば、強豪と聞くドタール族を、見ておきたかったのだがなぁ。

ゴウセツと[プレイヤー名]が行くなら、十分であろう。

ヒエン :

ふたりとも、偵察の任、くれぐれも用心して参れよ。

ゴウセツ :

若こそ、よくよく……ご無事で。

いざとなったら、リセとともに逃げるのでござるぞ。

マグナイ :

では、あらためて命じる。

偵察に向かう者は、ここより南方にあるドタール族の拠点……「ドタール・カー」の現状を調べろ。

マグナイ :

有益な情報を持ちかえれば、全員まとめて解放してやろう。

……行け。

ゴウセツ :

[プレイヤー名]殿……しばしのふたり旅、よろしく頼むでござる。

偵察の段取りは、この息苦しい部屋の外で話すとしよう。

 

ゴウセツと話す

ゴウセツ :

ぬぅ……さしあたっての危険はなかろうが、主を人質に取られるのは、どうも生きた心地がせぬ。

さっそく、偵察に向かうでござる。

ゴウセツ :

地図によると、ここより南に、ドタール・カー周辺を一望できる高台があるらしい。

そこで「見わたす」ことからはじめるとするか。

 

暮れの玉座の印の上で「見わたす」をする

ゴウセツ :

西に見える天幕が、ドタール・カーか……?

おぬしも、そこらから「見わたす」でござる。

 

ゴウセツ :

むっ……!?

[プレイヤー名]殿、あれを見るでござる!

ゴウセツ :

獣に人が襲われておる……!

まずいぞ、あの様子では、到底逃げ切れぬ!

ゴウセツ :

偵察といえど、死にかけている者を見捨てておけるか!

急ぎ、助けに行くでござる!

 

妨害を退け青き衣の男を救助

ゴウセツ :

[プレイヤー名]殿は、そちらの御仁を!

 

青き衣の男 :

ゲホッ……ゴホッ……。

すまんな、恩に着る……。

ゴウセツ :

そちらの御仁は、間一髪でござったか。

だが、もうひとりは……。

ゴウセツ :

拙者が獣を退けたときには、すでに手遅れでござった。

爪を受けた場所が悪く、致命傷となったと見える……。

青き衣の男 :

そうか……。

それは悔しいやられ方をしたな……。

????:

おい、テメェら。

いったい何があった?

青き衣の男 :

サドゥ様……。

申し訳ない、狩りの帰り道に油断して、獰猛なマンザシリの奇襲を受けた。

青き衣の男 :

俺はこのとおり助けられたが、あいつは……。

サドゥ :

フン……それで、テメェらは何者だ?

いかにも余所者ってナリだが、無関係な奴が、こんな砂漠を通るわけがない……。

サドゥ :

さては、どこかの部族についてるな?

言え、何族の者だ。

ゴウセツ :

拙者たちは、モル族の世話になっておる者。

ゆえあって、強豪と音に聞くドタール族の様子を見に参った。

サドゥ :

モル族?

 あの神託の……?

戦なんて滅多にしない、弱小の……!?

サドゥ :

ハハハッ、こいつは珍客だ!

しかも、今どき様子を見に来たってことは、テメェらを引き入れて「終節の合戦」に参加する気か!

サドゥ :

いや、悪いな……。

あんまりに予想外だったもんで、つい楽しくなっちまった。

サドゥ :

オレは、サドゥ……ドタール族の現族長だ。

うちの仲間を助けたのに免じて、少しの偵察なら許そう。

サドゥ :

もしも、テメェらがオロニル族の手の者だったら、この場で、骨も残さず焼いてたけどな。

サドゥ :

おい、立てるようになったら、そいつの死体を、いつもの場所に捨てておけ。

オレは先に戻ってる。

青き衣の男 :

ああ、わかった……。

 

ゴウセツと話す

青き衣の男 :

こっちはもう大丈夫だ。

気にしないで、行ってくれ。

 

ゴウセツ :

まさか、いきなり族長と会うことになるとは……。

素直にモル族を名乗ったのは、正解だったでござる。

ゴウセツ :

しかし、サドゥとやらと亡くなった御仁は、同族でござろう?

仲間の亡骸を「捨てておけ」などと言いおって!

ぐぬぬぬ……!

 

「青き宿敵」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「陽と月をめぐる異説」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「勇猛なるドタール」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.