さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。戦士Lv65クエスト(紅蓮編)「オラの中の獣」

FF14のパッチ4.0戦士ジョブクエスト「オラの中の獣」のセリフ集です。

アジムステップからやってきた斧術士ドラゴノに原初の魂をコントロールする方法を伝授すべく協力しています。

一方、キュリアス・ゴージは不調な模様。そしてゴージの問題が分かってきたブロークン・マウンテン。次はどうするのか…

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。戦士Lv63クエスト(紅蓮編)「こじらせ戦士」

↓次のクエスト 

FF14セリフ集。戦士Lv68クエスト(紅蓮編)「オメを追って」

 

 

クエスト受注

ブロークン・マウンテンに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170628100604p:plain

モラビー造船廠のブロークン・マウンテンは、何やら慌てているようだ。

 

ブロークン・マウンテン :

[プレイヤー名]、思わぬ事態となった!

以前に討伐した、マムージャ族の傭兵団が、黒渦団に報復するため、新大陸から援軍を呼び寄せたのだ!

ブロークン・マウンテン :

奴らが狙っているのは、ワインポート。

辺境の集落を占領し、活動拠点にしようと画策しているらしい。

ブロークン・マウンテン :

火を点けたのは我らだ。

ここは、戦士隊の名誉に賭けて、我らが一丸となって迎え撃ち、敵を壊滅しようではないか!

ブロークン・マウンテン :

ゆえに今回は、ドルゴノの監視役としてではなく、「最強の戦士」として、君に加勢してもらいたいのだ。

東ラノシアの「レインキャッチャー樹林」で落ち合おう。

 

ワインポート付近のブロークン・マウンテンと話す

 

ドルゴノ :

[プレイヤー名]、今日も強そうだな!

誠実な戦士隊員 :

[プレイヤー名]殿!

またも、ご一緒できて光栄であります!

 

ブロークン・マウンテン :

黒渦団の偵察隊からの報告によれば、マムージャ族の傭兵団は、南に陣取っているらしい。

ブロークン・マウンテン :

直進してくるつもりか、迂回するつもりかは読めないが、ここで待ち受けて、集落を戦場にするわけにはいかん。

そこで、今回も二手にわかれて行動しようと思う。

ブロークン・マウンテン :

我らは迂回ルートを、[プレイヤー名]は直進ルートを進む。

ドルゴノには悪いが、今回ばかりは後方支援に回ってもらう。

本気を出して、「原初の魂」に飲まれてしまわぬようにな。

ドルゴノ :

わかった……しょうがねえよな……。

ブロークン・マウンテン :

ただし、ドルゴノという戦力なくして、勝てる相手かどうか、少しばかり不安ではあるのだが……。

キュリアス・ゴージの声 :

心配ねえ!

 オラが加勢するぞ!

ブロークン・マウンテン :

キュリアス・ゴージ、またも、現れるとはな……。

しかし……お前は戦える状態なのか?

キュリアス・ゴージ :

オラ、もう大丈夫だぞ!

斧術士ギルドで、大岩砕いて、巨獣退治して……完全復活したんだ!

ドルゴノ :

また出たな、軟弱男めっ!

オメなんか、足手まといになるだけだ!!

キュリアス・ゴージ :

なんだと、鬼女!

この戦いが済んだら、オラがぶちのめしてやっからなっ!!

ブロークン・マウンテン :

わかった、わかった。

それでは、我が弟よ、お前に前衛を任せることにする。

ブロークン・マウンテン :

では、進軍した先の合流地点で会おう!

進軍開始!

 

指定地点で見渡して敵を討伐→ブロークン・マウンテンと合流

誠実な戦士隊員 :

[プレイヤー名]殿……。

恥ずかしながら、不覚であります……。

 

ブロークン・マウンテン :

無事だったか……そちらも敵がいたようだが、こちらにも、手強いマムージャ族が続々と現れてな……。

形勢不利となって、なんとかここまで撤退してきた。

ブロークン・マウンテン :

我が弟は、まだ不調が続いていたようで、戦力にはならなかった。

そして、そんな弟と、後方にいたドルゴノが逃げ遅れてしまい、今も、敵陣の最中に取り残されているのだ!

ブロークン・マウンテン :

すまぬが、ふたりを探して、加勢してやってくれ!

 

キュリアス・ゴージを探す

ドルゴノ :

ううう……

 

キュリアス・ゴージ :

来てくれたか……気をつけろ……。

マムージャ族は、ドルゴノが倒したが……その拍子に……キュリアス・ゴージ :

……「原初の魂」に飲み込まれたんだ!!

キュリアス・ゴージ :

すまねえ、オラは、まだ力が戻ってなかった……!

どうか、ドルゴノを止めてくれ!

ドルゴノ :

や、やったぞ……「原初の魂」を……ねじ伏せてやった!

もう、「悪鬼憑き」だなんて、呼ばせねえぞ!

キュリアス・ゴージ :

まさか……戦えねえオラのことを、護ろうと決意を奮い立たせて、ねじ伏せることができたってのか……。

キュリアス・ゴージ :

こんなにも早く「原初の魂」を制御できちまうなんてな……。

だめだ……今のオラには、とても敵わねえ。

キュリアス・ゴージ :

すまねえが、オラ、先に帰らせてもらう。

兄者や、みんなに……合わせる顔がねえんだ……。

ブロークン・マウンテン :

一時はどうなることかと思ったが……。

マムージャ族の傭兵団を壊滅させ、「原初の魂」も手懐けることができるとは、一挙両得だったな。

ドルゴノ :

オラは、もう「悪鬼憑き」じゃねえ!

これで、故郷に戻ることができるんだ!

ブロークン・マウンテン :

皆、ご苦労であった、モラビー造船廠へ戻り、ドルゴノの帰郷を見送ってやろうではないか。

ドルゴノ :

[プレイヤー名]、オラ、故郷に帰ることになったが……オメも……オメも、オラといっしょに来ねえか……?

ドルゴノ :

ケレル族の一員になれば、広い土地とたくさんの馬が手に入るぞ!

つええ、オメなら部族でも歓迎されるはず……ドルゴノ :

[プレイヤー名]、オラの婿になって、アジムステップで暮らそうぜ!

 

何と答える?

  • やることがある
  • エターナルバンドしている
  • 心に決めた人がいる

選択肢にエタバンがあるのが生々しい…

ここは「やることがある」を選んでおきます。

 

 

ドルゴノ :

……そうか。

確かにオメは、なんだか、デッカイものを背負っているみてえだな……。

ドルゴノ :

わかった……今のは忘れてくれ。

この想いは、心の奥にしまっておく……。

ドルゴノ :

さあ、オラたちも、「モラビー造船廠」へ戻ろうぜ!

 

 

モラビー造船廠のブロークン・マウンテンと話す

ドルゴノ :

さっきのことは……みんなには内緒だぞ……。

誠実な戦士隊員 :

ドルゴノさん……せっかくの、紅一点なのに……。

ハッ……いえ、なんでもありません!

 

ブロークン・マウンテン :

戦士隊としては、引き止めたいのは山々だが、ドルゴノを気持ちよく、故郷へと送り出してやろう。

ドルゴノ :

短い間だったが、みんなには世話になったな。

オラ、「悪鬼憑き」になって、ケレル族を追放されてからは、もう二度と故郷には戻れないものと思ってた……。

ドルゴノ :

でも、戦士隊と出会って、「原初の魂」を制御できるようになり、もう「古の悪鬼」に乗っ取られることもなくなった。

これできっと、部族もオラを受け入れてくれるはずだ。

ドルゴノ :

教官と戦士隊のみんな、そして、[プレイヤー名]。

今まで、本当にありがとな!

それじゃあ、達者でな!

ブロークン・マウンテン :

今回も協力してもらって感謝する。

戦士隊だけでは、勝利することはできなかっただろう。

ブロークン・マウンテン :

ところで、キュリアス・ゴージの件なのだが。

どうやら、我が弟は、あのドルゴノにだな……その……いわゆる……「恋」してしまったようだ。

ブロークン・マウンテン :

生まれてこの方、戦士一筋の弟にとって「恋」とは未知のもの。

あいつは、自分が恋したということが理解できず、気持ちを飲み込めないまま、混乱に陥った。

ブロークン・マウンテン :

それが、心の内なる「獣性」にまで支障をきたし、「原初の魂」が震えなくなったのだ……。

ブロークン・マウンテン :

だが、ドルゴノが遠くへ去ったいま、時間が、弟の恋心を忘れさせてくれることを期待する……。

ブロークン・マウンテン :

しばらくは、弟を見守ろうと思う。

また、進展があったら相談させてくれ。

何を隠そう、この問題は私でも手に余るのでな……。

 

「オラの中の獣」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。戦士Lv63クエスト(紅蓮編)「こじらせ戦士」

↓次のクエスト 

FF14セリフ集。戦士Lv68クエスト(紅蓮編)「オメを追って」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.