さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「もののふ、今はなく」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「もののふ、今はなく」のセリフ集です。

元甲冑氏のツラヌキさんが腹当てを作ってくれる気になったようです。これで準備OKかな? 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「生き続けるために」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「最後の余白」

 

 

クエスト受注

イッセ :

どのみち、負けたら後がないんだ。

こうなりゃ全員巻き込んで、絶ッ対、勝ってやる!

ツラヌキ :

若様のこと、何と礼を言ったらいいか……。

この恩は仕事で返す、だから最後まで若様を頼むぜ……!

 

リセに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170629161234p:plain

 クサカリの里のリセは、感慨深げな様子だ。

 

リセ :

やったね、[プレイヤー名]。

こうやって、また一歩、国の未来に繋がっていく……。

今のドマのみんなの熱気、アタシきっと忘れないよ。

リセ :

あなたも、手を貸してくれてありがとう!

あとはアタシたちと、村のみんなでどうにかしておくよ。

リセ :

だから、ここは任せて烈士庵に戻ってほしいんだ。

まだ準備が終わってない人がいるかもしれないから、反乱軍のみんなに、声をかけてあげて!

 

もう準備はいいから早く行こうぜえ~。

 

烈士庵で情報を集める

カイダテ :

おつかれさまですッ!

こちらは、ゴウセツ殿の厳しい指導のもと、順調に仕上がっておりますッ!

 

モトジロ :

準備の進捗ですか?

ええ、こちらはどうにか予定どおりに。

どれだけ備えても不安はありますが、万全を尽くしましょう。

 

ハナメ :

こちらの支度は、つつがなく。

これより、ヒエン様より言いつかった、草原のアウラ族への指示書をしたためるところです。

ハナメ :

……ヒエン様といえば、お出かけの準備をなさっていたご様子。

[プレイヤー名]殿、もしほかに火急の用がなければ、我らに代わり、ヒエン様の護衛をお願いできませんか?

 

ヒエンと話す

ヒエン :

……わしの護衛を頼まれた?

はは、近所に出てくるだけなのだがなぁ!

ヒエン :

いやなに、作戦の前に、一度ドマ城を見てこようと思ってな。

護衛はともかく、時間があるならばそなたにも見せたい。

……同行を頼めるか?

ヒエン :

よし、ではゆこう!

ドマ城を臨むには、西の「門前侍町」がうってつけだ。

 

門前侍町でヒエンと合流

ヒエン :

ここから先が、門前侍町……有力な侍の武家屋敷も連なる、一等地……だったのだがな。

ヒエン :

このとおり、戦で焼き討ちにされた。

再建が手付かずなところを見るに、見せしめとして放置されたか……。

ヒエン :

……ゆこう。

もう少し奥からの方が、城もよく見える。

 

ヒエンと話す

 

ヒエン :

人影はなく、からくり兵器どもが跋扈し放題か……。

これでも在りし日は、歩けば誰ともなし声をかけてくる、往来の多い通りであったのだ。

ヒエン :

……まあ、温かい言葉ばかりではなかったがな。

占領下の国主一族になど、帝国寄りであれドマ寄りであれ、割りきれん想いがあろう。

ヒエン :

それでも……それぞれが明日を憂い、弁を交わすは、互いの命あってのこと……。

かような静けさより、いくらもよかったわ。

ヒエン :

……っと、暗くなったな!

では先に進みがてら、「傷みの少ない武具」でも拾っていくか。

道具とて、ここに捨て置かれるよりは報われよう。

ヒエン :

そなたは、この通路のつきあたり……南西の区画を見てまわってくれ。

探索ののち、城に近い場所で合流しよう。

 

痛みの少ない武具を探す→ヒエンに渡す

ヒエン :

どうだ、[プレイヤー名]。

戦に使えそうなものは残っていたか?

ヒエン :

刀か……。

鞘はついておるが、野ざらしであったなら、すぐには使えそうもないが……。

ヒエン :

だが、よければわしに預からせてくれ。

薄れてはいるが、鞘の家紋に見覚えがある。

……ともに学舎に通った、同輩の家のものだ。

ヒエン :

刃を抜くまでもなく、とは……さぞや無念であったことであろうよ。

ヒエン :

やはりここからが一番よく見えるな……。

あれが、わしらが攻め上るドマ城だ。

ヒエン :

属州となってからの大半のとき、あそこには帝国軍の拠点が置かれてきた。

今は、代理総督ヨツユの居城だ。

ヒエン :

父上はともかく、わしには遠い場所でなぁ。

登城したのも、数えるほどよ。

ヒエン :

……それでも、天守閣からの眺めは忘れられん。

わしは、領土を一望して、なんて小さいと思ったのだ。

ヒエン :

無論、あの場所からは見えん土地もあろう。

だが、それにしたってあまりに狭い……見渡したらそれきりの場所が、ドマだった。

ヒエン :

なあ、[プレイヤー名]。

旅をしてきたそなたなら、わかっておろう。

……わしらが奪い返そうとしているものは、実は、小さい。

ヒエン :

土地の広さだけの話ではないぞ。

一国の盛衰などは、所詮、長い歴史のほんの一端だ。

ヒエン :

……だが、人はそこに生きておる。

朝な夕な留まることなく、短き日々に一喜一憂しながら、俯瞰すれば「たったそれだけ」の人生に懸命だ。

ヒエン :

わしは、そこに命の在りようを見た気さえした……。

ゆえにヒエンという男の命もまた、それだけのものを守るために、費してよいのだとな。

ヒエン :

それを肌で教えてくれた、いと高き尊き城よ。

されども民なくば、そこからの景色は意味をもたん。

ヒエン :

なればこそ、わしは…………ん?

いや、待てよ……?

ヒエン :

大変だ、[プレイヤー名]!

アルフィノの策を、さらに必勝とする案を思いついたわ!

ヒエン :

これは……うむ、我ながら天啓を得た気分だな。

さっそく戻って、皆に提案するとしよう!

 

もののふ、今はなく」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「生き続けるために」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「最後の余白」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.