さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ドマ民一揆」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「ドマ民一揆」のセリフ集です。

アリゼーとの紹介任務を終えました。帝国側も烈士庵にかなり近づいてきています。

そろそろ行動を起こすときのようです。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「少女ノ目」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「生き続けるために」

 

 

クエスト受注

アリゼーに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170629153231p:plain

 烈士庵のアリゼーは、冒険者を案じているようだ。

 

アリゼー :

あなたがほかも手伝うって言ってくれるなら、もちろん止めはしないけれど……くれぐれも無理はしないでよね。

アリゼー :

さっき、ちょうど一時帰還してきたリセと会ったの。

なんだか村の方で問題が起きているみたい。

アリゼー :

奥にいるみたいだから、声をかけてあげたらどう?

私も、次の仕事にいってくるわ。

 

リセと話す

アルフィノ :

大龍壁も月亮門も、もともとは、城に出入りする船を管理するために、ドマの民が作り上げたものだそうだ。

アルフィノ :

ゆえに、侵入自体はそれほど難しくない。

あとは敵がどれだけ配備されているかだが……忍びたちの手も借りて、必ず魔導障壁を解除してみせよう。

 

 

リセ :

まいったな……。

こっちも武具の数はカツカツか……。

リセ :

えっ、手を貸してくれるの……?

助かるよ、私が準備を手伝ってるナマイ村で、ちょっと問題が起きててね……。

リセ :

今回の作戦、最初にアタシとドマの民で、帝国軍を相手に暴動を起こすことになってるでしょ?

……それに使う武具が足りないんだ。

リセ :

烈士庵に予備があればって思って来たんだけど、駄目みたい。

これから「イッセ」のところに戻って相談するから、あなたもよければ知恵を貸して!

 

イッセと話す

リセ :

どうしたものかな……。

 

イッセ :

おっ、話には聞いちゃいたが、あんたも無事に戻ったんだな。

心強い、それじゃあさっそく…………チグサ :

イッセちゃん、言われてたとおり、使えそうな縄を集めておいたよ。

ミヤマ :

こっちは農具の刃を研いでるが、やっぱ数が足んねぇんだ。

お前んとこ、もう1本くらいクワ持ってねぇか?

イッセ :

ああ、ありがとうチグサさん。

手が空いたなら、リョウセンさんとこに、手伝いにいってもらえるか?

イッセ :

それから、うちの農具はもう全部出したって。

好きに家に上がっていいから、使えそうなもんがあったら、適当に持って行ってくれ。

アザミ :

わたしはね、みんなの分のおにぎりつくったよ!

……今日こそ、イッセにいが、ユウギリさんとこ届けに行く?

イッセ :

ばばばばば馬鹿お前、何言ってんだ……!

できたなら、早く届けにいってこい!

 今すぐっ!

イッセ :

……悪かったな、話の途中で。

みんな、若様が戻ってきたから、一層張り切ってるんだ。

リセ :

頼りにしてるよ、村のみんなのこと。

……けど、やっぱり武具の数は足りなさそう?

イッセ :

ああ……最悪、武器は木の棒でも何でもいい。

だけど、防具がどうにもな……。

イッセ :

戦い慣れてない俺たちは、帝国兵の攻撃を避けきれない。

鎧兜とまではいかなくても、何か防具をつけなきゃ、出たそばから倒されていくだけだ。

リセ :

烈士庵の方にも余裕はない……。

ハンコックに掛け合ってみるとしても、まずは私たちで、調達の算段をつけたいところだね……。

リセ :

ねえ、このあたりに甲冑師はいないの?

簡易的なものでも、作ってもらえないかな?

イッセ :

……町人地から逃げてきた、元甲冑師ならいるよ。

腕はいいから、頼んでみることもできると思う。

イッセ :

けど……俺じゃ、あの人をうまく説得できる自信がない。

案内するから、あんたたちもついてきてもらえないか?

イッセ :

……悪いな。

その人の名前は「ツラヌキ」さん、今は南のクサカリの里に住んでるんだ、行こう。

 

ツラヌキと話す

イッセ :

……悪いな。

その人の名前は「ツラヌキ」さん、今は南のクサカリの里に住んでるんだ、行こう。

イッセ :

……この人が、ツラヌキさんだ。

リセ :

ねえ、この人…………。

 

ツラヌキ :

あひゃひゃひゃひゃ……!

若ぇモンがそろって、なんでぇなんでぇ!

ツラヌキ :

ドマ奪還?

 反乱軍?

はーっ、こいつはおったまげたねぇ!

まだそんな無意味なことを言ってる奴がいたのかい!

ツラヌキ :

あひゃ、あひゃ!

いいぜぇ、話くらいは聞いてやらぁ!

だが、あんまり笑かすと、ぽっくり逝くから注意しなぁ!

 

攻城戦まだだった…

ここまでくるとさすがに焦れてきますね。

 

「ドマ民一揆」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「少女ノ目」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「生き続けるために」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.