さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「最後の余白」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「最後の余白」のセリフ集です。

烈士庵に戻り、ヒエンと共にドマ城下町を探索した冒険者。

そこえヒエンはドマ攻城戦での必勝の策を思いついたようだ…

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「もののふ、今はなく」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「いざ、解放決戦へ」

 

 

クエスト受注

ヒエンに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170629164631p:plain

 門前侍町のヒエンは、重大なことをひらめいたようだ。

 

ヒエン :

[プレイヤー名]、頼む。

先に烈士庵に戻って、皆を集めてほしいと、アルフィノに伝えてはもらえんか?

ヒエン :

あわせて、コウジン族からも連絡役をよこしてほしい。

わしもすぐ戻るゆえ、よろしくな。

 

アルフィノと話す

アルフィノ :

……ヒエン殿が、策の変更を提案したいと?

わかった、では今一度、皆に集まってもらうとしよう。

アルフィノ :

それから、コウジン族もだね。

そちらも急ぎ、碧甲羅に連絡をとってみよう。

彼らが到着するのを待って、緊急会議だ。

アリゼー :

碧甲羅の使者、到着したわよ。

ソロバン :

やっほぉ~、毎度ごひいきにぃ~。

長老に言われて、代表で来ましたぁ~。

リセ :

ソロバン!?

久しぶりだね、一緒に戦えてうれしいよ!

ヒエン :

では、わしからひとつ、提案させてもらってよいか?

ヒエン :

呼びつけて、すまんな。

此度の作戦は、すでに聞き及んでいると思うが、それにあたって、そなたら碧甲羅に相談がある。

ヒエン :

まじないの類でも、道具を使ってでもいい。

そなたらは、水中から、ドマ城の城壁を崩せるか?

ソロバン :

できなくもないよぉ~。

水雷を仕入れて、オイラたちの術もあわせれば、おそらく、ドッカーンと……。

ヒエン :

よし、ではその準備を頼む。

現状の作戦を、ひとつだけ変更したい。

ヒエン :

碧甲羅は、海賊衆と別行動だ。

作戦開始にあわせ無二江をさかのぼり、上流側の城壁を爆破……ヒエン :

ドマ城を、水没させてくれ。

ゴウセツ :

ま、待たれよ!

今は敵陣なれど、ドマ城は取り戻すべき祖国の象徴。

それを水に沈めるとは、何ゆえにござるか!

ヒエン :

無論、勝つためだ。

水攻めが成れば、城内にいる敵戦力の大半を一掃できるうえ、ヨツユの逃げ場も、天守閣の上部に限定される。

ゴウセツ :

……本当に、よろしいのか。

城に格別な想いがあったのは、誰よりも、若と父上でござろう。

ヒエン :

ドマとは、城にあらず。

民が生きれば、城などまた建て直せよう。

ヒエン :

ゆえに、今は民とともに、この戦を勝ち残ることのみ考えよ。

わしらの国が何かを失うのは、これで最後だ。

アルフィノ :

ヒエン殿、あなたのお覚悟、しかと受け止めました。

私には何の異論もありません。

……勝ちましょう、何としても、必ず!

ソロバン :

オイラも、了解だぁ~。

アンタたちの決意に、きっちり応えようじゃないかぁ~。

長老に伝えて、さっそく準備するよぉ~!

ヒエン :

皆のおかげで、戦の準備はおおよそ整った。

碧甲羅からの報を待って、作戦を決行とする。

各自、最後の仕上げを頼んだぞ。

 

仲間たちと話す

 

アルフィノ :

作戦開始に向けて、最後の仕上げだ。

皆の方は、どうだろうか……。

ヒエン :

そなたと城を見ながら話しておったら、ふと腑に落ちてな。

付き合ってもらった甲斐もあったというものだ。

アリゼー :

さて、私もあとはアルフィノと最終確認をするだけだわ。

作戦では別行動だけど、あの約束はまだ有効だからね。

……全員、必ずまた無事で、よ。

 

ゴウセツ :

兵の仕上がりは、まずまずといったところでござる。

あとはよく休養し、作戦にそなえるのがよかろう。

ゴウセツ :

おぬしも、忙しくあちこちを走り回っていたようだが、心身の備えは万全でござるか?

ついに決戦だ、悔いなきように迎えねばな。

ゴウセツ :

作戦については……おぬしにとやかく言うものでもござらん。

 

 

リセ :

よし、それじゃあアタシは、村の方に戻るよ。

ツラヌキさんや、みんなががんばってくれて、準備もあと一息なんだ。

リセ :

あの調子なら、きっと間に合うはず……。

アタシもあと少し……がんばってくるね!

 

 

ユウギリ :

貴殿の尽力もあり、戦支度はかなり進んでいる。

それでも、ぎりぎりまで調整を要するだろうが……。

ユウギリ :

私も当日は、ほかの上忍に忍び部隊を任せ、貴殿やヒエン様とともに、ドマ城へ突入する予定だ。

どうか、よろしく頼む。

 

アルフィノと話す

アルフィノ :

皆、まだ準備で忙しくしているものの、大きな問題は起きていないようだね。

碧甲羅次第ではあるが、明日には作戦決行となるか……。

アルフィノ :

君には、ドマ城に突入するという、肝心な役目がある。

ここまでも手伝いに奔走してもらったし、私としては、休んでもらいたいのだが……どうだろうか?

 

もう休む?

  • そろそろ休んでおこう
  • もう少し、やることがある

「そろそろ休んでおこう」を選んでおきます。

 

アルフィノ :

ああ、是非そうしてくれたまえ。

おつかれさま……そして明日はがんばろう、[プレイヤー名]。

リセ :

あ、まだ起きてたんだね。

アタシは、村のみんなに追い出されたとこ。

一番暴れなきゃいけないんだから、早く寝ろってさ。

リセ :

……明日は、決戦になりそうだね。

緊張してるけど、どこかで逸ってる自分もいて……なんだか不思議な気持ちだよ。

リセ :

変わる予感、っていうのかな……。

戦いが終わったとき、アタシたちは何を得て、何を失ってるんだろう……。

リセ :

アタシ、力いっぱい戦うから。

この旅で知ったことや思ったこと、全部をこめて、一秒一秒を戦い抜くんだ。

リセ :

……それじゃ、先に寝るね。

あなたも、無理しちゃだめだよ。

リセ :

そうだ、あなたが寝るときにでも、アルフィノたちに声をかけてあげて。

今はまだ、そっとしておいた方がよさそうだからさ。

ヒエン :

お、そなたもまだ起きておったか。

どうだ、こっちで一杯。

ゴウセツ :

むむ……ちょうどいい…………おぬしにも注意を促さねばと、思っておったところでござる。

ヒエン :

こらゴウセツ、やめておけ。

まったく、酔ったそなたは説教臭くてかなわん!

ヒエン :

明日のことは、皆で十二分に話しただろうに……。

ドマ城の水攻めも、いい加減に腹をくくったらどうだ。

ゴウセツ :

無論、男に二言はござらん!

ただ、いよいよ決戦かと思えば、これまでの苦労が思い出され、あれやこれやと口を出さずにはおられんのです。

ゴウセツ :

……拙者は、侍大将という大層なお役目を頂戴しながら、この人生において、二度も大きな失態を犯したのでござる。

ゴウセツ :

一度目は、25年前……力及ばず帝国に敗れ、主君を幽閉の憂き目にあわせたこと。

ゴウセツ :

拙者も監獄に繋がれ、死して詫びることばかり考えておった。

しかし、カイエン様は、やっと許された面会の機会に、あろうことか拙者を呼んだのでござる……。

ゴウセツ :

そして、生まれてくる息子……シュン坊のために生きよと、命じられた。

ゴウセツ :

さようでありながら、拙者は二度目の失態を犯した。

先の反乱でカイエン様を討たれ、お守りすると誓ったヒエン様さえ、失くしかけたのだ……。

ゴウセツ :

まっこと……拙者ばかりがおめおめと生きながらえ、なんと厚顔無恥であろうか。

ゴウセツ :

おふたりの……皆のおかげで、かような不忠者の拙者も、こうして再び、大義のための出陣と相成った。

ゴウセツ :

かたじけない……まこと、かたじけない……!

ヒエン :

……たわけ、泣くのが早いわ。

涙というのは、喜ぶにせよ悲しむにせよ、結果という行き止まりが見えてこそ、零れるものだ。

ヒエン :

わしらはまだ道半ば、終わりを察するには早すぎる。

然るうちは、お互い、ただ笑っていよう。

ヒエン :

しかし、そなたらのおかげで、ここに至れたというのには、わしも同感だ。

ヒエン :

この恩返しは、いずれ必ず。

まずは明日、そなたの力を存分に貸してくれ。

ヒエン :

……ユウギリも、いつまでそこに突っ立っておる。

眠らんのなら、ほれ、そなたも付き合え。

ユウギリ :

も、申し訳ございません。

立ち聞きなど、不躾な真似をいたしました。

……主命とあらば、つつしんで。

 

 

「最後の余白」は以上です。

 

↓前のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「もののふ、今はなく」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「いざ、解放決戦へ」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.