さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「解放への道のり」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「」のセリフ集です。

アジムステップを後にし、ヤンサの烈士庵に戻ってきました。

碧甲羅のコウジン族や海賊衆、ヤンサの住民もドマ反乱軍に協力する体制が整ってきていました。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「再び動乱の地へ」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「必中仕事人タタル」

 

 

クエスト受注

 ユウギリ :

よくヒエン様を連れて戻ってくれた。

リセ :

さて、これからどう動こうか……。

ゴウセツ :

若が戻り、皆もいっそう覇気に満ちた様子でござる。

アリゼー :

具体的な作戦については、アルフィノが説明してくれるはずよ。

ヒエン :

烈士庵を懐かしんでおる暇はないな。

 

アルフィノに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170629133741p:plain

烈士庵のアルフィノは、さっそく提案があるようだ。

 

アルフィノ :

息つく間もなくてすまないが……ドマ解放の具体策を、こちらである程度つめておいたんだ。

さっそく、聞いてもらえるだろうか?

アルフィノ :

それでは私から、作戦を提案させていただく。

……今回の目的は、ドマに駐屯する帝国軍の本陣となっている、「ドマ城」を攻め落とすことだ。

アルフィノ :

まず、リセとドマの人々に、各地でできるだけ派手に暴動を起こしてもらいたい。

帝国軍の目を、引き付けるんだ。

アルフィノ :

同時に、飛行獣の扱いにも長けた、アジムステップのアウラ族たちが出撃……。

アルフィノ :

城周辺の空を制し、飛空戦艦での脱出を不可能にするとともに、飛行型の魔導兵器を抑えてもらう。

アルフィノ :

それらの混乱に乗じて、私とアリゼー、忍びたちで、大龍月亮門に侵入し、魔導障壁の解除を試みる。

アルフィノ :

障壁が消え去れば、無二江を伝って、ドマ城へ接近できる。

海賊衆と、碧甲羅のコウジン族の出番というわけだ。

アルフィノ :

彼らには、船の上から砲撃を行いつつ、無二江の西岸に向かってもらいたい。

リセ :

西岸……?

直接ドマ城に攻め込むんじゃないんだね。

アルフィノ :

そこには、一般市民が多く住まう「ドマ町人地」があるんだ。

アルフィノ :

海賊衆と碧甲羅には、そこで民の安全を確保してもらいたい。

追い詰められた帝国軍が、人質をとる可能性もあるからね……。

アルフィノ :

町人地の確保と同時に、いよいよドマ城へ突入する。

この重大な役目には、ヒエン殿率いる反乱軍の主戦力と、君の率いる冒険者部隊こそが適任だろう。

アルフィノ :

ドマ城の内部で、代理総督ヨツユを捜索し、討ち果たす……。

士気と統率を欠いた帝国軍は、我々の敵ではない。

……ドマ解放の達成だ!

アルフィノ :

いかがでしょうか、ヒエン殿。

懸念があれば、遠慮なくおっしゃってください。

ヒエン :

……いや、非常に良い策だ。

そなたは良い目を持っておるのだな。

ヒエン :

アルフィノの提案どおりに、ドマ城への攻城戦を決行する。

先の報告にもあったように、時間の猶予はない……皆、すぐに支度にとりかかってくれ!

 

なんかこのカットシーンのアルフィノの滑舌が微妙に悪いのが気になる。

 

ヒエンと話す

 

アルフィノ :

次は、大龍月亮門への侵入経路の確認か……。

ユウギリ :

シリナ殿が、最後まで協力をしてくれたそうだな。

楽な旅ではなかっただろうが、実りが多いのは何よりだ。

リセ :

それじゃあ、アタシは村の方を見てくるよ。

あとで、またね!

ゴウセツ :

此度の作戦は、ドマにとって、二度はない挽回の機となろう。

是が非でも勝機を逃すことのないよう、同志たちを徹底的に鍛えるでござる!

アリゼー :

さて、私はひとまず、途中になってた軍備の確認をすませようかしらね。

 

 

ヒエン :

さて、これよりは一丸となり、ドマ城攻めの戦支度だ。

[プレイヤー名]、そなたにも皆の手伝いを頼めるか?

ヒエン :

何をすべきかは、まず「アルフィノ」に聞くのが早かろう。

わしも、皆と策の仔細をつめるとしよう。

 

アルフィノと話す

 

アルフィノ :

君も手を貸してくれるのか。

ありがたい、では遠慮なく頼みごとをさせてくれ。

アルフィノ :

先程話したとおり、作戦開始とともに、私とアリゼー、そして忍びたちで、大龍月亮門に侵入……魔導障壁の解除にとりかかる。

アルフィノ :

その際に、魔導装置の操作は必須だ。

こちらにも知識をもった者はいるが、やはり専門家の知恵を借りられれば心強い……。

アルフィノ :

そこで、事前にタタル経由でシドに連絡したんだ。

本人は来れずとも、想定される魔導装置の操作法について、書簡を送ってくれるそうだよ。

アルフィノ :

君には、クガネのウルダハ商館で待つ「タタル」のもとへ、その書簡を受け取りに行ってもらいたいんだ。

アルフィノ :

その間に、私と忍びたちは、門への侵入経路を確認しておく。

遠出になってすまないが、頼りにさせてくれ。

 

イベント後のヒエンとの会話。

ヒエン :

久方ぶりの帰還ゆえ、知らねばならんことが多い。

ドマ町人地も、今はどんな有様になっていることか……。

ヒエン :

しかし、アルフィノは、そこに住まう民も国の宝なのだと、きちんと理解して策を立ててくれた。

「暁の血盟」には、気持ちのよい若者が集っているのだな。

 

クガネのタタルと話す

ハンコック :

オォ~!

[プレイヤー名]さん、お久しぶりデ~ス!

 

ここでタタルが珍しく和装になっています。タタルは服装がよく変わりますね。

タタル :

わわわ、[プレイヤー名]さん!

遠い遠い大草原まで行っていると伺ったのですが、お戻りになったんでっすか!?

タタル :

……なるほど、ご無事で何よりでっす。

ドマ反乱軍の状況についても、アルフィノさんより報告をいただいてまっす。

タタル :

不肖タタル、こういうときのための裏方でっす!

武器は持てずとも、バリバリご協力させていただきまっす!

 

 

「解放への道のり」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「再び動乱の地へ」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「必中仕事人タタル」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.