さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ウィルラの神、カリヤナの神」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「ウィルラの神、カリヤナの神」のセリフ集です。

ギラバニア辺境地帯を帝国支配から解放し、メ族の里にやってきました。

そこでは新たな蛮神が招喚されていました。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「メ族の里へ」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「美神ラクシュミ」

 

 

クエスト受注

アルフィノに話しかけてクエストを受注します。

 

メ・ナーゴ :

私の故郷のすぐ側で、蛮神が召喚されたなんて……下手をしたら、親族たちがテンパードになっていたかと思うと、ゾッとしてしまいます。

リセ :

あのとき、フォルドラを取り逃がしていなければ……!

アリゼー :

帝国の存在が、また新たな蛮神を生んだ……。

蛮神討滅を国是として掲げる国の行動によって、蛮神が生じるなんて、あまりにも悪い冗談だわ……。

ウィルラの闘士 :

シュー……神狩りの英雄とは、お前のことか?

すまないが、その力を我らに貸してもらえぬだろうか……。

 

f:id:thirtyfive:20170630174318p:plain

 ピーリングストーンズのアルフィノは、紙降ろしについて思うところがあるようだ。

 

アルフィノ :

ラクシュミへの対応についてだが……私としては、まず戦闘を回避できる道がないのかを探りたい。

アルフィノ :

私にできることがあるとすれば、話し合いによって、これ以上の無益な戦いを避けることだと思うのだ。

アルフィノ :

それに一言で蛮神といっても、その性質は様々だからね。

積極的に攻勢に出る武神ラーヴァナのような存在から、専守防衛型の雷神ラムウといった例もある。

アルフィノ :

そこで、まずはカリヤナ派のアナンタ族が召喚したという、ラクシュミという神について、詳しく知る必要があると思うんだ。

ウィルラの闘士 :

シュー……ならば、ここより北に向かった先にある、我らウィルラ派の巣、「ウィルラ・ニリヤ」に招待しよう。

我らが指導者、姉妹「サリーシャ」に会うといい。

アリゼー :

わかったわ。

それじゃ、悪いけどメ・ナーゴは、この状況について、解放軍と同盟軍に報せておいてちょうだい。

メ・ナーゴ :

了解です!

みなさん、どうかお気を付けて!

 

 

メ・ナーゴ :

コンラッド隊長を通じて、エオルゼア同盟軍にも蛮神召喚の一報を伝えておきます!

どうかお気を付けて!

 

サリーシャと話す

サリーシャ :

シュー……ヒトの子がこれほど大勢、訪れるとは、珍しいこともあったものですね。

もしや、そなたらが……?

アルフィノ :

ウィルラ派の指導者、サリーシャ様ですね?

私たちは「暁の血盟」という組織に属す者です。

アルフィノ :

美神ラクシュミの召喚について聞き及び、まずは、いかなる神なのかを学ぶ必要があろうと、こうして出むいたのです。

サリーシャ :

シュー……わかりました、お話ししましょう。

美神ラクシュミとは、我らアナンタ族を創りたもうた神です……。

サリーシャ :

美神はアナンタ族の創造にあたり、美の力で美しき鱗を与え、豊穣の力で女のみで子を宿す方法を与え、そして、癒しの力で類い希な生命力を与えました。

アルフィノ :

カリヤナの族長が、娘の復活を願い、神降ろしに手を染めた理由は、この癒しの力を期待してのことか。

その点を考えると、好戦的な蛮神とは思えないが……。

アリゼー :

そう判断するのは早計よ。

蛮神は、召喚した者たちの信仰と願いを色濃く反映する。

一般的な神話より、カリヤナ派が考えるラクシュミ像が重要なのよ。

サリーシャ :

シュー……確かにカリヤナ派とウィルラ派では、美神に対する考え方は、明確に異なっています。

サリーシャ :

美神は、束縛を嫌い自由を好む気質を有す……。

ゆえに我らウィルラ派は自由を重んじ、たとえ犠牲を伴おうとも、解放軍とともに、帝国の支配に抗うことを決めたのです。

サリーシャ :

対してカリヤナ派は美神を称えるため、美を追求すべきと主張し、心写すクリスタルの装飾具を造り、着飾ることにのみ執着しました。

帝国の支配を甘んじて受け入れたのも、そのためでしょう。

サリーシャ :

辛く厳しい現実から目を背け、圧力を強める帝国に抗うことなく、大切な娘すら差し出して、ただひたすらに装飾具を磨き続ける。

それがカリヤナ派の生き方なのです……。

アリゼー :

そんな内向きで、現実から逃げる者たちが神降ろしをしたら、辛い現実で傷ついた心を、癒やすだけの蛮神になるでしょうね。

リセ :

これまでに、たくさんの人を見てきた。

何かにすがらなければ生きていけない人も……。

でも、それじゃあ、現実は変わらない!

アリゼー :

そうね……リセの言うとおりよ。

でも、蛮神なら信徒をテンパードにすることで、甘い夢だけを見続けさせることもできるでしょうね……。

リセ :

その前に、彼女たちを止めなくちゃ……!

サリーシャ :

シュー……思想を異にするとはいえ、カリヤナ派も同胞ではある。

ヒトの子よ、助力を頼めるだろうか?

 

ウィルラ派に助力する?

  • 任せておけ!
  • 場合によっては、ラクシュミを倒す

任せておけ!」を選びます。

 

サリーシャ :

シュー……その言葉に心よりの感謝を……。

これも我らが尊ぶ自由のため、我らも協力を惜しむつもりはない。

アリゼー :

神に祈ったって、死んだ肉親は戻らない……。

ガ・ブのときのような思いは、二度とごめんだわ。

リセ :

よし、行こう……!

美神ラクシュミの下へ!

サリーシャ :

シュー……なれば、ウィルラの闘士、姉妹「ヴァジュラ」を案内役として同行させましょう。

そなたらの献身に、心より感謝します。

 

ヴァジュラと話す

 

リセ :

アリゼーの熱い気持ち、アタシにも伝わってきたからさ、自然と気合も入っちゃうよね。

アリゼー :

ガ・ブのことを思い出すと、どうしても……ね。

アルフィノ :

死した娘の復活を願ったカリヤナの族長、そして、死した両親との再会を願ったガ・ブ……。

今回の件は、どこかオ・ゴモロでの事件を思い起こさせる。

 

ヴァジュラ :

シュー……我らの願いを聞き届けてくれたこと感謝する。

自己紹介が遅れたが、我が名は「ヴァジュラ」。

輝ける硬き石の名を持つ者だ。

ヴァジュラ :

こちらは、すぐにでも出発できる。

カリヤナ派の拠点に行きたいのなら、いつでも声をかけてくれ。

 

 

「ウィルラの神、カリヤナの神」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「メ族の里へ」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「美神ラクシュミ」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.