さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「メ族の里へ」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「メ族の里へ」のセリフ集です。

カステッルム・ベロジナを攻略し、残敵も蹴散らしました。

ベロジナ川の向こう側に行くようです。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「残敵を蹴散らせ」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ウィルラの神、カリヤナの神」

 

 

クエスト受注

コンラッドに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170630133033p:plain

 カステッルム・ベロジナのコンラッドは、何かを待っているようだ。

コンラッド :

手数をかけたの。

同盟軍の方も、そう大きな被害はなかったようで、ホッとしたぞい。

コンラッド :

あの後、ピピン少闘将の部隊が応援に駆けつけてくれての。

今は、制圧した施設の安全確認をしておるところじゃ。

同盟軍と「暁」には、感謝が尽きぬのう。

アルフィノ :

アラミゴ人が築いた石橋を、このように改築して軍事拠点へと造り変えるとは……。

帝国の建築技術には驚かされるよ。

コンラッド :

さて、そろそろ施設内の安全確保も、終わる頃合いだと思うのじゃが……。

アラミゴ解放軍の衛兵 :

コンラッド隊長!

ピピン少闘将より、施設内の安全を確認したとの連絡が入りました。

コンラッド :

うむ、承知した。

少闘将には、丁重に礼を言っておくのじゃぞ?

アリゼー :

ひとまず安心といったところかしら。

ところで、コンラッド隊長……さっきから、メ・ナーゴの姿が見えないようだけど……。

コンラッド :

ああ、メ・ナーゴなら、グリフィンに乗って川向こうに行きよった。

ベロジナ川東岸には、彼女の生まれ故郷でもあるメ族の集落、ピーリングストーンズがあるのじゃよ。

コンラッド :

カステッルム・ベロジナから撤退した帝国軍の兵が、村に危害を与えていないか、心配だということでのう。

偵察に向かうことを許したというわけじゃ。

アルフィノ :

確かに敗残兵となると、何をしでかすかわからない……。

ベロジナ大橋が渡れるようになったのであれば、我々も、様子を見に行かないか?

リセ :

賛成!

ピーリングストーンズのメ・ナーゴのところに、みんなで行ってみよう!

コンラッド :

橋を渡りたいときには、ゲートの前に立つ、「アラミゴ解放軍の衛兵」に声をかけるといい。

向こう側へと案内してくれるじゃろうて。

 

アラミゴ解放軍の衛兵と話す

アラミゴ解放軍の衛兵 :

ゲートの向こう側へと移動しますか?

 

リセと話す

ヴァ・マハ・ティア :

何がそんなに気に掛かるってんだ?

大方、カステッルム・ベロジナから逃げ出した帝国兵だろ?

ジャ・モルバ :

討ち漏らした敗残兵か、あるいは……。

アレンヴァルド :

ピーリングストーンズに向かうのか?

それなら、俺たちはピピン少闘将の手伝いに回るよ。

アレンヴァルド :

なんでも、怪しげな人影が目撃されたそうでね。

ヒューラン族とララフェル族のふたり組らしいんだが……帝国兵の可能性もあるから、これから捜索に向かうそうだ。

 

スリーピング・クァール :

バエサルの長城に物資を輸送するための補給線であるのと同時に、巨大な監視塔としての役割も兼ね備えていたのだそうだ。

……まったく、やることがいちいち大仰なんだよな。

ピピン :

施設内の安全は確保できた。

次は、山岳地帯の街道沿いを押さえるつもりだ。

そのあたりの雑務は、我々に任せてくれて構わんよ。

 

アリゼー :

高いところが好きなのは、猫もミコッテ族も同じ……なんて、ヤ・シュトラに言ったら、怒られそうね。

アルフィノ :

この巨大な岩の上に、集落が築かれているのか……。

なるほど、日頃の上り下りは大変そうだが、見通しもよく守りも固めやすそうだね。

 

リセ :

ええっと、確かピーリングストーンズは、この坂を登ったところにあったはず……。

ついて来て!

 

メ・ナーゴと話す

リセ :

ここがピーリングストーンズよ。

こんな岩の上に集落があるだなんて思わなかったでしょ?

 

メ・ナーゴ :

あぁ、来てくれたんですね。

ようこそ、私の故郷、メ族の里へ……。

アルフィノ :

それで……被害の方は大丈夫だったのかい?

メ・ナーゴ :

ええ、幸い里は無事だったのですが、アナンタ族のほうに、問題が生じたようで、助けを求める使者が来ています……。

ぜひみなさんもご一緒に……。

リセ :

何があったの?

話を聞かせてくれる?

ウィルラの闘士 :

シュー……ありがたい。

帝国軍と「カリヤナ派」の間で、一悶着があったのだ。

メ・ナーゴ :

カリヤナ派というのは、アナンタ族の中でも最大勢力を誇る一派のことです。

メ・ナーゴ :

アラミゴ解放軍に協力してくれている、彼女たち「ウィルラ派」と違い、カリヤナ派は戦いを望みません。

帝国に臣従を誓って、領地に籠もって暮らしていたはず……。

ウィルラの闘士 :

シュー……そのとおりだ。

誇りを失ったカリヤナ派は戦うのをやめ、帝国軍に屈して久しい。

ウィルラの闘士 :

だが、そのカリヤナ派に対して、新たに黒き橋を治めることになった帝国の女戦士が、人質を差し出すように求めたのだ。

リセ :

髑髏連隊のフォルドラだね。

でも、解放軍に協力してるのはウィルラ派なんでしょ?

なんで、カリヤナ派に人質よこせなんて言うのさ。

ウィルラの闘士 :

帝国人は、我らアナンタの文化を理解しようとはしない。

無知な奴らに、カリヤナ派とウィルラ派の違いが、わかるとも思えん。

アルフィノ :

ベロジナ川の東岸に棲むアナンタ族が離反した場合、橋の帝国軍は、西岸に陣取る我々との挟み撃ちになる。

それを警戒したのだろうが……人質を差し出したのか?

ウィルラの闘士 :

シュー……差し出した。

それも族長の娘を……。

ウィルラの闘士 :

娘を愛していた族長は、それからというもの、来る日も来る日も、黒き橋を見ては涙を流していた。

だが、その橋をお前たちが墜とした。

ウィルラの闘士 :

戦いの様子を見ていたカリヤナの族長は、ただちに仲間を率いて、逃げてきた帝国軍の前に立ちはだかった。

そして求めた、ただちに娘を返せと。

リセ :

あのフォルドラが、すんなり人質を返すなんて、考えられないね。

残念だけれど……。

ウィルラの闘士 :

シュー……まさにそうだ。

帝国軍の女戦士は、人質の返還を拒否した。

むしろ、族長の娘に剣を突き立て、道を空けろと迫ったのだ。

ウィルラの闘士 :

片や族長は、娘を返すまで動くものかと譲らない。

そして悲劇が起きた……。

アリゼー :

まさか……。

ウィルラの闘士 :

大勢のアナンタに囲まれて、恐れを成した帝国軍の兵が、族長の娘を斬りつけたのだ。

族長の娘は、多くの血を流して死んでしまった……。

アリゼー :

なんてこと……。

ウィルラの闘士 :

だが、悲劇はこれで終わらない……。

族長は呼んだのだ……娘を死の底から引きあげるために……癒し司る我らが女神、ラクシュミを!

アルフィノ :

神降ろしに手を染めたというのか!

ウィルラの闘士 :

シュー……そうだ。

カリヤナの族長は戦いと誇りを捨てた腑抜け……悲しみに耐えかね、神にすがりついたのだろう。

ウィルラの闘士 :

目の前に降臨した美神ラクシュミを見て、帝国軍の兵どもはあわてふためき、逃げ去った。

こうしてアナンタの土地に、死んだ娘と神が残ったのだ……。

ウィルラの闘士 :

勢いづいたカリヤナ派は、我らウィルラ派に対し、神を詣でるように求めている。

だが、美神を信奉している我らとて、僕に成り下がるのは嫌だ。

アリゼー :

それであなたは、助けを求めに来たのね。

ウィルラの闘士 :

シュー……そうだ。

アラミゴ解放軍に参じた同胞から聞いている。

お前たちの中には、神狩りの英雄がいる、と……。

アルフィノ :

事情は理解したよ。

新たな蛮神が召喚されたとなれば、無視はできない。

対応策について、話し合わせてもらうよ。

  

「メ族の里へ」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「残敵を蹴散らせ」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ウィルラの神、カリヤナの神」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.