さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラールガーの軍星」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「ラールガーの軍星」のセリフ集です。

クルルが帝国軍に拉致されたことをうけて、対応に乗り出します。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「待っていた者、いない者」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「残敵を蹴散らせ」

 

 

クエスト受注

ラウバーンに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170630103637p:plain

 カストルム・オリエンスのラウバーンは、軍議を始めたいようだ。

 

ラウバーン :

間もなく、アラミゴ解放軍の面々が到着する予定だ。

関係者がそろい次第、軍議を始めるとしよう。

ピピン :

まずは「暁」の帰還を、心から歓迎したい。

東方遠征の成果について、報告をお願いしても?

アリゼー :

それじゃ、私から報告させてもらうわ。

ラウバーン :

多大な犠牲はあったとはいえ、ドマは帝国の支配から解放されたのだな?

コンラッド :

民を守るために城をも沈め、勝利をもぎ取るとは、なんたる意思の強さ……!

その覚悟、ワシらも見習わなければならないの……。

ピピン :

諜報部隊からの報告によれば、アラミゴ総督府と本国との通信量が急激に増えているようです。

おそらく、ドマ陥落の件で対応に追われているのでしょう。

ラウバーン :

ドマの支配が崩れたとなれば、ほかの属州に駐留する帝国軍も、さらなる反乱を警戒し、身動きが取りづらくなるはずだ。

反抗作戦を展開するなら今をおいてほかにあるまい!

コンラッド :

確かに今が好機か……いや、最後のチャンスかもしれんの。

これまで、懸命に解放軍の立て直しに務めてきたが、帝国軍も「反乱分子狩り」の圧力を強めておる。

コンラッド :

いたずらに時を浪費すれば、せっかく立ち直りかけた組織がまた崩され兼ねんからのう……。

ピピン :

帝国軍に拉致された「暁」のクルル嬢についても、一刻も早く探し出し、奪還したいところ……。

そのためにも早期の進軍が望ましい。

ラウバーン :

では、これより、アラミゴ奪還を最終目標とした反抗作戦を開始する!

ラウバーン :

第一目標は、ベロジナ大橋の占拠だ!

これを足掛かりとして、辺境地帯全域を解放……山岳地帯攻略への足掛かりを築くぞ!

ラウバーン :

作戦名は「ラールガーの軍星(いくさぼし)」!

壊神が天に投げかけた導きの星に従い、我らガレマール帝国軍を粉砕せん!

ラウバーン :

「ラールガーの軍星」の第一段階は、ギラバニア辺境地帯の中央、ベロジナ大橋に築かれた「カステッルム・ベロジナ」の攻略だ。

我らがアラミゴを目指すための、最初の障害だからな。

ラウバーン :

当然、帝国軍も、その戦略的重要性を理解しているだろう。

斥候部隊からの報告によれば、あの悪名高い「髑髏連隊」を、橋へと送り込み、防衛力を強化しているようだ。

リセ :

フォルドラたちの部隊ね……!

ラウバーン :

うむ、今やヤツは、苛烈な戦いぶりから「髑髏の処刑人」と呼ばれ、怖れられる存在……その守りを突破せねばならんということだ。

そこで吾輩は、次のような作戦を考案した。

ラウバーン :

まず、エオルゼア同盟軍の戦力で、大橋への一次攻撃を行う。

本格的な攻勢とみれば、帝国軍は当然、守勢に入るはずだ。

そして、防備を固められれば、打ち破ることは難しい。

ラウバーン :

ここからが腕の……いや、演技力の見せ所だ。

同盟軍に所属する四都市の部隊が、散発的に攻撃を行い、連携を欠いた様子で、やがて散り散りに撤退を始める……。

コンラッド :

なるほど……同盟軍は「烏合の衆」であると、そう思い込ませるわけですな!

ラウバーン :

ああ、我々が統率を欠き、総崩れとなって逃げ出し始めれば、敵としては、追い打ちをかけたくなるはずだ……。

ラウバーン :

そうして、追撃に出てきた帝国の防衛部隊を、イーストエンド混交林に誘い込み、そこで反転攻勢をかける。

このようにして、同盟軍が敵主力を引き付けている間に……コンラッド :

手薄になったベロジナ大橋を、ワシらアラミゴ解放軍の部隊が攻めると……!

とはいえ、敵も全戦力を追撃に出しはしないでしょう。

ラウバーン :

むろん、そうだろう。

そこでアラミゴ解放軍には、完全な占拠を目指すのではなく、橋に掲げられた帝国軍の軍旗を、掛け替えてもらいたい。

アルフィノ :

そうか……!

監視塔の頂点に掲げられた軍旗は、遠方からでもよく見える。

これが、アラミゴ解放軍の軍旗に変われば……!

ラウバーン :

我らを追撃に出ていた敵主力は、「カステッルム・ベロジナ」が陥落したと思い込むだろう。

その動揺を見逃さず、伏兵を投じ、完全な連携攻撃をかける!

ラウバーン :

そして、敵主力を打ち破った勢いそのままに、大橋攻めに合流する。

アラミゴ解放軍の方々には、それまでの間に少数の戦力で、戦線を支えてもらうことになるが……いかがか?

コンラッド :

なんとかやってみましょう。

アルフィノ :

それでは、我々「暁」も二手に別れて、同盟軍と解放軍、それぞれに協力させていただきます。

アルフィノ :

[プレイヤー名]、君はリセやアレンヴァルドたちと、解放軍の支援を頼む。

同盟軍部隊には、私とアリゼーが同行しよう。

コンラッド :

では、我らは一度、「ラールガーズリーチ」に戻り、出撃準備を整えた後、潜伏地点へと向かうとしようかの。

よろしく頼みますぞ!

 

ラールガーズリーチのコンラッドと話す

アレンヴァルド :

クルルさんの救出のためにも、この一戦、絶対に負けられないな!

メ・ナーゴ :

みんな、アラミゴの解放を信じて、もう一度、立ち上がってくれたんです!

リセ :

ゼノスの襲撃から、施設の復旧は進んでいるみたいね。

あのときの雪辱戦だと思って、作戦では頑張るよ。

 

 

コンラッド :

さて、すぐにでも準備に取りかからねば……。

まずはベロジナ大橋にかけられた帝国の軍旗を、掛け替える役目だが……メ・ナーゴ、頼めるな?

メ・ナーゴ :

はいッ!

グリフィンなら、あの高い鉄塔にも登れるはずです。

マジックプリズムを使えば、軍旗を一気に掛け替えることも!

コンラッド :

うむ、メ・ナーゴは、すぐにグリフィンの支度を……。

アレンヴァルドは、同盟軍との連絡手段の再確認、リセは、部隊の出撃準備を……頼めるかの?

リセたち :

了解!

コンラッド :

それでは、準備を整え次第、潜伏地点であるカステッルム・コルヴィに集合じゃ!

ああ、[プレイヤー名]殿は、少し残っておくれ。

コンラッド :

お主には、このメモに記された3人に会ってもらいたいのじゃ。

仲間が拐われ、落ち着かぬところだろうが、解放軍の今後に関わることゆえ、どうか頼むぞい。

コンラッド :

ワシは、ここで待っておるゆえ、終わったら声をかけてくれんか?

手数をかけて、すまぬな。

 

ローエンガルデ族の闘士と話す

ローエンガルデ族の闘士 :

あ、あんたは……以前に俺の神符を見つけてくれた人じゃないか!

ローエンガルデ族の闘士 :

あのときは、すまなかったな。

あんたが噂の英雄とは知らずに、くだらないことを手伝わせちまった!

ローエンガルデ族の闘士 :

でもよ、見つけてくれた神符のご利益か、あの後の戦いでも、どうにか生き延びてこれたんだ。

祖国奪還の日まで、俺は頑張るぜ!

 それじゃあな!

 

アラミゴ人部隊の士官と話す

アラミゴ人部隊の士官 :

ムッ……貴方は[プレイヤー名]中牙士!

エオルゼア同盟軍きっての猛将とお会いできて光栄です!

アラミゴ人部隊の士官 :

自分は、ウルダハの流民街で暮らしていたのですが、貴方の活躍を聞いて、不滅隊に志願しましてね。

今では解放軍の支援任務に就いているのです。

アラミゴ人部隊の士官 :

大きな作戦が始まると聞きましたが、望むところ……!

おっと、そろそろ任務の時間……この辺りで失礼しますね!

クリスタルの導きがあらんことを!

 

汗だくの若者と話す

汗だくの若者 :

おいおい、もしかして[プレイヤー名]さんか?

俺のことなんて、覚えていないと思うんだが、一度、命を救われたことがあるんだ。

汗だくの若者 :

俺は、リトルアラミゴの出身でな。

ウィルレッドって、ダチとツルんで馬鹿な作戦を……アマルジャ族からクリスタルを盗もうとしたことがあるんだ。

汗だくの若者 :

聞いたよ、ウィルレッドのことは……。

だけど、アイツも命がけでエオルゼアのためにって、戦ったんだと思ったら、いてもたってもいられなくてよ!

汗だくの若者 :

今じゃ、アラミゴ解放軍で下っ端をやらせてもらってるんだ。

[プレイヤー名]さんに救われた命、ダチのためにも無駄にしないから、見ててくれよな!

 

ウィルレッドさん…クリスタルブレイブの一件で殺されていた人ですね。なつかしす。

 

コンラッドと話す

コンラッド :

どうじゃ、3人から話は聞けたかの?

コンラッド :

あの3人に声をかけてもらったのは、いずれも、お主に縁のある者たちだったからなのじゃが、もうひとつだけ理由があってな……。

コンラッド :

20年間、ギラバニアの地に残り続け、戦う道を選んだ、ローエンガルデ族の闘士……。

コンラッド :

一度は、バエサルの長城を越えて逃げながら、グランドカンパニーに参加することを選んだ士官……。

コンラッド :

リトルアラミゴへの脱出を選んだ両親の下、ザナラーンの地で生まれた、アラミゴ人二世の若者……。

三者三様の出自を持つ者たちなのじゃ。

コンラッド :

アラミゴ解放軍の立て直しが進んできたと説明したが、実際には、新たな組織に生まれ変わったと言った方が、正しいと思えるほど、様々な者が加わっておる。

コンラッド :

そんな解放軍をまとめる指導者として、誰が最適だと、お主は考えるかね?

 

何と言う?

  • コンラッドがいるじゃないか
  • リセならやれるだろう
  • 自分がやろう

コンラッドがいるじゃないか」にしておきます。

 

コンラッド :

ふうむ、そう言ってくれるのは嬉しいが、ワシは古い人間じゃ。

ワシとて、ギラバニアに残って戦い続けた者の気持ちしか、代弁することができぬのだ。

コンラッド :

これからの指導者は、より広い世界を見て学び、あらゆる痛みを知ってなお、前を向ける者でなければならない。

……そう思うのじゃ。

コンラッド :

……思い描く顔があるのかな?

ワシはな、密かにリセを候補と考えておるのよ。

むろん、それは彼女自身が決めねばならぬことじゃがな。

コンラッド :

さて、こんな話をしたこと、リセには内緒にしておいてくれよ?

コンラッド :

では、ワシらも潜伏地点に赴くとするかの。

場所は「カステッルム・コルヴィ」……辺境地帯にある、放棄された帝国軍の補給施設じゃて。

 

 

カスッテルム・コルヴィのコンラッドと話す

周りのNPCのセリフ。

メ・ナーゴ :

このグリフィンの名前は「オブダ」……。

小さい頃から、いっしょに狩りをしてきた相棒なんです。

今回の任務は、この子とやることにしました……!

アレンヴァルド :

この戦いで、絶対に役に立ってみせる……。

もう誰かに庇われるのも、誰かを失うのもごめんだからな。

アナンタ族の闘士 :

シュー……お前もアラミゴ解放軍の協力者か?

私はアナンタ族、ウィルラ派の闘士だ。

いざともに戦わん!

リセ :

東方で手にした力、受け継いだ想い、そのすべてを、これからの戦いにぶつけるつもり。

 

「オブダ」というのはタクティスオウガで登場するグリフィンの名前ですね…

だとするともう一匹「ベルダ」が出てきたりするのだろうか…

次のメジャーアップデートでビーストテイマーが追加される伏線だったりして…

 

コンラッドに話しかけるとインスタンスバトルに入るようです。

アラミゴ編後半はテンポ良いな…

 

コンラッド :

うむ、これで全員そろったようじゃな。

ワシら本命の突入部隊に加えて、ほかにも複数ルートから、軍旗の掛け替えを目指せるように、配置も完了しておる。

コンラッド :

さて、そろそろ同盟軍も動き出す頃合いじゃが、武器や防具の準備はいいだろうな?

コンラッド :

どうやら、戦端が開かれたようじゃな……。

メ・ナーゴ :

うぅ……待つのはつらいです。

戦いの前のこの時間は、何度経験しても好きになれません。

リセ :

落ち着きなよ、ナーゴ。

乗り手がそんなに緊張してたら、その子だって怯えちゃうよ。

リセ :

大丈夫、アタシたちならやれる。

勝てるよ、絶対に!

メ・ナーゴ :

はい!

コンラッド :

よし、敵は誘いに乗ったようじゃな。

同盟軍の本隊が、奴らを引き付けている間に、一気に橋に取り付くぞい!

コンラッド :

メ・ナーゴ、お主にアラミゴ解放軍の軍旗を託す。

隙を見てグリフィンで塔を目指し、旗を掛け替えるのじゃ!

メ・ナーゴ :

了解です!

どんなことがあっても必ず!

コンラッド :

ゆくぞ、天に軍星は輝いた!

攻撃開始じゃッ!

先見のコンラッド :

さあ、一気にベロジナ大橋に……カステッルム・ベロジナに接近するのじゃ!

リセ :

敵の斥候部隊!?

ここで気付かれたら、せっかくの陽動作戦が台無しだよ!

アレンヴァルド :

迂回している時間はない!

騒がれる前に、黙らせてしまうんだ!

アレンヴァルド :

よし、斥候部隊を蹴散らしたぞ!

カステッルム・ベロジナへ急ごう!

先見のコンラッド :

敵の防衛部隊の姿が見えん……。

どうやら同盟軍本体の陽動は、成功したようじゃな。

アレンヴァルド :

今のうちに、カステッルム・ベロジナに取り付くんだ!

アレンヴァルド :

残留していた帝国軍の防衛部隊だな!?

こいつらさえ蹴散らせば!

XIIレギオン・プレデター :

全砲門開け!

エオルゼアの蛮族どもを根絶やしにするのだ!

リセ :

見て、あの大砲を!

メ・ナーゴが塔に取り付けるように、排除しないと!

リセ :

やった、大砲の破壊に成功!

これでメ・ナーゴも塔に近づけるはず!

フォルドラ :

本隊の撤退は、陽動ということか……!

だが、それだけの手勢で落とせると思うなよッ!

貴様たちは、この場で私が始末するッ!

フォルドラ・レム・ルプス :

貴様は、ラールガーズリーチで戦った蛮族の英雄……あのときは後れを取ったが、ここで始末してくれる!

フォルドラ・レム・ルプス :

ゼノス様より頂戴したこの「ガンブレード」にかけて、貴様を葬ってやる!

フォルドラ・レム・ルプス :

英雄と呼ばれるだけのことは、あるってことか……だが、これならどうだ!?

フォルドラ・レム・ルプス :

ここで……ここで負けるものか!

ようやく栄光をつかみかけたのだ……敗者になどなれるものかッ!

リセ :

よしッ、グリフィンが塔に……!!

ナーゴォ、いっけえええッ!!!

フォルドラ :

クッ……強いッ!

リセ :

アタシはもう迷わない!

どんな壁だろうとも撃ち砕いて、前に進むだけだッ!

リセ :

見なさい……あの旗を!

コンラッド :

さあ、勝ちどきを上げるのじゃ!

フォルドラ :

馬鹿な、まだ勝敗は決してなど!

リセ :

しまったッ!

コンラッド :

リセ、もうよい、深追いはならんぞ!

ワシらは勝った……今はそれで十分じゃ!

帝国軍の千人隊長 :

なぜ、軍旗が!?

まさか拠点が陥落したというのか!

ラウバーン :

この戦、我らの勝利である!

これより、残敵の掃討に移行……残らず挽きつぶせ!

帝国軍の千人隊長 :

ひ、ひとまず戦域を離脱せよ!

退却、退却だー!

髑髏連隊の兵士 :

フォルドラ隊長ッ!

出撃していた第IV歩兵大隊が総崩れの模様!

このままでは、敵のさらなる増援が……撤退しましょう!

フォルドラ :

馬鹿な、未だ戦力では我らが上なのだぞ!

敵の奸計に踊らされ、浮き足だってどうする?

ここで退くような敗者を、ゼノス様が許すものかッ!

髑髏連隊の兵士 :

し、しかし、後背のアナンタ族が騒ぎに便乗して離反すれば、我々は退路を断たれます……!

再起のためにも、一度退いてから立て直すべきかと!

フォルドラ :

グッ……泥水を啜り、売国奴と罵られながらも、ようやくここまで上り詰めたというのに……!

フォルドラ :

ええい、遺憾だが撤退するぞ……例の娘を連行するのを忘れるな!

リセ :

まだこれは、ほんの一歩に過ぎないけれど、アラミゴの土地を解放できたんだね……。

 

リセと話す

 

メ・ナーゴ :

はぁ、はぁ、はぁ……。

帝国の軍旗をマジックプリズムで書き換えるときに、落としちゃわないかどうか心配で、緊張しましたぁ~!

アナンタ族の闘士 :

シュー……お前の戦いぶり、実に見事だった。

ヒトの子とは思えないほど、素早く鋭い動き……。

感服したぞ……!

アレンヴァルド :

アバ、オリ……俺は、俺はやったぞ!

コンラッド :

皆、よく戦ってくれた!

誇りに思うぞい!

 

リセ :

フォルドラを逃しちゃったのは残念だけど、それでも、私たち勝ったんだよね?

リセ :

まだまだ小さな一歩に過ぎないけど、この調子で、どんどん前に進んでいこう。

アラミゴを帝国の手から取り戻す、その時まで!

 

「ラールガーの軍星」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「待っていた者、いない者」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「残敵を蹴散らせ」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.