さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「待っていた者、いない者」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「待っていた者、いない者」のセリフ集です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「別れと帰還」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラールガーの軍星」

 

 

クエスト受注

アリゼー :

なんだか、東方に向けて出港した日が、遠い昔のことのように思えてくるわね。

リセ :

いよいよ、次はアラミゴだね……。

ドマのように、絶対に帝国の支配から解放してやるんだから!

ユウギリ :

ドマ奪還が成ったことを、メルウィブ提督にも伝えなければ……。

 

アルフィノに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170630100236p:plain

フェリードックのアルフィノは、帰還できたことに安堵しているようだ。

 

アルフィノ :

ようやく、エオルゼアへと帰って来ることができたね。

往路と違って、順調な航海が続いてくれて安心したよ。

アリゼー :

海の怪談話の続きがなくて、よかったわね?

アルフィノ :

も、もう、あの話はいいだろう……!

アルフィノ :

とにかく、この東方遠征は、長く厳しい戦いの連続であったが、それでも収穫の多い旅だった。

ユウギリ :

「暁の血盟」の協力がなければ、こうも早くドマを解放することはできなかっただろう。

今度は、我らドマの民がアラミゴ奪還に力を尽くす番だな。

リセ :

その気持ちは、嬉しいんだけどさ……。

ユウギリは、まずレヴナンツトールに行くべきだと思うんだよね。

開拓団にいるドマのみんなに、早く朗報を伝えてあげなくちゃ!

ユウギリ :

……かたじけない。

では、私はレヴナンツトールへと向かうが、その際には、必ず「石の家」の者たちにも報告を行っておこう。

メルウィブ :

もう着いていたのだな!

アルフィノ :

メルウィブ提督ではありませんか!

どうしてここに?

メルウィブ :

東アルデナード商会から、君たちの帰還を知らされてな。

伝えたいことがあり、こうして出迎えに来た次第だ。

リセ :

それって、ギラバニアの状況?

メルウィブ :

ああ、ギラバニアの前線では、一進一退の攻防が続いている。

帝国軍の圧力は相変わらずだが、四都市の軍勢の連携が、強まってきたことで、圧倒されることは少なくなっているようだ。

メルウィブ :

こうして戦線を維持する裏で、アラミゴ解放軍の組織再編も進んでいるという点は好材料だろう。

しかし、ひとつ問題が起きた。

メルウィブ :

「暁」のクルル嬢が帝国軍部隊によって拉致された……。

負傷者を後方へ送るための移送作戦中に、敵部隊の襲撃を受けたとのことだ。

アルフィノ :

な、なんですって!

メルウィブ :

こちらに残っていた「暁」の賢人が、既に対応を始めている。

詳しいことは、前線にいるサンクレッド殿から聞いてくれ。

長旅で疲れていることと思うが、急いだほうがいい。

アルフィノ :

そんな……クルルさんが……!?

す、すぐに助けに、助けに行かなければ……!

アルフィノ :

だが、どこへ…………。

……いや、落ち着け、まずは情報収集だ……!

アルフィノ :

我々は、ただちにカストルム・オリエンスに向かい、「サンクレッド」に、事情を聞きに行くこととします。

メルウィブ提督、ユウギリ殿、失礼します!

 

カストルム・オリエンスのサンクレッドと話す

アレンヴァルド :

[プレイヤー名]……すまない。

俺が付いていながら、こんなことに……。

 

 

サンクレッド :

戻ったか!

まずいことになったぞ!

アリゼー :

……クルルのことは、メルウィブ提督から聞いたわ。

それで、いったい何があったというの?

サンクレッド :

ヤ・シュトラの容態が安定してきたために、本格的な療養のため、「石の家」に移送することになったんだ。

その道中で、帝国軍に襲われた……!

サンクレッド :

もちろん、看護役としてのクルル以外にも、アレンヴァルドの部隊が、護衛として同行してくれていたが……。

アレンヴァルド :

すまない……。

俺がついていながら……。

アリゼー :

誰も責めはしないわ……。

精一杯、戦って怪我人のヤ・シュトラを守ってくれたんでしょ?

だから、襲撃の状況を詳しく教えてちょうだい。

アレンヴァルド :

ああ、襲ってきたのは帝国軍のアラミゴ人部隊「髑髏連隊」だ。

連中は、俺たちの知らないルートで長城を越えて、黒衣森に潜んで待ち伏せしていた……。

アレンヴァルド :

完全に計画的な攻撃だった……。

襲撃を受けて、髑髏連隊の隊長と相対したとき、俺は視たんだ……彼女の過去を……。

アルフィノ :

そうか、君は「超える力」を持っているんだったな……!

アレンヴァルド :

[プレイヤー名]ほどの力じゃないけどな……。

過去を幻視するときのエーテル酔いに似た感覚で、反応が鈍った隙を、突かれちまった。

リセ :

それで……アレンヴァルドは何を視たの?

髑髏連隊の隊長……フォルドラの過去を視たんでしょ?

アレンヴァルド :

市民権を持ち、帝国人として育てられながらも、アラミゴ人からは売国奴と、生粋の帝国人からは蛮族と罵られ、帝国軍の中で権力を得ようと、必死に足掻く彼女の姿だ……。

アレンヴァルド :

過去の情景の中で、フォルドラはゼノスから命じられていた。

名指しで「暁」のクルル・バルデシオンを捕らえて来いと……。

サンクレッド :

同盟軍の諜報部隊と連携しながら、クルルの行方を追っているが、今のところ情報はない。

ただし、狙いを定めて誘拐した以上、理由があるはずだ。

アルフィノ :

……理由があるからには、直ぐに殺されはしない。

救出するチャンスは、あると言いたいんだね?

サンクレッド :

ああ、俺はこれから単独で帝国軍の警戒網を突破し、どうにかしてアラミゴの都市内へと潜入するつもりだ。

クルルの監禁場所を突き止めるためにな……。

サンクレッド :

だから、お前たちはエオルゼア同盟軍やアラミゴ解放軍と連携し、帝国軍を蹴散らしながら、着実に進軍してくれ。

それが囚われた仲間を助けるための近道にもなるはずだ。

アルフィノ :

……了解した。

悔しいが、クルルさんの居所がわからない以上、今の私たちにできることは少ない……。

サンクレッド :

焦りは隙を生む……お前たちは、続報を待っていてくれ。

そうだ、近くに解放軍のコンラッドたちが来ているはずだ。

彼らにも、一声かけて情報を共有しておいてくれ。

リセ :

それじゃあ、[プレイヤー名]とアタシ、ふたりでコンラッドたちを呼んでこよう。

アルフィノたちは、ここで待っていて!

 

 イベント後のNPCのセリフ。

アリゼー :

そう、落ち込まないで……。

ヤ・シュトラが無事だったのは、不幸中の幸いだったわ。

今は力を合わせて、クルルを助けることを考えましょう。

アルフィノ :

焦っても仕方がないとわかっていても、心のどこかでは、早くクルルさんの元に駆けつけたいと、いらだたしく思ってしまうんだ……。

アレンヴァルド :

他人の過去の情景は、何の前触れもなく突然に現れる。

今回は、その隙を敵に利用されちまったんだ。

すまない……。

 

このアレンヴァルドという人物、なにかありそう…

 

コンラッドと話す

 

 

メ・ナーゴ :

久しぶりに会えて、嬉しいです!

でも、クルルさんが……。

リセ :

ナーゴとの再会、本当なら喜びたいのだけれど、今は、とてもそんな気分にはなれないよ……。

髑髏連隊のフォルドラ……同じアラミゴの同胞なのに……。

 

コンラッド :

こんなところで、お主らに出会うとは……!

皆、無事なようで安心したぞい。

メ・ナーゴ :

お帰りなさい、ふたりとも!

……でも、クルルさんが…………。

リセ :

今、仲間から詳しい報告を聞いたところ……。

あのゼノスが相手なんだから、大丈夫なんて言えないけど、でも、絶対に助けてみせるから……!

コンラッド :

うむ、その意気じゃよ。

どうやら東方では、厳しくもよい経験を積んできたようじゃの。

リセ :

うん……。

簡単には言い尽くせない旅だったけれど……それで、アラミゴ解放軍の状況は?

コンラッド :

こちらも、それなりに成果はあっての。

後ほど詳しく伝えようと思うが、メ・ナーゴやアレンヴァルドら、若手の活躍で、いくつかの作戦を成功させたのだ。

コンラッド :

不滅隊のアラミゴ人部隊の助けを借りながら、アラミゴ都市内の政治犯収容所や山間の強制労働施設から、大勢の人を助け出したりもしたぞい。

コンラッド :

そうして救出した人々に加え、リトルアラミゴやウルダハの流民街からも、続々と志願兵が集まってくれてな、組織の立て直しも進んでおる。

リセ :

……そっか、アタシたちが東方遠征に行っている間も、みんな戦い続けていてくれたんだね……。

コンラッド :

うむ、未だに解決せねばならぬ問題も多いが、諦めずに踏ん張ったおかげで、一歩ずつ前に進んでおる。

お主らも、クルル嬢のことを含め、決して諦めるでないぞ!

コンラッド :

さて、「暁」の方々が帰還したのであれば、同盟軍の面々を交え、一度、集まった方が良さそうじゃの。

皆、ドマでの出来事を知りたがっておるじゃろうからな。

リセ :

わかった。

アタシは、アレンヴァルドたちを呼んでくるね。

みんなは「ピピン少闘将」のところに向かってちょうだい。

 

 

メ・ナーゴ :

野戦病院でのクルルさんの献身的な働きは、解放軍の闘士たちの間でも有名でした。

絶対に救い出しましょうね!

コンラッド :

不滅隊の「ピピン少闘将」のところへゆくとしよう。

皆、ドマでの出来事を知りたがっておるじゃろう

 

ピピンと話す

双蛇党の将校 :

我らグリダニア領に帝国軍の侵入を許すとは、双蛇党にとっても痛恨事と言えましょう。

ラウバーン :

無事の帰還を歓迎しよう。

……どうやら、また一段と強さを増したようだな。

目の輝きを見れば、激戦をくぐり抜けてきたことがよくわかる。

黒渦団の将校 :

おのれ、帝国軍め……卑劣なことを!

 

ピピン :

[プレイヤー名]殿……サンクレッド殿から話は聞いたようだな。

ピピン :

クルル嬢のことは、心配だとは思うが……関係者にドマ遠征の報告をしてもらってもいいだろうか?

すまないが、よろしく頼むよ。

 

「待っていた者、いない者」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「別れと帰還」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラールガーの軍星」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.