さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「残敵を蹴散らせ」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「残敵を蹴散らせ」のセリフ集です。

カスッテルム・ベロジナをさくっと奪取しましたが、フォルドラは取り逃がしました。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラールガーの軍星」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「メ族の里へ」

 

 

クエスト受注

コンラッドに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170630114937p:plain

 カスッテルム・ベロジナのコンラッドは、頼みたいことがあるようだ。

 

コンラッド :

敵が退いてくれたおかげで、無駄な損害を出さずにすんだの。

ワシらは引き続き、合流してきた後続の解放軍部隊と協力して、施設内の残敵を掃討しておこう。

コンラッド :

すまぬが、お主には同盟軍本隊との合流がてら、突出して蹴散らされた帝国軍残党の対処を頼みたい。

奴らが橋に雪崩込んでくると、厄介じゃからの。

コンラッド :

ここから、同盟軍本隊がいるビターミルの辺りまでの間で、交戦の意思ある帝国兵を発見したら、各個撃破していってもらいたい。

コンラッド :

そうして本隊と合流できたら、「ラウバーン」殿にベロジナ大橋の状況を伝えるんじゃ。

……頼んだぞい。

 

 帝国兵を探し、襲われたら討伐→ラウバーンに報告

アリゼー :

強気だったのも、アラミゴ解放軍の旗を見るまで……。

自分たちが帰る場所が制圧されたと思った敵兵は、可哀想なくらいの動揺ぶりだったわよ。

アルフィノ :

さすがはラウバーン局長……「戦場の演出家」と呼ばれていただけはある、見事な采配だったよ。

 

 

ラウバーン :

貴様がここに来たということは、ベロジナ大橋の方も、大方、戦闘は終了したのだな?

ラウバーン :

それは何よりだ。

こちらもあらかた片付いたところだ。

ラウバーン :

つい先ほど、ピピン指揮下の部隊を大橋の支援に向かわせた。

カステッルム・ベロジナの施設を使えば、帝国軍が引き返して来ようとも、有利に戦えるだろう。

アルフィノ :

想像以上に、作戦が上手くいきましたね。

さすがは「戦場の演出家」と呼ばれただけはあります。

見事な采配でした、ラウバーン局長……!

ラウバーン :

下手な世辞はよしてくれ。

まだ戦いはこれからなのだからな……。

ラウバーン :

では、吾輩は部下を率いて、もう一度、周辺の残敵掃討に行ってくる。

「暁」の方々は、アラミゴ解放軍の部隊と合流してくれ。

アルフィノ :

緒戦の勝ちにも傲らず、油断しない……。

これが名将と呼ばれる武人ということか……。

アルフィノ :

よし、それでは我々はカステッルム・ベロジナに向かおう。

「コンラッド」殿と合流するんだ。

 

コンラッドと話す

 

アルフィノ :

アラミゴ人が築いた石橋を、このように改築して軍事拠点へと造り変えるとは……。

帝国の建築技術には驚かされるよ。

アリゼー :

この橋を確保できたことは、戦局を大きく左右するわ。

もう山岳地帯への進軍を阻むものはないんだもの……。

リセ :

アレンヴァルドなら、ピピンたちといっしょに、施設内の見回りに行っているよ。

 

 

コンラッド :

手数をかけたの。

同盟軍の方も、そう大きな被害はなかったようで、ホッとしたぞい。

コンラッド :

あの後、ピピン少闘将の部隊が応援に駆けつけてくれての。

今は、制圧した施設の安全確認をしておるところじゃ。

同盟軍と「暁」には、感謝が尽きぬのう。

 

「残敵を蹴散らせ」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラールガーの軍星」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「メ族の里へ」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.