さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「温かな歓待」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「温かな歓待」のセリフ集です。

ラクシュミを討滅し、ギラバニア辺境地帯の情勢はいったんは落ち着いたのかな?

このクエストでギラバニア辺境地帯の最後の風脈を取ることができます。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「美神ラクシュミ」

↓次のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「いざ山岳地帯へ」

 

 

クエスト受注

ヴァジュラに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170701075045p:plain

 サトヤ・マガのヴァジュラは安堵しているようだ。

 

ヴァジュラ :

シュー……無事で何よりだ。

神狩りの英雄の噂、本当だったようだな。

ウィルラ派は、この恩を決して忘れないだろう。

ヴァジュラ :

ともかく、我らの巣、ウィルラ・ニリヤに戻ろう。

姉妹「サリーシャ」も、お前たちの帰りを待ちわびているはずだ。

 

 

ヴァジュラ :

ともかく、我らの巣、ウィルラ・ニリヤに戻ろう。

姉妹「サリーシャ」も、お前たちの帰りを待ちわびているはずだ。

リセ :

サリーシャさんも、これで安心してくれればいいんだけど……。

アリゼー :

超える力……どうすれば手に入るのかしら……。

アルフィノ :

少しずつわかってきたが、ウィルラ派とカリヤナ派は、同じ美神信仰を持ちながら、考え方には大きな差があるようだ。

いわば「宗派」の違いといったところだろう。

ヴァジュラ :

シュー……お前たちの勝利は、姉妹サリーシャに伝えておいたぞ。

 

サリーシャ

サリーシャ :

シュー……事の顛末は、姉妹より聞いています。

危険を顧みず、まがい物の美神と戦い、消し去ってくれたことを、永遠に感謝しましょう。

アリゼー :

お礼ならそこにいる[プレイヤー名]にしてあげて……私たちは、その支援をしたに過ぎないのだから。

アリゼー :

それに、蛮神討滅は対処療法に過ぎないわ。

神降ろしに頼りたいという意志を挫かないかぎり、次の召喚は、ある意味で時間の問題ということになるもの。

サリーシャ :

シュー……肝に銘じておきましょう。

カリヤナ派が、蛮神とは本物の神ではないことを、悟ってくれる日が来るよう、同族として働きかけてみます。

リセ :

ありがと、そうしてくれると嬉しいな。

アナンタ族は、アタシたちと同じギラバニアに生きる仲間……これからも協力していこう。

サリーシャ :

シュー……もちろんです。

ウィルラ派は、ヒトの子の友人たちへの恩を忘れません。

リセ :

じゃあ、アタシたちは「ピーリングストーンズ」に戻るよ。

「メ・ナーゴ」たち、メ族の人たちも心配してると思うから……サリーシャさん、元気でね?

 

メ・ナーゴと話す

コンラッド :

おぉ、無事じゃったか!

まさかアナンタ族が、神降ろしに手を染めるとはの……!

ピピン :

蛮神が召喚されたと聞き、不審人物の捜索をアレンヴァルドたちに任せ、駆けつけたところだ。

 

 

メ・ナーゴ :

[プレイヤー名]さん!

 お帰りなさい!

ちょうど、ピピン少闘将やコンラッド隊長が、駆けつけてくれたところだったんです。

リセ :

安心して、美神ラクシュミは、[プレイヤー名]が討滅してくれたんだ。

詳しいことは、アタシから報告するね……。

メ・ナーゴ :

やはり、本当にアナンタ族は蛮神を……。

それにしても、強力な美神ラクシュミを相手に、一歩も退かずに戦って、倒しちゃうなんて、さすがです!

コンラッド :

うむ、[プレイヤー名]がいてくれて、本当に助かったのう。

ピピン :

しかし、蛮族による神降ろしと言えば、好戦的な性向を持つ、強硬派によるものばかりだったが、まさか、非好戦的な宗派が、これを行うとは驚いた……。

アルフィノ :

確かに、稀な事例と言えましょう。

備蓄されていたクリスタルを処分できたため、しばらく再召喚はないでしょうが、今後の動向には要注意です。

ピピン :

了解だ……アラミゴ解放軍やメ族の方々と協力しつつ、カリヤナ派を監視する体制の構築を検討してみよう。

アルフィノ :

お願いします。

それで……帝国軍の方に動きは?

ピピン :

不気味なほど静かでね。

髑髏連隊をはじめ、カステッルム・ベロジナ防衛隊の残余は、大人しく山岳地帯へと後退し、再攻撃の気配はない。

ピピン :

義父上……ラウバーン局長は、このまま山岳地帯へ進軍することを決心された。

リセ :

それじゃあ、アタシたちも!

ピピン :

いや、気持ちはありがたいが、君たちは休んでいてくれ。

何より[プレイヤー名]は、蛮神と戦ったばかりだ。

そんな彼に、連戦を強いるわけにはいくまい。

ピピン :

我々とて、正規の軍人だ。

蛮神ではなく、帝国軍が相手なら後れを取るつもりはない。

コンラッド :

そういうことじゃ。

メ・ナーゴよ、お前も久しぶりに家族との時間を過ごすがいい。

ゆっくりと休んでから、山岳地帯で合流じゃ。

メ・ナーゴ :

あ、ありがとうございます!

それではお言葉に甘えて……「暁」のみなさんに、メ族流の歓迎で、心ゆくまで休んでもらっちゃいます!

 

メ・ナーゴと話す

アルフィノ :

帝国軍が山岳地帯まで退いたということは、スペキュラ・インペラトリスで防衛陣を張る腹づもりか。

かの地を攻めるとなると、標高の高い南側から…………。

アリゼー :

休めって言われてるのに、頼まれもしない軍略を考えちゃってまぁ……。

リセ :

帝国軍との戦いに逸る気持ちはあるけど……。

これは激戦の前に、休息しておけってことだよね?

 

 

メ・ナーゴ :

コンラッド隊長の許可も頂けたことですし、張り切って、みなさんを歓待しちゃいますよ!

メ・ナーゴ :

みなさんの帰還に備えて、母に夕食の準備を頼んでおいたんです。

私が言うのも何ですが、母の料理は絶品ですから、楽しみにしていてくださいね!

メ・ラツ・ヌン :

さあ、客人たちよ、蛮神の脅威を払ってくれた礼だ。

今宵は、我が妻、ハトアの料理を楽しんでくれ!

アルフィノ :

メ族のヌンよ、温かい心遣いに感謝します。

メ・ハトア :

みなさんには、娘のナーゴがお世話になっているようですね。

料理も飲み物も、たくさん用意してありますから、遠慮なく召し上がってくださいな。

リセ :

すっごい……!

こんなに美味しそうな料理を前に、遠慮なんてできないよね!

いただきます!

リセ :

ナーゴのお母さんの料理、すっごく美味しかったね。

リセ :

なんかさ、ナーゴたちを見ていたら、アタシも家族のことを思い出しちゃった……。

リセ :

父さんが狩ってきた獣の肉を、香草を使って焼いてさ……。

ウチは、母さんが早くに亡くなったから、イダ姉さんが料理してくれて……。

リセ :

決して豊かな生活じゃなかったけど、笑顔が絶えない家族だったんだ。

リセ :

でも、そんな小さな幸せさえ、暴君と帝国に踏みにじられて、自由のために戦った父さんも姉さんも、死んじゃった。

リセ :

帝国だって、アタシたちと同じように蛮神を否定している。

でも、その力尽くの支配が、獣人に新しい蛮神を呼ばせるんだ。

みんな、幸せな暮らしを求めているのに、戦い合い、殺し合う……。

リセ :

もし、蛮神じゃない本物の「神様」っていうのがいたらさ、こんな「人」を見て、どう思うんだろうな……。

リセ :

理想を語るだけじゃ、力ある者に蹂躙される。

自由を求めて戦えば、犠牲と悲しみが広がり続ける……。

この繰り返しは、どこかで止められるのかな?

 

何と答える?

  • 自分たちの手で止めよう!
  • 自分には分からない……
  • ………

 「自分たちの手で止めよう!」を選びます。

 

リセ :

そうだよね。

そのために、アタシたちは戦っているんだ。

リセ :

……ありがと。

いっしょに戦ってくれて。

リセ :

アタシたちの力だって、争いを生んでいる……。

でも、帝国が生む悲しみの連鎖は、絶対に止めなくちゃ!

……っと、もうこんな時間……そろそろ休もうか。

リセ :

明日も、厳しい戦いが待っているんだ……。

おやすみなさい、[プレイヤー名]。

 

 

アルフィノと話す

リセ :

ハトアさんの料理、本当に美味しかった。

でも、なんでナーゴって、料理が下手なの?

お母さんに、料理教えてもらえばいいじゃん。

メ・ナーゴ :

あのお肉、私が狩ってきたんですからね!

自分の得意なことを活かせばいいんです!

だ、だから料理は……!

アリゼー :

家族っていいものよね。

メ族の人たちを見ていて、なんだかシャーレアンの家が、少しだけ懐かしくなったわ。

 

アルフィノ :

メ・ハトアさんの料理は、素朴ながらも手の込んだ、まさに家庭の味と呼ぶに相応しい、温かなものだったね。

アルフィノ :

その様子だと、君も英気を養うことができたようだ。

これからも厳しい戦いが続くだろうが、この味を守るためにも、ギラバニアの地に平和を取り戻そうじゃないか!

 

温かな歓待」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「美神ラクシュミ」

↓次のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「いざ山岳地帯へ」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.