さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「アラギリでの軍議」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「アラギリでの軍議」のセリフ集です。

ギラバニア山岳地帯の集落「アラギリ」に到着しました。

意外にも帝国軍の反抗は無く、あっさり奪還できたようです。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「いざ山岳地帯へ」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「与えられた支援任務」

 

 

クエスト受注

アルフィノ :

いやに敵が消極的だな……。

リセ :

帝国軍の動きは不気味だけどさ、街で戦闘が起こらなくてよかったよ。

アリゼー :

街が無傷に見えたのは、そういうことだったのね。

 メ・ナーゴに話しかけてクエストを受注します。

f:id:thirtyfive:20170701112306p:plain

 アラ切り付近のメ・ナーゴは、意気込んでいる様子だ。

 

メ・ナーゴ :

軍議が開かれるという、司令部の天幕は……どうやら、街の西側にあるようですね。

みなさん、さっそく向かいましょう!

 

ラウバーンと話す

コンラッド :

メ・ナーゴは、家族との時間を過ごせたじゃろうか?

時には、戦いを離れることも闘士には必要だからのう。

ピピン :

これまでのところ、作戦は順調に推移しているよ。

双蛇党の将校 :

アナンタ族が召喚した蛮神を倒したと、報告を受けています。

グリダニアの大きな脅威となっていた可能性もあるだけに、感謝していますよ。

黒渦団の将校 :

帝国軍が、いかなる小細工を仕掛けていようとも、荒波の如く襲いかかり、粉砕するのみだ!

 

 

ラウバーン :

これで全員、そろったようだな。

では、軍議を開始する。

ラウバーン :

想定外ではあったが、アラギリは無傷で解放できた。

となれば、次なる目標は、ギラバニア山岳地帯中央に座す、帝国軍の拠点、スペキュラ・インペラトリスの攻略だろう。

アルフィノ :

しかし、不気味ですね……。

自ら前線に出てくるゼノス軍団長とは思えぬほど、帝国軍の動きが消極的だ……。

ラウバーン :

その点は、吾輩も気になっているが、我が軍としては、このまま進軍するより道はない。

ラウバーン :

スペキュラのさらに東、湖畔地帯との境にある帝国軍基地、カストルム・アバニアには、大口径のカノン砲があってな。

徒に時を浪費すれば、長距離砲撃の餌食になりかねない。

ピピン :

つまり、我々は、素早くスペキュラに肉薄し、敵の監視塔を、砲撃への盾とする必要があるということだ。

アルフィノ :

なるほど……。

どの道、選択肢はないということですね。

コンラッド :

そういうことじゃな……。

敵とて無能ではなかろうから、防衛戦では何らかの罠を、仕掛けてくることは間違いないが、突き進むより他あるまいて。

ラウバーン :

では、このまま本隊は、スペキュラ攻略を開始する。

「暁」は、本隊が取りこぼした敵兵が、アラギリに入らぬよう、周辺を哨戒しつつ、発見次第、これを各個撃破してくれ。

アルフィノ :

了解しました。

リセ :

ちょっと待って……!

アタシは、ナーゴたちと……アラミゴ解放軍といっしょに、スペキュラ攻略に参加してもいいかな?

リセ :

ラクシュミとの戦いでは、[プレイヤー名]に頼り切りになっちゃったし……。

自分にできることは、ちゃんとしておきたいんだ。

 

何と言う?

  • 思う存分、戦ってこい!
  • 無理はするな……

思う存分、戦ってこい!」を選びます。

 

リセ :

ありがと……この戦いは、アラミゴ人のための戦いでもあるから、危険から目は背けたくないんだ……。

アルフィノ :

……ならば、私も同行しよう。

アリゼーは、[プレイヤー名]のフォローを頼む。

アリゼー :

張り切っちゃってまぁ……。

わかったわ、私と[プレイヤー名]は、後方支援に回らせてもらうから、ふたりともしっかりね。

ラウバーン :

よし、決まったな!

作戦開始だ……目標、スペキュラ・インペラトリス!

導きの星に従い、いざ進まん!

 

一方 超越技術研究所――

 

フォルドラ :

はぁ、はぁ、はぁ……。

頭が……割れそうだ……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

様子はどうだ……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ほう……目覚めるとは運がいい。

その強運もひとつの才か……。

フォルドラ :

ゼ、ゼノス様……。

私は……いったい……。

アウルス・マル・アシナ :

我らガレアン族は、優れた種族ではあるが、先天的にエーテル操作を不得手とする。

ようするに魔法を操ることができないということだ……。

アウルス・マル・アシナ :

それゆえ、魔法を得意とする他種族に圧迫され、イルサバード大陸北部の寒冷地に追いやられた歴史を持つ。

アウルス・マル・アシナ :

幸運だったのは、そこで青燐水という資源を見つけ、やがて「魔導技術」を発展させることができた点だ……。

魔導とは、すなわち「魔法の代替たるもの」。

アウルス・マル・アシナ :

この技術により、我らは世界に覇を唱える強国となったわけだが、あいにく私が欲しているのは代わりではなく「そのもの」でね……。

アウルス・マル・アシナ :

ガレアン族への後天的魔法能力の付与……。

帝国社会では異端視される研究だが、聡明なるゼノス殿下は、理解を示し、支援してくださったのだ。

フォルドラ :

それが、この強化処置の目的……!?

し、しかし、私はガレアン族では……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

あぁ、貴様はアラミゴ系の一族だったな。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

安心しろ、貴様に与えたのは単なる魔力ではない。

より多くを焦がす、猛き力だ……。

アウルス・マル・アシナ :

ところで、先ほど解放軍がアラギリを占拠したと聞きましたが、スペキュラが攻撃されるのも時間の問題ではありませんかな?

力を試させる機会としては、申し分ないかと……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

確か、貴様の部隊……髑髏連隊と言ったか、奴らもスペキュラの守備隊に合流していたはずだったな?

フォルドラ :

は、はい。

ただちに部隊に合流し、反乱分子の迎撃に当たります。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ふん……今から行ったとて間に合うまい。

それよりも貴様に任せたい仕事がある……やってくれるな?

サンクレッド :

ようやく見つけたぜ……。

 

 

アリゼーと話す

アリゼー :

あのふたりったら、やたらと気合が入ってたわね。

まぁ、アルフィノが手を上げなかったら、私もリセといっしょに、前線に出るって、言ってたところだけど……。

アリゼー :

とにかく、私たちは私たちで、与えられた役割を果たしましょう。

 

「アラギリでの軍議」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「いざ山岳地帯へ」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「与えられた支援任務」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.