さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「心に勇気を」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「心に勇気を」のセリフ集です。

カストルム・アバニアへ侵入するために、まずはラジアタにいる諜報員と接触します。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「魂を売った村」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「カストルム・アバニア潜入作戦」

 

 

クエスト受注

リセに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170701171511p:plain

 ラジアタ付近のリセは、さっそく諜報員を探しはじめたいようだ。

 

リセ :

ピピンが言っていた不滅隊の諜報員だけど、確か「ローエンガルデ族の女性」だったよね?

リセ :

それじゃ、みんな、集落内で手分けして諜報員を探そう。

接触時の合言葉は「ゆうき」だから……くれぐれも間違えないようにね!

 

ローエンガルデ族の女性を探す

ローエンガルデ族の女性 :

見かけない顔だね……。

アタシに用でもあるのかい?

 

合言葉は……

  • のばら
  • ゆうき
  • ざせつ

「ゆうき」を選びます。

 

ローエンガルデ族の女性 :

勇気だって?

帝国に魂を売った村には、一番、似つかわしくないもんだね。

ローエンガルデ族の女性 :

だが、生憎とアタシは臆病者でね。

こんな場所で、見ず知らずの奴と話し込むほど、勇気はないのさ……。

ローエンガルデ族の女性 :

……村外れの崖下まで来ておくれ。

リセ :

ねぇ、今の人ってもしかして……?

リセ :

村の外で落ち合おうってことだね。

わかった、アルフィノやアリゼーを呼んでくるから、あなたは先に向かっておいて!

 

 

ローエンガルデ族の女性と話す

ローエンガルデ族の女性 :

……尾行されては、いないようだね。

ローエンガルデ族の女性 :

……おっと、こんなにお仲間がいたのかい。

で、アンタら何者だい?

アルフィノ :

「暁の血盟」という組織に属す者だ。

不滅隊のピピン・タルピン少闘将から、あなたの存在と合言葉を教えてもらってね……。

スターク・ウォード :

そういうことかい。

アタシの名は、スターク・ウォード……ピピン少闘将と連携している諜報員さ。

スターク・ウォード :

スペキュラ・インペラトリスで戦闘があったようだから、エオルゼア同盟軍が迫ってきているとは、思っていたが……。

アンタらが知りたいのは、例のカノン砲のことかい?

アルフィノ :

それもある。

いったい何があったんだい?

スターク・ウォード :

アタシは、カストルム・アバニアの厨房で働いているんだが……兵たちの話では、単独の侵入者による破壊工作らしい。

炸薬パイプラインを破壊されたそうでね。

アルフィノ :

単独で炸薬パイプラインを破壊しただって……!

そんなことが可能なのか?

スターク・ウォード :

あの大騒ぎと、帝国兵たちの動揺ぶりからは本当だと思えたがね。

だが、すでに消火作業は完了していて、カノン砲の応急修理が進められているようだよ。

スターク・ウォード :

もっと詳しい状況を把握したかったんだが、襲撃の影響で、警戒レベルが引き上げられてね……。

アタシらみたいなアラミゴ人職員は、施設から追い出されたのさ。

リセ :

それじゃあ、今、カノン砲が使える状態にあるのかは、わからないってことね?

リセ :

アタシたちは、同盟軍と解放軍が進軍するのを助けるため、どうにかして、あのカノン砲の管制室を押さえたいんだ。

カストルム・アバニアに潜入する方法ってない?

スターク・ウォード :

任せときな……。

このときに備えて、屈辱に耐えて帝国軍に従ってきたんだ。

基地内の見取り図はもちろん、潜入ルートも複数調べてあるよ。

アルフィノ :

それはすごい。

いくつかの部隊にわけて潜入できれば、管制室に到達できる確率も高めることができる!

アルフィノ :

我々の兵力は少ないが、これならいけるぞ!

 

 

「心に勇気を」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「魂を売った村」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「カストルム・アバニア潜入作戦」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.