さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「自由か死か」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「自由か死か」のセリフ集です。

カストルム・アバニア攻略作戦を終えた冒険者とリセは、ラウバーンの誘いで小さな村にやってきました。 

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラウバーンの一計」

 

 

クエスト受注

ラウバーンに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170703173022p:plain

 コールドハースのラウバーンは、話したいことがあるようだ。

 

ラウバーン :

このような寒村まで貴様たちを呼んだのは、理由がある。

リセを交えて、少し話をしよう……。

 

 

ラウバーン :

よく来てくれた……。

貴様たちにこの家を……我が生家を見せておきたくてな。

リセ :

えっ……ここって、ラウバーンが生まれた家なの?

ラウバーン :

うむ。

見てのとおり、貧しい家でな……。

ラウバーン :

いや、村全体が貧しかったと言うべきか……。

痩せた土地での実りだけでは、生きていくこともままならず、若者は、村を出て傭兵として働くのが常だった。

ラウバーン :

かく言う吾輩も、アラミゴ軍の雇われ兵となり、折しも帝国軍との緊張が高まっていた国境警備に回されてな……。

そして、ほどなく小競り合いが始まったのだ。

ラウバーン :

帝国軍の魔導兵器は強力だったが、吾輩は知恵を絞って戦った。

おかげでいくつかの戦功を挙げて「戦場の演出家」などという、過分な評価を受けもした……。

ラウバーン :

だが、ある戦いで帝国兵に狙撃され、吾輩は大怪我を負い、療養のためにここに戻ってきたのだ。

 

ここから超える力による過去視が始まります。

カーティス :

今や王都「アラミゴ」の人々は、暴君テオドリックの凶行と、彼に追従する密告者たちの影に怯え、息を潜めて暮らしている!

我らが立ち上がらねば、この国に未来はないのだ!

カーティス :

「自由か死か」……。

この言葉を、己の魂に誓える者がいたら手をあげよ!

私たちとともに戦い、暴君を倒し、自由を勝ち取るのだ!

カーティス :

見たところ、負傷兵のようだが……前線帰りかな?

ラウバーン :

はい、国境線の小競り合いで帝国軍に……。

ですが、この怪我が治れば俺も……!

カーティス :

嬉しい申し出だが……ところで、君は「自由か死か」という言葉の意味を、どうとらえるかね?

ラウバーン :

自由か死か……自由のために戦うか、暴君に殺されるかを選べってことですか?

カーティス :

いかにも血気盛んな若者らしい答えだな。

だが、違う……これは、戦いによって得て良いものなのだ。

カーティス :

戦いに勝利しても、得られるのは「自由」だけ……。

暴君に代わる新たな支配者になることや、富を望んではいけない。

富や権力は自由になった後、努力でつかみ取るものということだ。

ラウバーン :

死ぬ覚悟なら、俺にもあります!

官吏や王族のような、豊かな暮らしがしたいわけじゃない!

俺が望むのは、ささやかな暮らしだけです!

カーティス :

もし、本心からそう思っているのなら、君にも同志となる資格はある……。

カーティス :

だが、その足ではすぐに戦うことはできないだろう。

今はあせらず、怪我の治療に専念しなさい。

きっと、君の力が必要なときが来るはずだから……ね。

過去視ここまで。

 

ラウバーン :

リセよ、コンラッド殿はアラミゴ解放軍を貴様に託した。

その決断に誤りはないと、吾輩も思ってはいる。

だが、ひとつだけ問うておきたい。

ラウバーン :

お父上であるカーティス殿が、ここに書き記した言葉、「自由か死か」……それを己の魂に誓うことができるのか、と。

もっとも頼りにする仲間の目の前でな……。

リセ :

父さんがそんなことを……。

戦いで得て良いのは、自由か死か……ただそれだけ……。

……この人の前で、証を立てろってことね?

リセ :

わかった……。

今、ここにアタシは誓うよ。

「自由か死か」……その覚悟があるって!

リセ :

帝国支配下で生まれたアラミゴ人も、蛮神を呼んだアナンタ族も、同じギラバニアの同胞なんだ。

でも、今では価値観も思想もバラバラに、憎み合って生きている。

リセ :

彼らと対話して、わかりあうためにも、帝国から故郷を取り戻して、自由の旗の下に集わないといけない。

もう一度、アタシはこの地にアラミゴを造りたいんだ!

ラウバーン :

フッ……いい宣誓だ、お父上もお喜びになるだろう。

ならば、これ以上は何も言うまい……お互い自由のために、死力を尽くそうぞ!

 

リセ :

自由か死か……これを、20年前に父さんが書いたんだね……。

 

ラウバーンと話す

 

ラウバーン :

カストルム・アバニアでの戦いの後、リセの様子が、いつもと違うように見えたのでな。

ラウバーン :

同胞の死によって、アラミゴ解放軍を率いることになり、彼女は望む望まないに関わらず、大勢の命を背負うことになった。

アリゼー嬢の負傷を見て、無意識にそのことを実感したのであろう。

ラウバーン :

さらにフォルドラの言う、帝国支配下で生まれた世代の苦悩……。

吾輩であっても、一刀両断にできるほど、容易い感情ではあるまい。

ラウバーン :

軍の指揮とは、兵の命をつかんで火に投げ入れるような側面がある。

いかに戦いの経験が豊富であろうと、他者の命を預かることには、自身の命を賭ける以上の責任がつきまとう……。

ラウバーン :

吾輩は、人生の苦難に直面したとき、つねに「自由か死か」という言葉を思い出し耐えてきた。

ラウバーン :

この言葉と亡き父の想いを知ることで、リセは必ずや、次の大いなる一歩を踏み出せると、吾輩は信じている……。

ラウバーン :

さて、吾輩は少しだけ故郷を見てから、戻ることにする。

貴様たちは、先に部隊と合流しておくといい。

「リセ」を……くれぐれも、よろしく頼むぞ。

 

リセと話す

リセ :

先に戻っておけって?

了解、久しぶりの故郷だもんね。

少しだけラウバーンを独りにさせてあげよう。

リセ :

よし、出発しよ!

 

再度リセと話す

リセ :

…………注意して。

誰かに見られているような気がする……。

リセ :

帝国兵か盗賊のたぐいかわからないけど、ふたつの方向から気配を感じるんだ。

リセ :

[プレイヤー名]は、北西側の物陰を確認してきて。

アタシは、北東の方を探ってみる。

くれぐれも注意してね。

 

監視者を探して、襲われたら討伐

不審な若者 :

チッ……見つかったか!

だが、数ではこっちが勝っているんだ!

コイツを帝国軍に売れば、市民権だって……殺るぞ!

 

リセと話す

リセ :

やっぱり、そっちも襲撃者が潜んでいたんだね?

こっちもだよ。

まぁ、見てのとおり、ブチのめしてやったけど……。

リセ :

身なりからすると帝国兵じゃなく、地元民みたい。

でも、この顔にどこかで見覚えが……………。

リセ :

そうだ、思い出した!

ラジアタでスターク・ウォードさんを探してるときに、この男たちのことを見かけたんだ!

リセ :

ということは、コイツらは帝国軍の下で働いてた連中……アタシたちを襲って、帝国に恩を売ろうとしてたってこと?

リセ :

だとしたら、アリゼーやアルフィノたちが危ない!

急いでラジアタに向かおう!

護衛に付けた「メ・ナーゴ」に状況を確認するんだ!

 

メ・ナーゴと話す

メ・ナーゴ :

ど、どうしたんですか?

ふたりとも血相を変えて……。

リセ :

どうもこうも、ラジアタの住人に襲われたんだよ。

おそらく、アタシたちを帝国軍に売るつもりだったんだと思う。

そっちは大丈夫だった?

メ・ナーゴ :

ええ、今のところ何も問題は起きていません。

スターク・ウォードさんが部屋を貸してくれたおかげで、アリゼーさんも、今はぐっすり眠っています。

メ・ナーゴ :

それにしても、私たちが命がけで戦って、帝国の支配から開放したというのに……なんてことを!

スターク・ウォード :

すまないね、リセ、[プレイヤー名]……。

話は聞かせてもらったよ。

スターク・ウォード :

アンタたちを襲った奴らは、確かにこの集落の若者だろう。

スターク・ウォード :

あの子たちはね、帝国の支配下で生まれて、犬畜生みたいに扱われてきたんだ。

スターク・ウォード :

もちろん反抗心を抱いて、反帝国活動に身を投じるヤツもいる。

アタシやアンタたちみたいにね……。

メ・ナーゴ :

でも……!

アラミゴの解放が、もう目の前にあるというのにッ!

スターク・ウォード :

……何度も何度も殴られて屈服させられて、餓えの中でエサを与えられれば、犬のように従う者も出てきちまう。

圧倒的な暴力の前には、抗う心を抱く隙すらないんだ。

メ・ナーゴ :

そ、それは……。

スターク・ウォード :

特にラジアタは、帝国軍からの雇用に依存してきた村だ。

そんな場所で生まれ、育てられた子どもたちが生き残るために、帝国の犬になったとしても、アタシには責められない。

スターク・ウォード :

それをクソだと言い切る奴らは、きっと問答無用で殴られて、生き方を強制されたこともなければ、死の臭いを感じるほどの飢餓を経験したこともないはずだ。

スターク・ウォード :

この村の大部分の者たちは、解放を喜び、心の底からアンタたちに感謝している。

スターク・ウォード :

ただ、心の底に恐怖が染みついちまった連中もいるってこと、許さなくてもいいから、覚えておいてくれ……。

アルフィノ :

ガレマール帝国の階級社会がもたらした歪みということか……。

リセ :

アタシはもう迷わないよ。

リセ :

今すぐにはわかりあえなくても……たとえ憎まれることがあっても、帝国の奴らを追い出す。

そうして、少しずつ変わっていけるようにするんだ。

 

 

「自由か死か」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ラウバーンの一計」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.