さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「塩の湖畔地帯」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「塩の湖畔地帯」のセリフ集です。

アリゼーを野戦病院に落ちつけて、リセも勝負服に着替えて、ついに湖畔地帯へ。 

 

↓前のクエスト

 FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「拳交えて」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「若者との再会」 

 

 

クエスト受注

リセに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170704105731p:plain

 ラールガーズリーチのリセは、息を整えたようだ。

 

リセ :

さてと、無事にアリゼーを送り届けられたことだし、そろそろ前線に戻ろうか。

リセ :

「アルフィノ」に声をかけてきてくれる?

アタシは、解放軍のみんなと打ち合わせしておきたいから、先にカストルム・アバニアに向かってくれると嬉しいな。

 

リセ :

ラールガーズリーチに残ってる部隊の人たちとは、こんな立場になってから、初めての顔合わせになるんだ。

今後の動きも含めて、ちゃんと話し合っておこうと思って……。

 

アルフィノと話す

アリゼー :

最後の戦いに同行できないなんて、悔しいけど……自分の未熟さのせいだからね。

ま、大人しくしているわ。

 

アルフィノ :

リセとの用事は済んだのかい?

アルフィノ :

ハハハッ!

ラールガー像の掌の上で、組み手をしていただって?

まったく君たちふたりには敵わないな。

アルフィノ :

前線に戻る件についても了解だ。

こちらも出発準備はできているよ。

アリゼー :

いってらっしゃい、ふたりとも。

必ず無事で戻ってきなさい。

アルフィノ :

もちろんだ。

アリゼーは安心して休んでくれていればいい。

ウリエンジェも、後で見舞いに来てくれるそうだからね。

アルフィノ :

行こう、[プレイヤー名]。

カストルム・アバニア付近にいるであろう、「ピピン」少闘将たちの部隊と合流するんだ。

 

カストルム・アバニア付近のピピンと話す

ピピン :

おぉ、戻られたか。

妹君の搬送は、終わったので?

アルフィノ :

ええ、無事にラールガーズリーチに送り届けてきたところです。

憎まれ口を叩く程度には、回復してきていて安心しました。

それで……こちらの状況は?

ピピン :

カストルム・アバニアの制圧は完了した。

施設内の一角に立て籠もっていた帝国兵の排除も終わり、残された資料や兵器の分析作業も開始されていてな。

ピピン :

その過程で、フォルドラの髑髏連隊が、捕虜一名を総督府に連行したとの記述が確認されたのだ。

おそらく、クルル嬢のことだと思われる。

アルフィノ :

ようやくの手がかりか!

総督府ということは、アラミゴの都市内に移送されたと!

ピピン :

ああ、我々もそう考えている。

そして、城塞都市「アラミゴ」のお膝元、ギラバニア湖畔地帯へと通じる坑道の確保も完了してね。

ピピン :

同盟参加国からの増援も続々と集結しており、湖畔地帯側では、すでに攻城戦に備えた陣の設営が進んでいる。

ピピン :

アラミゴ解放軍を率いるリセ殿が到着次第、軍議の席に案内しよう。

リセ :

遅れて、ごめん!

解放軍の方にも、湖畔地帯に向かうように指示してきたよ!

アルフィノ :

ギラバニアの伝統装束か……!

リセ、とても似合っていると思うよ。

最後の決戦に相応しく、きっと解放軍の士気も上がるだろうね。

リセ :

ちょっと照れくさいんだけどさ……アタシなりの、覚悟の証。

アルフィノ :

いよいよ、アラミゴ奪還への最後の山場か……。

クルルさん、必ず助けに行きます。

……待っていてください。

 

ギラバニア湖畔地帯へ向かう

湖畔地帯に入るとまずリセの回想が入ります。

 

占拠した帝国軍の基地を抜けて

アタシたちは アラミゴ城郭を臨む湖畔地帯に入った

そこで待っていたのは アラミゴ奪還のために

エオルゼア各地から集まった頼もしい仲間たちの姿だった

帝国による支配から20年――

自由か死か そのどちらかを得るための戦いが 今はじまる

 

ラウバーン :

軍議を始める前に、まずは礼を述べたい。

今日この日に集まってくれたこと、アラミゴ人のひとりとして、心より感謝する。

ラウバーン :

現在の状況だが……帝国軍は、堅牢なアラミゴの城郭を盾に、籠城戦を挑む腹らしく、今のところ抵抗は散発的だ。

ラウバーン :

本国からの援軍を待っているのか、あるいは何か、罠を仕掛けようとしているのか……。

残念ながら、敵将ゼノスの思惑はわかっていない。

ピピン :

どちらにせよ、我々としては、なるべく短期間の決着を目指すほかありませんね。

リセ :

都市内には、たくさんの住民がいるんだ。

兵糧攻めみたいなことをしたら、真っ先に苦しむのは、帝国軍じゃなくて、普通の人たちになる……。

ラウバーン :

そのとおり。

ゆえに吾輩は、ここに集まった全軍を動員し、一挙に攻めかかることを提案したいのだがいかがか?

ラウバーン :

どうやら、すでに皆の覚悟は決まっているようだな。

それでは作戦の詳細を説明する!

ラウバーン :

前衛は、我ら不滅隊が務める。

カヌ・エ殿以下、双蛇党は得意の弓術による援護と、幻術士部隊による負傷兵の救護をお願いする。

ラウバーン :

続いて、艦隊戦によって磨かれた砲術を有する黒渦団と、対竜兵器の運用に長けた神殿騎士団の出番だ。

ラウバーン :

不滅隊と双蛇党が切り拓いたルートを使い、火砲をアラミゴ正門前につけてもらいたい。

集中砲火により、突破口を開くのだ!

リセ :

アタシたちアラミゴ解放軍の出番は?

ラウバーン :

解放軍には、都市南部の居住区に向かって、住民たちの安全確保に務めてもらいたい。

同じアラミゴ人であれば、避難誘導もしやすいだろう。

リセ :

責任重大だね……。

わかった、やってみせるよ!

ラウバーン :

頼む……居住区には城郭に通じる裏門もある。

そちらを押さえることができれば、正門と二正面から、攻め込むことも可能となるからな。

ラウバーン :

こうして準備が整ったら、後は一気に内郭に雪崩込み、アラミゴ王宮を目指し、ゼノスを討ち取るまでだ。

ラウバーン :

それから「暁」は、遊撃部隊として動いてもらいたい。

クルル嬢の居所が判明した場合、救出を最優先とし、以後は状況に応じて行動してくれ。

アルフィノ :

お心遣い感謝します。

なんとしても、仲間を助けてみせましょう。

ラウバーン :

では、これより「ラールガーの軍星」の最終段階に移行する!

我らの手で、アラミゴを取り戻すのだ!

 

アルフィノと話す

メ・ナーゴ :

南部にある居住区は、帝国支配下で低い立場……つまり、市民権を持たない人たちが押し込められています。

それだけに反帝国感情が強い地域でもあるんですよ。

リセ :

外敵を阻むために作られたアラミゴの高い城壁が、侵略者である帝国軍を守っているだなんて……皮肉だよね。

 

アルフィノ :

エオルゼアから帝国軍を退ける、最後の戦い。

アラミゴの奪還に際し、ついに同盟全軍のそろい踏みか……。

アルフィノ :

エオルゼアの救済を掲げた祖父が、これを見たら何と言っただろう。

そして何より、この光景は、君がこれまで成し遂げてきたことの、結実であるのだと、私は思うんだ。

 

「塩の湖畔地帯」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「拳交えて」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「若者との再会」 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.