さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「若者との再会」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「若者との再会」のセリフ集です。

ついにアラミゴ奪還も最終局面です。アラミゴ城郭のある湖畔地帯に入りました。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「塩の湖畔地帯」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ウリエンジェの秘策」

 

 

クエスト受注

アルフィノに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170704112844p:plain

 ポルタ・プレトリアのアルフィノは、気がかりなことがあるようだ。

 

アルフィノ :

まもなく決戦が始まる……。

その混乱が極まる前に、何とかクルルさんを救出したい。

都市内に連行されたようだが、正確な居所さえわかれば……。

サンクレッド :

安心しな、調べはもうついているぞ。

アルフィノ :

サンクレッド!

サンクレッド :

待たせたな……。

面倒な経緯の説明は省くが、俺がこの目で確認してきた。

クルルの監禁場所は、アラミゴ都市内の南にある居住区の一角だ。

サンクレッド :

ラールガー星導教の聖堂だった建物を、帝国軍が接収して、研究施設として改装した場所でな……。

クルルは、そこで被検体として扱われている。

アルフィノ :

被検体だって!

サンクレッド :

そうだ……魔法が使えないガレアン族に、魔法能力を付与するための実験に、彼女は利用されている。

アルフィノ :

なんてことを……!

リセ :

居住区ってことは、アタシたち解放軍の担当区画だね。

高い城壁に囲まれた居住区に入る方法を見つけて、一刻も早く救出してあげなくちゃ。

サンクレッド :

俺は、帝国軍の輸送機械の荷台に紛れ込んで脱出してきたが、今や攻城戦に備えて、居住区の主門は堅く閉ざされた。

サンクレッド :

俺ひとりなら、どうにか忍び込めるとは思う……。

もう一度、潜入して突破口を探してこよう。

メ・ナーゴ :

ちょっと待ってください!

メ・ナーゴ :

その点に関しては、解決策があるかもしれません。

闘士のひとりが、妙案があると言っていまして……。

本人を連れて来ます。

屈強な若者 :

提案の機会をくれて、感謝するよ。

……かなり危なっかしいが、上手くやれば、アラミゴ居住区に潜入できるかもしれない方法があるんだ。

リセ :

あなた……もしかして、アラガーナの?

ウィスカー :

俺の名は、ウィスカー。

父親はアラガーナの出身だったが、母親がアラミゴ居住区の出でね。

その母方の祖父から聞いた話を思い出したんだ。

ウィスカー :

ここにある湖……ロッホ・セル湖は地下水路で居住区に繋がっているんだ。

リセ :

本当なの!

ウィスカー :

この辺りの湖は、塩湖だから真水が貴重でな。

ウチの祖父さんは、居住区の地下にある塩湖に通じる水路から、塩水を汲んで真水に蒸留して、売り歩いていたそうなんだ。

リセ :

つまり、塩湖を潜って地下水路を辿れば、居住区に潜り込めるってことだね!

ウィスカー :

ああ、そういうことだ、リセ隊長。

ただし、ちょっとした問題があってな……。

ウィスカー :

テオドリック王の時代に、水を管理することで市民を支配しようと、地下水路を封鎖して、厳重に鍵をかけてたんだとか……。

だから、そのまま潜っても、鋼鉄の柵に阻まれちまう。

ウィスカー :

だが、祖父さんは、衛兵に賄賂を渡して合い鍵をこさえて、しばらく水売りを続けたんだとさ……。

サンクレッド :

話が読めてきたぞ。

その「地下水路の合い鍵」とやらがあればいいと……。

商魂たくましい、お前の祖父さんのおかげで活路が見えてきたぞ。

ウィスカー :

合い鍵を持ってる祖父さんのところへは、俺が案内できる。

だけど、俺は戦いの方は、まだまだ未熟でよ……。

リセ :

安心してよ、ここにいる腕利きたちが同行するからさ。

合い鍵を手に入れて、少人数の部隊で居住区に潜り込んで、内側から居住区の主門を開ける作戦でいこう!

リセ :

メ・ナーゴとアレンヴァルドは、それぞれ突入部隊を準備して!

アタシと[プレイヤー名]、アルフィノ、サンクレッドで、ウィスカーといっしょに合い鍵を探すんだ!

 

リセと話す

サンクレッド :

俺ひとりで、クルルを救出しようともしたが、常時魔導機具に拘束されていて、手出しできず……だ。

救出には施設の制圧が不可欠……みなで彼女を助け出そう!

アルフィノ :

クルルさん、待っていてください……!

ウィスカー :

あれから解放軍に入って、ラールガーズリーチで訓練を受けて、大きな戦いだって経験してきたが、生き残るだけで精一杯でよ。

ここらで、ちゃんと役に立っておきたいもんだぜ。

メ・ナーゴ :

メッフリッドと[プレイヤー名]さんたちが、アラガーナで募兵活動をしたことが、今に活きるなんて……。

ちょっと運命を感じてしまいますね。

 

ここからインスタンスバトルを含むイベントのようです。

 

 

リセ :

まず最初にアタシたちが目指すのは、「地下水路の合い鍵」の入手だよ。

ウィスカー :

合い鍵を持っている祖父さんの居所には、俺が案内する。

到着したら、手分けして祖父さんがいないか捜してくれ。

リセ :

[プレイヤー名]、準備はいい?

出発したら、しばらくは戻れないからね。

ウィスカー :

祖父さんが住んでる集落、ソルトリーは東の湖畔だ!

俺が先導するから、みんなついて来てくれ!

ウィスカー :

ここがソルトリーだが……おかしいぞ?

人っ子ひとり、いやしねぇ……!

アルフィノ :

戦闘に巻き込まれるのを怖れて、避難したのかもしれない。

住人がどこへ消えたのか、手がかりになる物を探そう!

サンクレッド :

おい、今の警報音はいったい!?

アルフィノ :

無人の魔導兵器が集まってきたぞ?

サンクレッド :

チッ……数が多いな。

[プレイヤー名]、ウィスカーのフォローを頼む!

ウィスカー :

うわっ、なんだコイツら……!

だ、誰か……誰か援護してくれっ!

サンクレッド :

よし、あらかた片付いたようだな……。

もう一度、手がかりを探すとしよう。

ウィスカー :

祖父さんたちは「サリ僧院」に逃げたのか!

ここから南東の方角にある場所だ……さっそく向かおう!

リセ :

警報装置のせいで、敵が集まってきているから注意して!

[プレイヤー名]、先陣をお願い!

ウィスカー :

「サリ僧院」は、この門を抜けた先だ!

サンクレッド :

あれは……伏兵として配置された大型魔導兵器か!

ウィスカー :

「サリ僧院」は、目前だってのに!

リセ :

こうなったら、一気に蹴散らすだけ!

みんな、気合入れていくよ!

アルフィノ :

見るんだ、あの奇妙な魔導装置を!

大型魔導兵器に、エネルギーを供給しているようだぞ!

サンクレッド :

デカブツは、俺が引き付けておく!

[プレイヤー名]、魔導装置を先に叩いてくれ!

アルフィノ :

やったぞ!

見るからに大型魔導兵器の勢いが弱まった!

リセ :

よっしゃー!

[プレイヤー名]、避難した住人を探そう!

ウィスカー :

祖父さんたちが避難したのは、この建物で間違いないはずだ……。

ウィスカー :

祖父さん……!

 ワット祖父さん!!

俺だ、ウィスカーだ……!

大切な用事があるんだ、顔を出してくれッ!

くぐもった声 :

そ、その声は、本当にウィスカーなんじゃな……?

少しばかり待っておれ!

ワット :

おぉ、ウィスカー……生きておったか!

しかし、その格好とお連れさんは…………。

ウィスカー :

ああ、臆病者の俺でも、独立のためにってな……アラミゴ解放軍の一員になったのさ。

それで話というのは……。

ワット :

なんとも、懐かしい話を覚えてくれておったのじゃな。

むろん今でも「地下水路の合い鍵」は、懐に忍ばせておるぞ。

ワシが廃王テオドリックに反抗した証しだからのう。

ワット :

支配者に反抗するのは、どうやら一族の血らしいの。

ホレ、持って行け!

ウィスカー :

ありがとよ、祖父さん。

この合い鍵を使って、絶対にアラミゴを取り戻してみせるからな!

 

リセと再度話す 

サンクレッド :

いい爺様じゃないか。

したたかで、抜け目なく、反抗心があるなんてな。

ウィスカー :

久しぶりに祖父さんに会ったら、闘志がまた一段と燃えてきたぜ!

ワット :

あと10年若ければ、ウィスカーと同じように、アラミゴ解放軍の一員になっておったところじゃ。

お若いの……孫をよろしく頼みますぞ。

アルフィノ :

私は……次の作戦には……次の作戦だけには……クッ。

 

リセ :

ウィスカーのお祖父さんのおかげで、作戦の第一段階は成功……。

リセ :

次はロッホ・セル湖からの居住区への侵入ね。

気を引き締めてかかろう、[プレイヤー名]!

 

「若者との再会」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「塩の湖畔地帯」

↓次のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「ウリエンジェの秘策」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.