さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0のLv70ダンジョン解放クエスト「壊神修行 星導山寺院」

FF14のパッチ4.0サブクエスト「壊神修行 星導山寺院」のセリフ集です。

パッチ4.0のメインストーリークリア後に解放されます。 

Lv70のインスタンスダンジョン「壊神修行 星導山寺院」に挑めるようになります。

 

 

クエスト受注

ラールガーズリーチの「オートウィン」に話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170708164829p:plain

 ラールガーズリーチのオートウィンは、冒険者に紹介したい修行場があるようだ。

 

 

オートウィン :

アラミゴ奪還に尽力してくれた英雄殿じゃないか!

これは、ちょうどよいところに訪ねてきてくれた。

君が興味を持ちそうな話があってね。

オートウィン :

ここ「ラールガーズリーチ」は、元はと言えば、ラールガー星導教の聖地だった場所……。

この岩山の頂には、総本山たる「星導教寺院」があったんだ。

オートウィン :

かつては、多くのモンク僧が、修行に励んだというが、廃王テオドリックによる焼き討ち以来、訪れる者すらいない。

しかし、その廃墟へ赴きたいという女性が現れたんだよ……!

オートウィン :

危険なので、要望は断っているんだけど、その話を聞いて、ふと我らの英雄である君の顔が浮かんでね……。

君なら、かつての修行の道をも突破できるんじゃないかって!

オートウィン :

もしも、星導教寺院に興味があるなら、件の女性「マージョリー」に話を聞いてみてはどうだい?

きっと今も、北側の星導山寺院へつづく扉の前にいるだろうから。

 

マージョリーと話す

 

マージョリー :

……えっ!

 あなたも「星導山寺院」に興味があるのですか!?

わぁ、まさか同好の士にお会いできるなんて!

しかも、見たところかなりの凄腕さんですね……?

マージョリー :

私は、エリックという史学者さんから、アラミゴ史の講演を聞き、モンクという存在を知ったんですよ。

それ以来、すっかり、その教義や生き様の虜になってしまって!

マージョリー :

そして、ようやく帝国の支配も解けたと聞いて、かつてのモンク僧の総本山「星導山寺院」を訪ねてきたんです!

でも、この人が寺院へ通じる扉を通してくれなくて……。

フロットマル :

簡単に、総本山を見たいと言うが、この先は、モンクたちが修行に用いた仕掛けや障害だらけ。

生命の危険がある場所に、一般人を通すわけにはいかんよ……。

マージョリー :

その仕掛けや障害こそ、私が見たいものなのに……!

文献によると、それらを突破し寺院へたどり着いた者は、伝説の英霊による試練を受けることができたらしいんです。

マージョリー :

いったいどんな試練なのか、あなたも気になりません?

……というか、ここにいらしたということは、あなたも、行く気満々なのですよね!?

マージョリー :

ええーっ!

あなたもモンクなのですか!?

実際にモンクにお会いできるなんて……感激ですッ!

なるほど、先達の修行に挑戦しようといらしたのですね。

マージョリー :

……そうだ、私、いいことを思いつきました!

あなたが「星導山寺院」の修行に挑むのなら、どうか、私をお供に連れて行ってくださいませんか!?

マージョリー :

内部の構造などは、文献である程度頭に入ってます。

どうか私を、道案内として同行させてください!

もちろん修行の邪魔はいたしませんのでっ!

 

 

ここまででダンジョンに挑めるようになります。

 

「壊神修行 星導山寺院」を攻略

マージョリー :

モンクの人たちが、汗滴らせ励んだ修行。

そして、その先に待ち受ける英霊の試練とはいったい……!

……ウフフ、張り切って行ってみましょー!

 

ダンジョン内のセリフです。

 

マージョリー :

かつて、偉大なモンク僧の中には、野生のクァールを相手に修行した人もいたとか……。

マージョリー :

あっ、もう一頭、クァールが来ましたよ!

なんだか、物凄く怒ってます……きっと番いだったんですよ!

マージョリー :

ちなみに高名なモンク、イヴォン様は、クァールを象った武器、「スファライ」を愛用していたんです……知ってました?

マージョリー :

すごい、すごい!

 二頭のクァールを退けるなんて!

手に汗握る戦いでしたよ!

マージョリー :

あ、あれはモンク僧たちが、いかに素早く倒すかを競ったという、修行用のゴーレム……その名も「アブダ」ですね!

マージョリー :

いい機会ですから、討伐時間を計測してみますね。

経典に記された等級を、あとでお知らせします!

マージョリー :

過去の記録と照らし合わせると、かなり低位ですね。

経典によると「モスモス級」、苔並みとのことです……。

 

大ボス「イヴォン」のセリフです。

 

双豹のイヴォン :

ほう……久方ぶりの修行者だな……。

よかろう、この双豹のイヴォンが相手となろうぞ!

双豹のイヴォン :

なかなかやるではないか……。

我が最終奥義を受けるに相応しい!

双豹のイヴォン :

全チャクラ開放……!

双豹のイヴォン :

我が拳、クァールとなりて、敵を討つ!

喰らえ、双豹蒼連撃ッ!

双豹のイヴォン :

トドメの一撃ィィィィッ!!!!

双豹のイヴォン :

すばらしい、よくぞ耐えた!

さあ、最後まで互いの闘気を削り合おうぞ!

 

マージョリーと話す

マージョリー :

お帰りを、お待ちしておりました!

一角の武人しか立ち入りを許されない、寺院の本殿!

そこに何が待ち受けていたのか、教えてくださいっ!

マージョリー :

な、なんと!

 試練を与える英霊というのが、伝説のモンク、イヴォン様だったなんて……!

マージョリー :

イヴォン様は生前、山にこもってクァール相手に修行を積み、獣の動きをもとに数々の武技を編み出した、伝説のモンク僧。

だから、クァールがああも大量にいたのですね……。

マージョリー :

暴君テオドリックによる焼き討ちと、ガレマール帝国の支配による20年の空白……。

それでも、イヴォン様の英霊は、挑戦者を待ち続けていた……。

マージョリー :

……よし!

 冒険者さん、決めました。

私は…………モンクになります!!

マージョリー :

この先に、イヴォン様がいる……。

彼に会うためには、英霊が待ち構える本殿まで、自分自身の力で到達しなければならない……。

マージョリー :

ならば、とる道はひとつ……!

門前までの試練を自分で突破できるくらいの実力を身に着け、イヴォン様に会いに行くのです!

マージョリー :

そうと決まれば、ノンビリしている暇はありません!

星導教やモンク僧に関する、宗教書や歴史書を読み返し、もっともっと、知識を深めねば!

マージョリー :

……いえ、せっかくなら引き続き現地で、星導教を現代に伝えている人物を探してみるとか……?

マージョリー :

……冒険者さん、ありがとうございます!

モンクに関する場所をまわるという夢を叶えたと思ったら、もう、新しい夢が見つかりました!

マージョリー :

次に会うときは、私も筋骨隆々なモンクになってますので!

それでは、また何処かでお会いしましょう!

フロットマル :

……どこまで本気なのはわからんが、えらく遠回りな方法で、モンクを目指すお嬢ちゃんだな。

 

「壊神修行 星導山寺院」は以上です。

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.