さんごーの節約&ダイエット日記。

楽しく節約とダイエット!をしながら日々の学んだ事をまとめていく個人ブログです。

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「????(メインクエスト最後のインスタンスダンジョン」

FF14のパッチ4.0メインクエスト「紅蓮のリベレーター」のセリフ集です。

アラミゴ城の門を打ち破り、ついに敵将ゼノスを討ちにいきます。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「アラミゴ正門の攻防」

 

 

クエスト受注

ピピンに話しかけてクエストを受注します。

 

f:id:thirtyfive:20170708102415p:plain

 アラミゴ城門前の仲間たちは、アラミゴ奪還に向けて最後の戦いを始めようとしている。

 

ピピン :

すべての準備は完了した!

これより、アラミゴ都市内へと突入を開始する!

ピピン :

[プレイヤー名]殿も冒険者部隊を率いて、攻め入ってくれ。

目標は、アラミゴ王宮内に立て籠もっていると思しき、敵将ゼノス・イェー・ガルヴァスだ!

 

「紅蓮決戦 アラミゴ」を攻略

 

ついにアラミゴ決戦です。ダンジョン内では各所でNPCが戦っている様子が見られるので、周りを見ながら進んでみても面白いと思います。

 

中ボス1。

 

アウルス・マル・アシナ :

記録開始……これより実戦テストに着手する……。

アウルス・マル・アシナ :

研究の成果を披露しよう。

アウルス・マル・アシナ :

では、実験開始だ……魂を分離する!

アウルス・マル・アシナ :

ククク……実験成功だ!

すばらしい、すばらしいぞ……!

アウルス・マル・アシナ :

なんと、肉体に魂が!?

馬鹿な、完全に分離させたはずだぞ!

アウルス・マル・アシナ :

敵戦力が予測値を……馬鹿な!?

アウルス・マル・アシナ :

こんなはずでは……。

 

大ボス。

 

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

まさかここまで来るとはな……。

いや、そうでなければ、愉しみがないというものだ。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

久々に愉しい戦だ……!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

まさかここまで来るとはな……。

いや、そうでなければ、愉しみがないというものだ。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

久々に愉しい戦だ……!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

見せてみろ、貴様の力を……!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

まだだ……まだ、斃れてくれるなよ?

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

見せてやろう、超越者たる力を……!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ほう、耐えてみせたか……!

そうでなくてはなァッ……!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

クククククク……。

 

ボス討伐後。

 

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ハハハハハハ!

いいぞ、いいぞ、やってくれるではないか!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

最初に対峙したときには失望したものだが、戦いの旅を経て、よくぞここまで鋭さを増してくれた!

それでこそ、狩りの獲物に相応しい!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

今の貴様の鋭さであれば、俺の喉笛も食いちぎれよう!

そうだ、俺は、そういうものと命を削り合いたかったッ!!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

我らの仕合い、この程度では終わらせぬぞ……!

貴様が牙を研いだように、俺も新たな力を得た。

来い、最上の決戦といこう!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ようこそ、我が空中庭園へ……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

アラミゴ最後の王が、異国から嫁いできた妻のために、故郷の動植物を集めて造り上げたそうだが……いささか俺の趣味には合わぬのでな。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

このとおり、俺に相応しい獣を用意させてみた。

いや、神と言うべきか……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

蛮族の英雄よ……貴様にとっても、縁のある存在なのではないか?

帝国への復讐に囚われた男が、妄執の果てに呼び降ろした、破壊の力を具現化した神なる龍……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

コイツの中に渦巻いているのは、純粋な破壊衝動だけ……。

神話すら持たずに産み落とされた、哀れな神だ。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ハハ、思えばこれも、貴様が俺と愉しむために仕込んだことか。

貴様らが復讐鬼を追い立てて神を降ろさせ、対抗策として放ったオメガが、神を俺の手元に寄越した!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

おっと……フフ……過ぎたおしゃべりだったか?

だが許せ、こうも愉しいことなど経験がない!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

貴様が発するものであれば、言葉のひとつにも耳を傾けたいとさえ思う。

そうだな……貴様なら、この神をどうする?

 

神龍をどうしたい?

  • 神龍を討滅する!
  • 神龍を封印する!
  • …………

「神龍を討滅する!」を選びます。

 

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ふむ……貴様はコイツを倒せると?

さすがは、神狩りの英雄というわけか……大した自信だな。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

しかし、想定の域を出ない反応だ。

だからこそ、己の異能さえ使いこなせていないのかもしれんな……。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

超える力とやらがあれば、神に干渉されぬばかりか、神に干渉し、従えることすらできただろうに……。

倒すことしか知らぬとは、やはり蛮族よな。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ガイウスの報告書で超える力の存在を知ったとき、俺はまっさきに神を屈服させ、従えることを夢想したぞ?

だからこそ研究させ、そして超越者たる力を得たのだ!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ガレマール帝国は、蛮神討滅を国是とする。

国父ソル帝が、東州遠征時に蛮神により滅びた地を目撃したことで、星を蝕む脅威を実感し、正義の戦いを始めたという。

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

フン……俺に言わせれば、そんなもの恐怖の裏返しに過ぎん!

蛮神を恐れ、滅びを恐れ、ゆえに戦い続ける……。

なんと哀れな!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

戦いとはな、愉しむために行うべきなのだ。

生きるため喰らうため、互いに牙を剥き合うのが獣の性なれど、狩りを悦楽に変え、戦を愉しむのは人だけに与えられた特権だ!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

この荒々しく無慈悲な世界に生まれたなら、たったひとつの命を燃やして、戦を愉しまずにどうする?

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

貴様には理解できるはずだ……俺の同類だからな……。

今の貴様ならば終生の友として、側に置いてもいいとすら思う。

……どうだ?

 俺とともに生きてみないか?

 

何と答える?

  • ゼノスの友として生きる
  • ゼノスを否定する

実にラスボスらしいセリフ。

「ゼノスの友として生きる」を選んでみます。

 

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

ククク……容易く見破れる偽りはよせ。

長き旅の証はあまりに重く、そう易々と捨て去れはしないはずだ。

結局は戦いになるのだと、そう理解しているのだろう?

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

今、お前の頭の中を占めているのは、最後の戦いがどのような愉しみをもたらすのかだけ……今も早く戦いたくて、心が震えているのだろう?

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

まさしく、同感だ!

お前こそがやはり、俺の唯一の友に相応しい!

アラミゴの覇権などもはやどうでもいい、ただともに愉しもうぞ!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

神をも寄せつけぬ、この力!

お前が持つ天賦の才を、俺は力尽くでものにしたぞ!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

そして俺は超越者として神をも従えてみせる!

ゼノス・イェー・ガルヴァス :

終わりの戦の始まりだ……!

 

????(ラスボス)を倒す

ここはいちおうラストなので伏せておきます。

 

「紅蓮のリベレーター」は以上です。

 

↓前のクエスト

FF14セリフ集。パッチ4.0メインクエスト「アラミゴ正門の攻防」

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.